ここから本文です
バリバリ・インドネシア
本日の為替 ¥1= Rp118.06 晴れ/一時雨、 気温24〜36度 湿度94%(2月29日)

書庫全体表示

記事検索
検索
平成25年11月19日(総13第28号)
在デンパサール日本国総領事館


1 治安情勢
バリ島においては、テロ事件等は発生していませんが、10月末、南スラウェシ州、西ヌサ・トゥンガラ州において、バンテン州南タンゲランで発生した連続警察官襲撃事件に関連したテロ容疑者が8名逮捕される事案が発生しています。テロ関連情報には引き続きご注意下さい。 

2 一般情勢
(1)外国人を狙った犯罪
クタ地区において、外国人を狙った窃盗事件が発生し、いくつかの事案では、最近、犯人が相次いで検挙されています。犯人グループは、バリ島以外から流入した者が多く、ディスコ等で外国人をターゲットとして、被害者が目を離したすきに鞄からクレジットカードや携帯電話等を盗み、盗んだカードで買い物をするなどの犯行を行っているようです。また、同じような犯人グループによる外国人の住宅への空き巣被害も発生しています。

(2)感染症に関する注意
サウジアラビアを含む中東及び欧州では、MERSコロナウイルスによる中東呼吸器症候群の感染例が報告されていますが、同時に、インフルエンザなどの感染症も流行するリスクが高まるとして注意が呼びかけられています。インドネシアでは、これらの国との間で人の移動があることから、これらの感染が当地に持ち込まれる可能性は排除されません。
上記のようなコロナウイルスによる感染は、一般的に、飛沫感染や接触感染で伝播し、風邪などの症状を引き起こします。通常その毒性はそれほど強くありませんが、ウイルスが変異した場合は強い毒性を持つ可能性もあり注意が必要です。
日頃から手洗いやうがいなどの一般的な衛生対策を徹底すると共に、使用人やドライバーに咳や発熱がある場合は、早期に医療機関を受診させるなど、感染のリスクを減らすよう心掛ける必要があります。
また当地では、雨季の開始とともに、デング熱やチクングニャなどの蚊を媒介とした感染症が今後流行する可能性があることから、防蚊対策も重要となってきます。

3 邦人事故・事件関係
(1)空き巣被害
11月5日の晩、南デンパサールの邦人宅が空き巣に入られ、住宅内部が荒らされていたほか、相当額の現金、パソコン、デジカメを盗まれる被害が発生しました。10月13日にも邦人宅の空き巣被害があったばかりですので、邦人の皆様には、今一度、住宅の防犯対策を確認して下さい。

(2)ガス爆発による邦人の死亡
11月10日朝、クタ地区にあるアパートの一室でガス爆発が発生し、その部屋に住んでいた邦人が大ヤケドを負って病院に搬送されましたが、亡くなられました。警察によれば、同邦人は部屋の中がガス臭いのでガス・ボンベを部屋の外のテラスに出し、部屋に戻ってドアを閉めた後、間もなく、同部屋の中で爆発が起きたとのことです。爆発原因等は警察が調査中ですが、邦人の皆様には、今一度、LPGガスの点検をお勧めします。

(3)入国スタンプの押印漏れ
11月12日、30日間有効の短期ビザ入国スタンプが押印されていなかったことを同ビザの延長をしようとした際に気付き、ングラ・ライ入管事務所及び空港内出入国検査課に赴いて入国手続きを行うとの事案がありました。
同邦人が搭乗した成田発ガルーダ航空デンパサール行きGA881便では機内で短期ビザ発給のサービスがなされていますが、同邦人は同サービスを受けるための条件の一つである、同便チェックインの際に同ビザ料金の支払いを行うことに気付かず、機内でのビザ発給サービスを受けることができませんでした。そのため、機内の入国管理官からの説明に基づき、ングラ・ライ空港到着後に同空港で到着ビザの手続きをするつもりでいたところ、ビザ料金支払いの窓口があることを知らず、同じ航空機の他の乗客とともに入国審査カウンターへ向かい、同審査官に旅券等を提示し、同旅券等は戻されたので、入国審査は終了したと思っていたとのことでした。
つきましては、邦人の皆様には当地を訪問されるご家族やご友人も含め、短期ビザで当地に入国される場合は、入国スタンプの押印の有無を必ずご確認ください。

