自衛隊の犯罪を斬る;マイクロ波聴覚効果及びその関連

https://patentcom.blog.fc2.com/ 弁理士 博士 小池誠;東大卒イリノイ大博士号;

電子洗脳

[ リスト | 詳細 ]

ニック・ベギーチ博士が著者の「電子洗脳」という書籍の解説である。
この書籍は、米軍の研究所がテレパシー装置、MEDUSAなどの電磁波兵器を開発したことを記述している。
しかし、逐語訳が読みずらいので、専門用語及び技術内容を適宜、解説している。
記事検索
検索

全1ページ

[1]

ニック・ベキーチ博士が著者の「電子洗脳」という書籍がある[1]。

この書籍では、特殊な電子機器、特にレーダーを応用した電子機器から
人間に指向性電磁波を照射して、
マインド・コントロールが可能である旨を記載している。

第2章から第5章の末尾には、多数の技術文献が引用されており、
荒唐無稽と一蹴されかねないマインド・コントロールに関する技術的主張が、
多数の技術文献により裏付けられており、
実は真実であることが判明するように記述されている。

更に、これらの引用文献には米国防総省が情報公開した文献が
多数、含まれており、マインドコントロールが、軍事技術であり、
武器、兵器の開発と同様に開発されたことが伝わってくる。

そもそも人体に電磁波を照射したとき、健康被害を与える可能性があることは、
明らかなので、このような研究は電波兵器の開発のような軍事利用がメインとなる。


一方、電磁波が人間に作用するメカニズムに関しては、
「人類の未来を左右する電子技術」という第1章に概説されている。

第1章には、技術文献がほとんど引用されていないだけでなく、
技術内容、科学的な知見に疑義がある記述が散見される。

通常、読者は、第1章から読み進んでいくので、
第1章に技術的、科学的な間違いがあると、
第2章以降の内容についても疑いながら読み進めることになる。

第1章が省略されている方が、この書籍の信憑性が遥かに高まる。

共鳴

例えば、日本語訳、21〜22ページには、「共鳴が物理学と化学の橋渡しをする」
というタイトルの下、電磁波を人体に照射するという物理学と、人体内部の化学反応との関係について記述されている。

21ページから22ページに欠けて記載されている内容は、正しい記述もあるのだが、
科学的に信憑性が疑わしい記述もある。

「細胞内で起こるすべての化学反応は、電磁振動、つまり、原子や原子を構成している物質の振動周波数によって決定される」という記述は、不正確であり、
化学反応、生化学反応の専門家は、現代の科学水準では間違っていると
判断する。

細胞内の化学反応は、生化学反応とも言うが、酵素反応であることも多い。

化学反応は、物質Aと物質Bが反応して、物質Cが生成するということである。

細胞内では、通常、この化学反応に酵素が関与しており、

36℃〜37℃という温度で化学反応が進行する。


このような生化学反応は、電磁振動で決定されるものではない。



電磁波の共鳴を強調した場合、人体に照射される電磁波の波長と、

細胞のサイズが合わず、共鳴しないことが判明する。



マイクロ波聴覚効果は、200メガヘルツから6.5ギガヘルツの範囲の周波数の

電波をパルスとして人間の頭部に発射したときに生じる。


200メガヘルツの周波数は、1.5メートルの波長に対応する。

6.5ギガヘルツの周波数は、4.6cmの波長に対応する。



電波と共鳴するアンテナ(棒状又は針金状)は、

波長の1/2、又は、波長の1/4の長さに設定します。


波長の1/2のときには、アンテナは75cmから2.3cmのサイズになります。

波長の1/4のときには、アンテナは、37.5cmから、1.15cmのサイズになります。


一方、人間の細胞は、1マイクロメートル(1mmの1000分の1)から

100マイクロメートル(1mmの10分の1)なので、

マイクロ波聴覚効果は細胞の共鳴と関係がないことが分かります。


また、細胞の内部の化学反応は、細胞より遥かに小さい分子が
単位となっているので、「細胞内で起こるすべての化学反応は、電磁振動、つまり、原子や原子を構成している物質の振動周波数によって決定される」という
記述は間違いでしょう。

電子洗脳の日本語訳、23ページには、「人体細胞は適合する電磁信号をキャッチするチューナー」というタイトルの下で、細胞の内外に存在する有機液晶分子が、
人体に照射された電磁波と共鳴する趣旨の記載がある。

