自衛隊の犯罪を斬る;マイクロ波聴覚効果及びその関連

https://patentcom.blog.fc2.com/ 弁理士 博士 小池誠;東大卒イリノイ大博士号;

トップ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

今日の勉強会はお陰様で無事に終了いたしました。

 

多数が参加してくださり、ありがとうございました。

 

2018616日(土)及び17日(日)に東京大学本郷キャンパス工学部2号館で開催される音学シンポジウム2018(第119 音楽情報科学研究会・第122 音声言語情報処理研究会共催研究会)で「マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信におけるマイクロ波ビームの形成」というテーマで発表するのですが、次回の勉強会はこの内容を解説いたします。

2018年5月26日、土曜日、午後2時から午後4時まで氷川区民会館(渋谷区東2-20-18)で第34回マイクロ波勉強会を開催いたします。

 

受付は午後1時30分から始まります。

 

テーマは、電磁波攻撃の理論的基盤になります。

 

前回の勉強会で電磁波兵器及び電磁波攻撃について講義しましたが、時間が十分になかったこともあり、説明を省略した部分がありますので、今回は省略した部分になります。

 

先日、電磁波兵器の研究開発について公表した書籍を発見したのですが、今回、その書籍を紹介いたします。この書籍のテーマは軍事機密ないし防衛秘密に抵触しかねない内容なのですが、電磁波兵器とか電磁波攻撃とか電磁波ビームというような用語は一切、使われておらず、暗喩、隠喩を駆使して、電磁波兵器やその関連について周りくどく表現しています。そこで、本書はこんな表現になっているが、実はこんな理由でこのような意味である、というような解説をいたします。眼光紙背に徹す、という方針で行間を読み込むと、この国家犯罪の全貌は明らかになります。

 

経緯

 

勉強会の経緯は「マイクロ波勉強会の経緯」というブログ記事にまとめられていますし、このブログの「トップ」という書庫を閲覧しても経緯は分かります。

 

氷川区民会館の場所

 

渋谷センター街や渋谷109は、渋谷駅の西側になりますが、

氷川区民会館は、ヒカリエや明治通りと同様に渋谷駅の東側になります。

 

氷川区民会館はJR渋谷駅とJR恵比寿駅の中間ぐらいに位置しており、氷川神社や国学院大学の近くになります。

 

渋谷駅から歩くときも恵比寿駅から歩くときも

明治通り沿いに歩くことになります。

 

以下、渋谷駅から徒歩で氷川区民会館に移動するときのルートを述べます。

 

渋谷駅から徒歩

 

基本的には、明治通り沿いに歩くのですが、

ヒカリエ、渋谷警察署を通りすぎ、サイゼリアを通りすぎ、

更に並木橋交差点を渡ります。

 

すると、明治通りに面して、ライフというスーパーがありますが、

ライフを通りすぎます。

 

東交番前交差点を渡って、明治通り沿いに歩くと

渋谷東二郵便局が見えます。

 

渋谷東二郵便局を通り過ぎて明治通り沿いに歩くと、

目の前にT字路があります。

 

このT字路の角に高層ビルがありますが、このT字路を左に曲がります。

 

すると、目の前が氷川区民会館になります。

距離としてはT字路の曲がり角から約10メートルです。

 

建物2階が氷川区民会館になりますが、

1階が渋谷区立氷川保育園になっています。

 

ちなみに、氷川区民会館の向かいには、電気屋さんがあります。

 
 

渋谷駅からバス

 

渋谷ヒカリエ前にあるバス停車場から

五反田駅行きなど恵比寿方面に

明治通りに沿って走行するバスに乗車して、

東2丁目で降りてもよいのです。

今日の勉強会は、無事に終了いたしました。多数が参加していただき、ありがとうございました。

 

最近の勉強会では、参加者のほとんどが何度も出席したことがある常連だったのですが、今回は珍しく初めての参加者が多かったという特徴があります。

 

従来、この勉強会では、マイクロ波聴覚効果、マイクロ波レーダー、マイクロ波通信、マイクロ波ビームなどマイクロ波に関する講義が中心でした。

 

これに対して、今回の勉強会では、マイクロ波ビームのみが頭部に照射されているのでなく、マイクロ波ビーム及び赤外線ビームの双方が照射されている旨を講義いたしました。

 

