自衛隊の犯罪を斬る;マイクロ波聴覚効果及びその関連

https://patentcom.blog.fc2.com/ 弁理士 博士 小池誠;東大卒イリノイ大博士号;

トップ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

お礼及び次回勉強会

お礼及び次回勉強会
 
今日の勉強会は無事に終了いたしました。多数が参加してくださり、ありがとうございます。
 
いつもは教室のように机を並べるのですが、今回は、会議のように長方形に机を並べました。
 
次回の勉強会は3月30日、土曜日、午後2時から午後4時まで氷川区民会館で開催いたします。受付は午後130分から始まります。
 
次回の勉強会では、学会発表の報告をいたします。
 
日本化学会第99春季年会が2019316()19() に甲南大学岡本キャンパスで開催されますが、318日、午後に「電波が聞こえないという神話」という演題を発表いたします。
 
日本化学会第99春季年会の参加者の多くは、大学で化学を講義し、研究する化学者です。化学の大学教授であっても、ほとんどがマイクロ波聴覚効果について知りません。
 
そこで、化学者に対してマイクロ波聴覚効果を講義し、電波が聞こえないという社会常識は、神話と同様に科学として間違っている旨を解説いたします。
 
学会発表の報告以外もありますが、詳細は未定です。

明日の勉強会

明日の勉強会は3月2日、土曜日、午後2時から午後4時まで氷川区民会館で開催いたします。受付は午後130分から始まります。

テーマは下記の通り。

 

1.マイクロ波聴覚効果と骨伝導

2.精神医学との関係

3.光音響効果と電磁波兵器

 

1.マイクロ波聴覚効果は骨伝導で聞こえるのですが、骨伝導は何かと複雑であり、骨伝導という用語のみではその詳細が伝わらないことがあります。そこで、今回は骨伝導を中心に講義し、マイクロ波聴覚効果との関係を解説いたします。

 

2.精神医学には統合失調症などの精神疾患がありますが、この被害と精神疾患との関係について講義いたします。今回は社会精神医学に重点があります。

 

前回の勉強会で、2019年になって公表された光音響効果を応用した無線通信について解説しました。ところが、以前からこのような無線通信が可能であった旨を示します。更に、無線通信と電磁波兵器との関係を示します。

 

明日のスライドは60枚前後になります。A4サイズの用紙1枚に6つのスライドを印刷するので、資料は10ページ前後になります。

 

多数の参加をお待ちしております。

お礼及び次回勉強会

今日の勉強会は、無事に終了いたしました。多数が参加して下さり、ありがとうございました。

 

次回の勉強会は3月2日、土曜日になり、その次は3月29日、土曜日になります。いずれの勉強会も午後2時から午後4時まで氷川区民会館で開催いたします。受付は午後130分から始まります。

 

多数の参加をお待ちしております。

今週末の勉強会

今週末の勉強会は、 2 9 日、土曜日、午後 2 時から午後 4 時まで氷川区民会館で開催いたします。受付は午後 1 30 分から始まります。

 

テーマは下記の通り。

 

1.     立法的解決

 

2019年1月17日のブログ記事に数名の国会議員にお目にかかる機会があった旨を記載しましたが、詳細は大幅に省略しました。そこで、今回の勉強会でその詳細を補います。

 

ところで、被害者のなかには、「法律の不備があるので、このような被害(被害の詳細は省略)の被害者になっている、そこで、法律を制定して、被害を解決しよう」という方針を取っている人達がいます。

 

このような見解を考慮して、法律が実際にどのように制定されるかというプロセスを解説します。国会で国会議員が法案を審議することは皆さん既にご存知でしょうから、国会におけるプロセスでなく、国会に法案が提出される前のプロセス、即ち、法案が作成されるプロセスを中心に説明いたします。

 

2.     光音響効果

 

勉強会及びブログで、マイクロ波聴覚効果の原理、及び、マイクロ波聴覚効果を応用した通信については頻繁に解説しています。

 

しかしながら、光音響効果については解説していませんでした。

 

ところが、光音響効果を応用して、音声を伝える通信方式が20191月に公表されました(文献1)。

 

マイクロ波聴覚効果に限らず、光音響効果もこの被害(どのような被害か詳細は省略)に密接に関連しているのですが、光音響効果の原理及び光音響効果を応用した無線通信について解説いたします。

 

3.     思考盗聴

 

一部の被害者は思考盗聴という被害を訴えています。

 

一方、20191月になって、米国コロンビア大学グループは、人間の脳信号を計測して、明確な音声に変換するのに成功しました(文献2)。

 

そこで、思考盗聴に関連して、コロンビア大学グループの思考解読を解説いたします。

 
 

文献

遠くからレーザーで「耳元にささやく」技術が開発。2.5m離れた場所で60dBの音声を発生

テレパシー的に聞こえるのだろうか

Munenori Taniguchi,
 

2 [FT]脳内の思考を音声に、AIで「読心術」へ前進

2019/1/30 16:09日本経済新聞

お礼及び次回予告

お礼

 

今日の勉強会は無事に終了いたしました。多数が出席してくださり、ありがとうございました。

 

次回の勉強会は、29日、土曜日、午後2時から午後4時まで氷川区民会館で開催いたします。受付は午後130分から始まります。

 

その次の勉強会は、3月2日、土曜日、午後2時から午後4時まで氷川区民会館で開催いたします。受付は午後130分から始まります。

 

多数の参加をお待ちしております。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事