人体細胞が、電磁波を受信するチューナーとして作用しているという主張は疑わしい。

興味深いことに、細胞が電磁波を受信するチューナーとして作用するという主張、
有機液晶分子の関与に関する主張は、技術文献が引用されていない。

この主張は間違っているでしょうね。

なぜ、このような間違いをしたか推測はできます。

薄型テレビの一種は液晶テレビであり、液晶が表示素子に使われている。
液晶がカラーテレビの鮮やかな色彩の源になっている。

液晶にも様々な種類があるのだが、液晶の一種は、コレステリック液晶という。

一方、コレステリック液晶のコレステリックとは、コレステロールの形容詞でもある。

血液検査で、LDL、HDLという項目があるが、何れもコレステロールの値である。
コレステロールの値が高い、低いなどというコレステロールであり、
人間の体内には、血液のみならず、コレステロールは身体の様々な臓器に含まれている。

きっと、ニック・ベキーチ博士は、液晶テレビに使われるコレステリック液晶と人体内部のコレステロールを混同したのでしょう。



臓器と共鳴

これに対して、細胞でなく、人体の臓器が電波と共鳴するという主張は正しい。

人体の臓器が電波と共鳴する性質を利用したとき、頭、眼、乳房、睾丸などの球形に近い特定の臓器を指向性電磁波で選択的に加熱して、その臓器をヤケドさせることなく、その臓器を病気にさせることが可能となります。

例えば、睾丸に腫瘍ができる人がいますが、
睾丸を狙って、指向性電磁波で加熱した結果の可能性があります。

また、マイクロ波聴覚効果を利用した通信システムについてストックリン米国特許4858612号が成立しています。ストックリン米国特許では、人間の頭骨と共鳴する電波の周波数及び波長が選定されることが、図8〜11で示されています。

人間の頭骨は球形ではないのですが、頭骨の形状に対応して、
電波の波長を選定する旨が図8〜図11に記載されています。

マイクロ波聴覚効果は、人間の頭骨をアンテナにしても可能になります。

ちなみに、ストックリン米国特許は、マイクロ波聴覚効果を利用した通信システムにおいて、マイクに入力した人間の音声が人間の頭部で歪なく忠実に再現されるしくみ、即ち、フィルターバンクに重点があります。


脚注

[1] 著者:ニック・ベキーチ博士
訳者:内田智穂子
書名:「電子洗脳」
副題:「あなたの脳も攻撃されている」
出版社:成甲書房
初版:2011年7月




[2] ストックリン米国特許については下記の記事を参照ください。



開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

電子洗脳 まえがき

米国空軍が作成した文書には、電波を人に発射して、直接、頭の中に声を聞かせる技術について言及している。この技術は、「電子洗脳」という書籍、7ページに引用されている。
 
ニック・ベギーチ博士が著者の「電子洗脳」という書籍、7ページ、まえがきには、
 電磁波を人体に照射することにより、健康被害を与えることが記載され、更に、
 マイクロ波聴覚効果という用語を使うことなく、マイクロ波聴覚効果により、音声が聞こえる生理機構を解説している。
 
これらの描写は分かりずらいので、解説する。
 
第1文
 
「ご想像のとおり、電磁エネルギー源は日に日に進化している」
 
「電磁エネルギー源」とは、電磁波を発射する送信器、特に、送信器の内部に組み込まれる主要部品を意味している。電磁エネルギー源の具体例は、送信器に組み込まれるパルスマグネトロン、クライストロンなどである。
 