4 その他

11月初めにデンパサール入国管理事務所主催でインドネシアの在留資格に関する説明会が開催されました。御参考までに主な内容は以下のとおりです。なお、同説明会における説明は総論的なもので、個々の事案については直接入国管理局にお問い合わせ下さい。
(1)入国時のITAS/P(長期滞在許可)切り替え手続き
ITAS/Pへの切り替えは入国後30日以内に行うことが義務づけられています。手続きにはKantor Kelurahan/Desa(町村役場)から発行されるSurat Keterangan Domisili(居住証明)や当館から発行された婚姻証明(申請には戸籍謄本原本が必要です)等を添付する必要があります。期限を経過した場合には不法滞在となり、国外退去処分となることもあります。

(2)インドネシア国籍者の配偶者として滞在する場合の就労
インドネシア国籍者との婚姻によりITAS/Pを取得した者の就労については、関係機関の調整ができておらず、明確な運用規定がありませんが、今次説明会に同席したバリ州労働移住局長によれば、生活の糧を得る程度の、ちょっとした請負や個人事業等の活動は可能とされています。法人での就労は、IMTA(Izin Mempekerjakan Tenaga Asing)が必要なため、IMTAなしでの就労は違法となります。

(3)ITAPへの切り替え
ITASからITAPへの切り替えはインドネシア国籍者と婚姻した場合には、婚姻歴が2年越えると認められます。

(4)配偶者の死亡等と在留資格
インドネシア国籍者との婚姻によりITAS/Pを付与された者が離婚あるいは配偶者が死亡した場合、婚姻歴が10年を越えている場合にはITAS/Pの延長が認められます。

以上

バリ博物館休館

【バリ博物館休館のご案内】

デンパサール市内にあるバリの宗教儀式、先史時代の武器や道具、陶器、現代の工芸品、絵画などを展示している「バリ博物館」は、2013年10月中旬より改装のためクローズしております。
 改装期間は11月末までを予定しております。同時期にご旅行をご予定の方は、ご注意ください。



イメージ 1

【総領事館からのお知らせ:安全対策情報:10月】

平成25年10月16日(総13第26号)
在デンパサール日本国総領事館
1 治安情勢
10月4日〜8日にバリ島ヌサ・ドゥア地区で開催されたAPEC閣僚会議及び首脳会議に際し、治安当局による大々的な警備体制が敷かれ、同地区への立ち入りや交通規制が実施されました。
10月4日、バリ島タバナン県で手投げ弾と思われる爆弾が爆発して、14歳の男児が死亡し、13歳の男児が重傷を負う事件が発生しました。当局によれば、APECとは関係なく、テロではない由です。なお、同爆弾が発見された現場近くでは、陸軍特殊部隊による演習が行われていましたが、同爆弾との関係は否定されており、同爆弾の背景は明らかとなっていません。

2 一般情勢
(1)バリ島におけるインフラ等の整備
9月23日、APEC首脳会議を前にして、ユドヨノ大統領が出席して、バリ島南部(ヌサ・ドゥア地区、空港、ブノア)を結ぶ海上高速道路の開通式が行われました。
また、10月9日、ングラ・ライ国際空港の新しい国際線ターミナルの通常利用が開始されました。しかし、同ターミナル内では、工事継続の箇所もまだ残されており、到着又は出発する利用客がカウンター等にて長時間待たされるなど、当面、空港当局の対応に混乱も予想されますので、時間等に余裕をもって行動するなどの注意が必要です。

