自衛隊の犯罪を斬る;マイクロ波聴覚効果及びその関連

https://patentcom.blog.fc2.com/ 弁理士 博士 小池誠;東大卒イリノイ大博士号;

トップ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今後の勉強会

今日、8月3日の勉強会は無事に終了いたしました。多数が出席していただき、ありがとうございました。

次回は、8月31日、土曜日、午後2時から氷川区民会館で勉強会を開催いたします。受付は午後1時30分から始まります。参加費は2千円になります。

次回のテーマは、集団ストーカーの原理になりますが、人工知能を搭載した対人レーダーを使って、集団ストーカーを誘発するしくみを解説いたします。この人工知能にはチェスソフトウェアが組み込まれているのですが、全体としてはきわめて複雑な機械になります。

9月29日、日曜日、午後2時から氷川区民会館で勉強会を開催いたします。9月のテーマは現時点で未定です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今週末勉強会

今週末、83日、土曜日、午後2時から午後4時頃まで氷川区民会館で勉強会を開催いたします。受付は、午後130分から始めます。
 
内容は下記の通り
 
1.解決の方向性
2.サイエンスアゴラ
3.マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信におけるシングルビーム
4.教科書の原稿
 
「解決の方向性」というトピックを追加しました。また、2時間という時間制限に鑑みて、2番目のトピックがサイエンスアゴラになります。
 
 
配布物は、下記の3点になります。
 
1 パワーポイントで作成したスライド18枚、A4用紙3枚
勉強会の全体がまとめられており、持ち帰りOK.
 
2 パワーポイントで作成したスライド26枚、A4用紙で5枚
 
2019720日(土)、情報処理学会 音声言語情報処理研究会(SLP)、並びに、電子情報通信学会および日本音響学会 音声研究会(SP)で「マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信におけるシングルビーム」というテーマで発表いたしました。そのときに用いたスライドになります。持ち帰りOK
 
3 教科書の原稿、A41015ページ前後
持ち帰り不可。終了後に回収
 
多数の参加をお待ちしております。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

次回勉強会

次回勉強会は、83日、土曜日、午後2時から午後4時頃まで氷川区民会館で開催いたします。受付は、午後130分から始めます。
 
内容は下記の3点になります。
 
1 マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信におけるシングルビーム
 
2 執筆中の教科書
 
3 サイエンスアゴラに関するお知らせ

詳細は下記の通り
 
1 マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信におけるシングルビーム
 
2019720日(土)、情報処理学会 音声言語情報処理研究会(SLP)、並びに、電子情報通信学会および日本音響学会 音声研究会(SP)で「マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信におけるシングルビーム」というテーマで発表いたしました。そこで、この発表の報告になります。
 
マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信についてはこの勉強会でも何度も取り上げているのですが、今回はマイクロ波聴覚効果を応用した無線通信が2周波レーダーにより実現するという点に焦点を絞りました。
 
スライドで26枚になりますが、1ページのA4用紙に6枚のスライドを印刷するので、配布資料は5ページになります。この配布資料は持ち帰りOKです。
 
2 教科書(執筆中)
 
現在、マイクロ波聴覚効果及びその周辺について書籍を執筆していますが、この原稿を教科書に使って講義いたします。原稿はA4用紙で100ページを超えているのですが、そのうちの10ページ前後ないし20ページ前後を教科書に使います。出版前なので、この原稿は勉強会終了後、回収いたします。
 
この勉強会が、原稿を執筆する励みになっているのですが、教科書として使っているときに改善点に気がつくことがあります。
 
3 サイエンスアゴラ
 
この点については、勉強会で報告するのに留め、ブログで詳細を紹介するのは割愛いたします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日の勉強会は無事に終了いたしました。多数が出席してくださり、ありがとうございました。
 
次回は、83日、土曜日、午後2時から午後4時まで氷川区民会館で開催いたします。

受付は午後130分から開始します。7月下旬に会場が予約できなかったので、8月上旬の週末になりました。
 
今日は原稿に基づいて講義しましたが、次回も同様に原稿に基づいて講義いたします。
 
 
【サイエンスアゴラ2019
 
サイエンスアゴラ2019にマイクロ波聴覚効果をテーマとして出展することを検討しています。私一人ではマンパワーが足りず、協力者が必須になります。サイエンスアゴラ2019の締め切りは、明日、630日なので、あれやこれや検討しています。
 
サイエンスアゴラ2019は下記が公式ウェブサイトになります。
 
 
概要:
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、「科学」と「社会」の関係をより深めていくことを目的として、あらゆる立場の人たち(市民、研究者・専門家、メディア、産業界、行政関係者など)が参加し対話するオープンフォーラム「サイエンスアゴラ」を今年度も開催します。今年のテーマは、「Human in the New Age -どんな未来を生きていく?-」と設定し、そもそも人間とは何なのか、自分は何を選びたいのか、目の前のものをどう使いたいのかを、さまざまな視点から考える機会を提供します。
 
開催日時:20191115日(金)〜17日(日)10:0016:30(予定)
出展の公募日は16日(土)、17日(日)です。
 
会場:東京・お台場地域 日本科学未来館、テレコムセンタービル、シンボルプロムナード公園
 
公募会場はテレコムセンタービル、シンボルプロムナード公園です。
 
主催: 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

明日の勉強会

明日、629日、土曜日、午後2時から午後4時まで氷川区民会館で勉強会を開催いたします。受付は午後130分から始まります。
 
明日の講義は、主にマインドコントロール兵器になります。
 
現在、書籍の原稿を執筆しており、原稿がA4サイズで100ページを超えています。そこで、この原稿を配布資料として講義するのですが、講義終了後、配布資料は回収いたします。
 
また、100ページを超える内容を2時間で講義することはできないので、配布資料は30ページ前後にする予定です。
 
脳信号の翻訳の意義について解説します。即ち、脳が機械を制御することも可能になるし、機械が脳を制御することも可能になることを示します。
 
また、機械が脳波を制御することにより、心を制御する研究成果について解説します。米国特許3951134号及びその改良の解説になります。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事