蛍光灯、LEDなどの照明器具を光源をいうのと同様な使い方である。
 
日本語では、「電磁エネルギー」、ないし、「電磁波エネルギー」という用語はあまり使われないが、端的に言えば、電波を意味する。
 
第1文を分かりやすく書き直すと、下記のようになる。
 
電波を発射する送信器は、日々、進化している。
 
 
第2文
 
「その出力において、パルス、波形、焦点の調整ができ、人体に照射すれば、こんなことが可能になっている。」
 
「その出力」とは、電磁波エネルギー源の出力、即ち、電波を意味する。
 
パルス、波形、焦点とは、送信器が発射する電磁波のパルス、波形、焦点を意味する。
 
まえがきには記載されていないが、電磁波のパルス波形が矩形波になっていることが、マイクロ波聴覚効果が発現する要件である。
 
「こんなことが可能」とあるが、「こんなこと」の具体例は、第3文に明記されている。
 
第2文の意味は、下記の通りである。
 
電磁波を発射する送信器から、電磁波のパルス、電磁波の波形、電磁波の焦点を調整して人体に照射することにより、下記のことが可能となる。
 
第3文
 
「自発的な筋肉運動を阻止し、感情と行動を操作し、眠らせ、指示を送り、短期及び長期の記憶を阻害し、一連の経験を作ったり消したりする。」
 
「指示を送り」というのは、マイクロ波の送信を通じて、相手の脳内に言語で表現された指示を認識させることである。
 
「短期及び長期の記憶を阻害し」とあるのは、人間の記憶は、短期記憶と長期記憶に分かれていることに対応している。例えば、1時間前の会話を覚えているのは短期記憶である。社会人になっても、学生時代に勉強した英語を覚えているのは長期記憶である。
 
「一連の経験を作ったり消したりする」とは、エピソード、過去の体験を思い出させたり、忘れさせたりする、ということである。
 
第4文
 
「また、こんな可能性を極度に高めることすらできる。」
 
「こんな可能性」とは、第5文に説明されており、具体的には、マイクロ波聴覚効果を利用して、音声を伝達できることである。
 
第5文
 
「人体内にハイファイ(高忠実度)の言葉を作り出し、密かに指示を送り、心理的に方向づけをする」
 
「言葉を作り出し」とは、被害者の頭の中に言葉が浮かんでくることである。
「密かに指示を送り」とは、加害者が被害者に対して、音声により指示を送ることである。
「心理的に方向づけをする」とは、加害者が被害者をマインド・コントロールすることである。
 
第6文
 
「ギガヘルツ級の高出力マイクロ波パルスを人体に照射すると、体内にわずかな温度変化が起きる」
 
マイクロ波聴覚効果が発生するしくみを説明している。
 
ギガヘルツ級の周波数のマイクロ波をパルスとして、人体に照射したときに、人体がわずかに加熱されることを意味する。
 
電子レンジが食品を加熱するのと同様のしくみである。
即ち、エネルギー保存則により、電磁波エネルギーが熱エネルギーに変換したことを意味する。
 
高出力マイクロ波パルスとあるように、マイクロ波パルスが高出力でないと、加熱される程度が小さすぎる。
 
第7文
 
「その結果、かすかに加熱された組織が急激に拡張し、音波が発生する」
 
マイクロ波パルスは、例えば、100万分の1秒の時間だけマイクロ波が発射されることを意味しており、100万分の1秒間、人体の組織、通常は、皮膚、皮膚の下部の脂肪層などが加熱される。
 
人体の組織が急激に熱膨張することにより、その組織が振動する。音波とは、マイクロ波パルスが命中した位置において、組織が微細に振動することを意味する。
 
骨伝導というしくみでも音が聞こえるが、骨伝導に近似する現象が起きるのである。
 
普通に会話するときに声を出すが、声は音波と表現できるし、空気の振動と表現できる。
 
加熱された組織が音波を発するということは、加熱された組織が振動するということである。
 
第8文
 
パルス列を用いれば、体内に人が聞き取れる5〜15キロヘルツの音場ができる。
 
送信器から多数のマイクロ波パルスを人体に発射していることを、「パルス列」と表現している。
 
音場とは、acoustic field の訳語であり、電場、磁場と同様に、音場という専門用語が使われている。
 
音場という用語により、人体又はその一部が振動することにより伝達する音響波を表現している。通常の声は、空気が振動することにより、伝達する音響波である。
 
パルス列が命中した組織が5〜15キロヘルツで振動し、この振動のため、人間は音が聞き取れるのである。
 
人間の耳は、20ヘルツから15キロヘルツないし20キロヘルツの音、即ち、空気の振動を聞くことができる。
通常は、男性の声、500ヘルツ前後、
女性の声、3000ヘルツ前後、
赤ちゃんの泣き声、4000ヘルツ前後になる。

マイクロ波聴覚効果では、5〜15キロヘルツの振動が脳に発生することにより、
通常の人間の聴覚範囲に対応する音が聞こえるのである。

1962年のフレイ論文(コーネル大学アラン・フレイ教授が応用生理学ジャーナルに掲載した論文)
のイントロでは、空気の振動の周波数と、
マイクロ波聴覚効果により聞きとる音声の周波数の相違に言及している。

1962年の段階にて、5000ヘルツ以下の成分がない、かなりの高音の声に対応する音声信号を
人間の脳に照射すると、通常の声に聞こえるということが判明しているのである。
 