(2)社会団体組織間の抗争
デンパサール市、バドゥン県、タバナン県等を本拠とするバリ島の社会団体組織の間の抗争事件がこれまでも散発的に発生していますが、10月14日、デンパサール市北部のウブン(Ubung)地区において、「Laskar Bali」及び「Baladika」所属員同士の抗争事件が発生し、3台のオートバイが破壊される事件が発生しました。なお、これらの組織は、駐車場料金やみかじめ料を徴収し、Preman(暴力団)と呼ばれる所属員で構成されています。

(3)外国人が被害者となる凶悪犯罪
10月10日、シンバラン地区の高級住宅街に凶漢が押し入り、住人のロシア人女性の頭にセメント資材をぶつけて重傷を負わせ、その後、暴行を行う凶悪事件が発生しました。犯人は空き地であった同住宅裏の塀から屋根に登り、敷地内に侵入した模様です。なお、同住宅は同住宅街の外れの静かな場所に位置していましたが、警備員はいなかった由です。

3 邦人事故・事件関係
(1)空き巣被害
10月13日、南デンパサールの邦人宅で、家族全員でバリ日本語補習校の運動会に外出していた時間帯に空き巣に入られ、住宅内部が荒らされたほか、相当額の現金を盗まれる被害が発生しました。同邦人によれば、門や玄関は施錠していたものの、飼い犬や猫の出入り用として壁に取り付けていた窓から侵入したと見られるとの由です。邦人の皆様には、今一度、住宅の防犯対策の再確認をお勧めします。

(2)滞在許可の更新手続
最近、長期滞在許可(ITAS)や文化社会滞在許可(Sosial Budaya)等の滞在許可をお持ちの邦人の方が、同許可の取得・更新の手続き等を依頼した出入国許可関係手続き代行業者との間で、滞在許可が更新されておらず、不法滞在状況となっていた等のトラブルとなるケースが見られます。
入管当局側はなるべく申請者本人が手続きを行うよう勧めています。代行業者に手続きを依頼する場合は、少なくとも、信頼のおける業者を選定する、契約書は必ず取り交わす、業者に手交する旅券等の重要書類はコピーを取り置くことをお勧めします。今一度、お持ちの滞在許可をご確認ください。
以上
【重要】
APEC(アジア太平洋経済協力会議)開催期間中の空港情報
2013年10月5日(土)〜9日(水)

以下、APEC閣僚会議 / APEC ・CEOサミット期間における
デンパサール空港の閉鎖時間や運休情報です。

★デンパサール空港閉鎖(フライトの発着規制)期間と時間 
(全て現地時間)

2013年10月6日(日) 10:00−20:00
2013年10月8日(火) 10:00−20:00
2013年10月9日(水) 07:00−14:00

★日本発着便・運休案内
GA881 成田−デンパサール 10月5日(土)〜9日(水)運休
GA880 デンパサールー成田 10月5日(土)〜9日(水)運休

GA887 羽田―デンパサール 10月6日(日)〜10日(木)運休
GA886 デンパサールー羽田 10月5日(土)〜9日(水) 運休

GA883 関西―デンパサール 10月5日(土)〜9日(水)運休
GA882 デンパサールー関西 10月5日(土)〜9日(水)運休

* 成田―ジャカルタ線は通常通り運航いたします。

* この期間の運航に関してましては予告なく変更になる事が
あります。あらかじめご了承ください。
【大切なお知らせ】
本日(2013年10月3日)、2013年10月5日(土)−9日(水)APEC閣僚会議/APEC ・CEOサミット期間のデンパサール空港(バリ島)の閉鎖時間が追加されましたので、更新情報をお届けします。

ガルーダインドネシア航空日本発着便については変更はございません。詳しくは http://www.garuda-indonesia.co.jp/ga_news/news/8158.html

■デンパサール空港(バリ島)閉鎖(フライトの発着規制)期間と時間(現地時間) ※印の時間帯は今回追加部分

2013年10月5日(土)14:00-18:45※,21:00-22:30※
2013年10月6日(日)01:00-02:30※,10:00-20:00
2013年10月7日(月)10:05-15:20※,21:00-22:30※
2013年10月8日(火)10:00-20:00
2013年10月9日(水)07:00-14:00

イメージ 1


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事