次回は、526日、土曜日、午後2時から午後4時まで氷川区民会館で勉強会を開催いたします。次回のテーマは未定ですが、20186月に東京大学本郷キャンパス工学部2号館で開催される音学シンポジウム2018の予行練習になるかもしれません。

 

次回は勉強会終了後、午後4時から氷川区民会館の同じ会場で被害者の被害相談をいたします。既に午後4時から相談をする被害者は予約されており、既に526日の相談枠は全て埋まっています。

33回マイクロ波勉強会

2018年4月28日、土曜日、午後2時から午後4時まで氷川区民会館(渋谷区東2-20-18)で第33回マイクロ波勉強会を開催いたします。
 
受付は午後1時30分から始まります。
 
テーマは、電磁波兵器及び電磁波攻撃になります。
 
精神医学で電磁波攻撃を受けたと発言すると、被害妄想と診察されます。
 
一方、軍事技術に、電磁波兵器、電波兵器、ビーム兵器、指向性エネルギー兵器、光兵器、レーザー砲と命名されている兵器があります。電磁波兵器、電波兵器、ビーム兵器、指向性エネルギー兵器から電波ビームを特定の人間に照射したときには、電磁波攻撃になります。赤外線も電磁波の一種ですから、赤外線ビームを特定の人間に照射したときも同様に電磁波攻撃ということもできます。
 
また、一部の被害者はなぜか突然、痛みを感じるという被害を訴えていますが、身体にヤケド、炎症などの痕跡を残すことなく、痛みを与えることもできます。
 
そこで、電磁波兵器、電波兵器、ビーム兵器、指向性エネルギー兵器、光兵器、レーザー砲の原理などについて解説することを検討しています。
 
ところで、電磁波兵器、電波兵器、ビーム兵器、指向性エネルギー兵器などは、マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信に応用することができます。
 
ちなみに、一部でアンテナに関する粗雑な計算を示して、離れた場所からマイクロ波を被害者の頭部に照射して、マイクロ波聴覚効果を発生することができない、と主張しています。この計算はどうやらダイポールアンテナや八木アンテナなどを使ったときの数式に数値を代入しているだけのようです。
 
ところが、この粗雑な計算は、電磁波ビームの物理的性質を全く考慮しておらず、マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信の実状を全く反映していません。加害者はダイポールアンテナや八木アンテナを使って電波ビームを発生させているのでなく、極めて高度な技術を使って電波ビームを発生させているのです。
 
そこで、この当たりも概説しようかと考えています。
 
経緯
 
勉強会の経緯は「マイクロ波勉強会の経緯」というブログ記事にまとめられていますし、このブログの「トップ」という書庫を閲覧しても経緯は分かります。
 
氷川区民会館の場所
 
渋谷センター街や渋谷109は、渋谷駅の西側になりますが、
氷川区民会館は、ヒカリエや明治通りと同様に渋谷駅の東側になります。
 
氷川区民会館はJR渋谷駅とJR恵比寿駅の中間ぐらいに位置しており、氷川神社や国学院大学の近くになります。
 
渋谷駅から歩くときも恵比寿駅から歩くときも
明治通り沿いに歩くことになります。
 
以下、渋谷駅から徒歩で氷川区民会館に移動するときのルートを述べます。
 
渋谷駅から徒歩
 
基本的には、明治通り沿いに歩くのですが、
ヒカリエ、渋谷警察署を通りすぎ、サイゼリアを通りすぎ、
更に並木橋交差点を渡ります。
 
すると、明治通りに面して、ライフというスーパーがありますが、
ライフを通りすぎます。
 
東交番前交差点を渡って、明治通り沿いに歩くと
渋谷東二郵便局が見えます。
 
渋谷東二郵便局を通り過ぎて明治通り沿いに歩くと、
目の前にT字路があります。
 
このT字路の角に高層ビルがありますが、このT字路を左に曲がります。
 
すると、目の前が氷川区民会館になります。
距離としてはT字路の曲がり角から約10メートルです。
 
建物2階が氷川区民会館になりますが、
1階が渋谷区立氷川保育園になっています。
 
ちなみに、氷川区民会館の向かいには、電気屋さんがあります。
 
 
渋谷駅からバス
 
渋谷ヒカリエ前にあるバス停車場から
五反田駅行きなど恵比寿方面に
明治通りに沿って走行するバスに乗車して、
東2丁目で降りてもよいのです。

次回勉強会

次回勉強会については、インターネットで日時、場所、内容を公表いたしません。

 

今回は誰もが参加できるというわけではないのです。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事