自衛隊の犯罪を斬る;マイクロ波聴覚効果及びその関連

https://patentcom.blog.fc2.com/ 弁理士 博士 小池誠;東大卒イリノイ大博士号;

学会

[ リスト | 詳細 ]

日本生理学会、電子情報通信学会、情報処理学会、人工知能学会、日本神経科学学会、日本被害者学会の会員です。
記事検索
検索

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

民事調停申立て

今日、8月22日、木曜日、午後に東京都千代田区霞が関にある東京簡易裁判所に民事調停申立書を提出した。
 
東京地方裁判所と東京高等裁判所は同一の建物となっているが、その地下一階に郵便局がある。この郵便局で、収入印紙及び予納郵券を購入した。
 
その後、地下一階にある地下通路を通って、東京地方裁判所と東京高等裁判所の合同庁舎から東京簡易裁判所及び東京家庭裁判所の合同庁舎に移動した。
 
東京簡易裁判所の事件受付も東京家庭裁判所の事件受付も1階にあるが、東京簡易裁判所の事件受付に書類を持参した。
 
担当者は申立書1ページ目の表書きを読んだ後、2ページ目を読み始めたところ、1ページに戻った。なぜか東京簡易裁判所の手続案内で書類のチェックを受けるよう指示をして、手続案内の窓口まで誘導してくれた。
 
不受理になったようなので、内心はあれやこれやあったのだが、仕方なく指示に従い、東京簡易裁判所一階にある手続案内に移動して、窓口に正本と副本を提出した。すると、担当者が少し読んだだけで、あっさりとOKとなった。
 
そこで、事件受付に戻って、正本と副本を提出するとともに、郵便局で購入した収入印紙及び予納郵券を渡したところ、今度はあっさりと受理された。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

学会発表

昨日、720日(土)、情報処理学会 音声言語情報処理研究会(SLP)、並びに、電子情報通信学会および日本音響学会 音声研究会(SP)で「マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信におけるシングルビーム」というテーマで発表いたしました。
 
マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信については何度も発表しているので、今回はマイクロ波聴覚効果を応用した無線通信が2周波レーダーにより実現するという点に焦点を絞りました。レーダー技術は多種多様ですが、2周波レーダーはさほど一般的ではありません。
 
マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信方式も2周波レーダーもマイクロ波兵器のような軍事技術に起源があるのですが、軍事技術は防衛秘密に指定される傾向にあります。軍事技術であっても、永年に渡って秘密にされ、技術として陳腐化したときには、特許出願を通じて機密解除されることがあります。本業が弁理士ということもあり、このあたりの特許文献を調査したのです。
 
一方、大学に所属する研究者は軍事研究に関与しないので、軍事技術の周辺は詳しくないのですが、このあたりにこの発表の意義があります。
 
今回の発表は、ビデオカメラで録画されていたので、インターネット上の情報処理学会公式チャネルで視聴することができます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

情報処理学会 音声言語情報処理研究会(SLP)、並びに、電子情報通信学会および日本音響学会 音声研究会(SP)が2019719日(金)及び20日(土)に開催されますが、720日(土)に「マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信におけるシングルビーム」というテーマで発表いたします。
 
簡単に言うと、科学技術でテレパシーを実現するということになります。無線通信を駆使して、何もないところから声が聞こえるということが可能になります。
 
今回の発表は、下記の情報処理学会公式ウェブサイトで確認できます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

人工知能学会全国大会

人工知能学会第33回全国大会が、昨日、6月4日から6月7日まで新潟市の朱鷺メッセで開催される。今日、6月5日午後に全国大会で発表するので、朱鷺メッセに移動した。

朱鷺メッセは信濃川に面しているのだが、信濃川に沿ってオシャレな遊歩道が整備されており、大変、快適な空間が形成されている。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日、63日、電子情報通信学会、技術と社会・倫理研究会及び情報処理学会、電子化知的財産社会基盤研究会が関東学院大学関内メディアセンターで共同開催されます。この研究会に出席いたしましたが、なにか発表したというわけではありません。
 
特別講演として、平野敬弁護士及び高木浩光氏が、「いわゆるマイニングスクリプトと不正指令電磁的記録に関する罪〜コインハイブ事件の論点と課題〜」という演題を発表いたしました。
 
弁理士という仕事柄、知的財産に関する裁判例は多数、目を通しているのですが、刑法に関する裁判例に触れる機会はさほどなかったので、大変、興味深いものがありました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事