パウンカンパニー

自動車修理とゴルフに一所懸命なおじちゃまです。

全体表示

[ リスト ]

運転席の窓ガラスが傾いて閉まらないというヴィッツ(SCP10)。
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガラスが溝から外れてしまっているので、内張りを外して確認してみます。
イメージ 3
 
ガラスを上げ下げしているレギュレーターが金属疲労で曲がってしまっている為に、ガラスが溝から外れて傾いてしまっていました。10ミリボルト6か所で止まっているので外していきます。
 
イメージ 4
 
 
 
ビス3本(赤丸印)を外してレギュレーターからモーターを取り外します。
右画像にあるのは、新しいレギュレーターモーターを取り付けた状態です。
 
イメージ 5
 
 
新たに組んで車両に取り付けたレギュレーターモーターに、10ミリボルト2本(黄色丸印)でガラス(水色矢印)を取り付けます。
この後、内張り、スイッチと取り付けて作業終了なのですが、挟み込み防止機構が付いているので、パワーウィンドリセット作業をしないとガラスが全閉した時に何かを挟み込んだと勘違いして5センチほどガラスが下りてしまいます。
ガラスを4分の1以上下げた状態から、UP操作にてガラスが全閉停止後、更に1秒以上UP方向にスイッチを保持して完了のはずなのですが…リセットされない。
 
イメージ 6
あまり気にせずに作業をしてしまっていて気付かなかったのですが、この車両のリセット方法は旧タイプのほうでした…。
その方法というのが、マスタスイッチを操作して、パワーウィンドモーター(黄色丸印)をUP方向に6回以上(4秒以上)空回りさせるという事で…もう一度すべて取り外し…。
左画像は2度手間でガッカリしながらリセット作業をしているところです。
もう一度すべて取り付けて、これで本当に作業完了。
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事