第9文
 
「このように、最も苦痛を与える(自分が自分でなくなる)方法で狙った敵に話しかけることが可能になるのだ」
 
高出力マイクロ波パルスが人体に照射されると苦痛であることを意味する。
 
また、敵の頭の中に声が聞こえることを意味する。
 
第10文
 
アメリカ空軍科学諮問委員会
『新世界展望:21世紀に向けた航空宇宙戦力』
 
米国空軍内の委員会が作成した
『新世界展望:21世紀に向けた航空宇宙戦力』という
報告書から、第1文〜第9文を引用したことを示している。
 
『新世界展望:21世紀に向けた航空宇宙戦力』という文書は、
米国空軍が21世紀にどのような方向を目指すかという展望をまとめた報告書でああり、英文で300ページ以上となる。
 
この報告書は、インターネットでアクセスすることができる。
下記のウェブサイトである。

 
米国空軍が作成した文書がソースとなっていることから、
マイクロ波パルスを人体に照射することにより、音声を送信する技術に米国空軍が関与している明らかな証拠である。
 
ところで、米国空軍が関与している技術は軍事技術であり、日本で軍事技術を使う組織は、自衛隊である。



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

「電子洗脳」というニック・べギーチ博士が著者の書籍を紹介します。
 
英語の題名を直訳すると、
「人間の心のコントロール」になります。
 
米軍の情報公開に基づいて、米国の軍事研究所が、電磁波を使って、人の頭に声を送り込む技術を開発したことを紹介しています。
 
軍事技術が先端的であり、精神工学を応用して、驚嘆する装置を開発したことが分かります。
 
「電子洗脳」は、冒頭(7ページ)で、「新世界展望:21正規に向けた航空宇宙戦力」という米国空軍がまとめた約300ページの報告書を引用しています。この引用は、マイクロ波パルスを人体に照射して、相手に話しかけることができる技術に関しています。この相手は、「頭の中の声」を聞くことになります。
 
1995年に国防総省が、マイクロ波聴覚効果を利用した通信装置について、契約を締結したことも記載されています(「電子洗脳」131ページ)。この通信装置を使うと、被害者は、「頭の中の声」を聞くことになります。
 
マイクロ波聴覚効果とは、レーダーパルスのようなマイクロ波パルスが、頭部と相互作用して音が聞こえるという現象である。
 
最先端技術を駆使すると、一般常識を覆す装置が開発できる。
 
しかし、日本の医学界は極めて遅れており、最先端軍事技術では、幻聴発生兵器が開発している現実を認めようとしない。
 
米軍が開発した音声送信装置は、日本では自衛隊が使って、組織的に多数の被害者を統合失調症にしている。
 
自衛隊の傷害罪が摘発され、自衛隊の組織犯罪が露顕する日が近づいている。
 
 
 
 
 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

電子洗脳という書籍

著者ニック・ベギーチ博士、
「電子洗脳」という書籍を購入した。
 
原題を直訳すると、「人の心のコントロール」
 
米国防総省の超能力スパイが、精神電子兵器を使って、人間の心に忍び込み、マインドコントロールしている実態を暴露している。
 
超能力には種も仕掛けもあり、精神電子兵器を使っている。この書籍における精神電子兵器の説明は、技術用語の翻訳が不正確であり、読みずらい。
 
精神電子兵器
 
精神電子兵器というのは、人間の精神に影響を与える電子機器を意味しており、ペンタゴンがこのような電子機器を兵器に利用している。
 
例えば、脳神経系に影響を与える電磁波を照射する兵器であり、レーダー技術を応用したものである。レーダーから発射されるパルスが人間の脳神経系で直接、認識される現象を応用して、様々な精神電子兵器が開発された。
 
1990年代から、超音波が人間の脳神経系に影響を与えることを利用した精神電子兵器の開発が開始された。超音波とは、人間が可聴することができない高周波の音であり、自然界ではコウモリが超音波を利用して衝突を回避している。
 
超音波が、脳に直接、作用する現象は、学会でもさほど知られておらず、軍事ではこの画期的な知見が悪用されている。
 
兵器開発なので、秘密のベールに包まれおり、一般には知られていない。
 
防衛省情報本部
 
日本では、防衛省情報本部が黒幕となり、情報保全隊の自衛隊員が精神電子兵器を国民に悪用している。
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事