NEC PC98NX VersaPro MATE 得選街ブログ

NEC得選街:業務用パソコン メーカーダイレクト通販情報サイト、お得な情報

資格

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

今年の受験、春からの大学入学に合わせて、従来の工学部や理工学部の機械・電気・電子・情報系の学科、学部を情報デザイン系の学部・学科へ替えたり、不人気物価・学部の定員を減らす学科改編の動きが目立ちますね。

これらの不人気の学部は、志願者の減少傾向は続いていたものの不景気でもそれなりに就職が出来たためある程度そのまま置かれていたのではないかと思います。しかし、新卒の求人が学生優位に傾いた現在ではつらいといわれているIT(ソフト・ネット系を含む)をはじめとして、理系・理工系の人気が低くなっています。


学校選びや在学中に、どんな資格を取ったらよいかと気になりますよね。特に学校の先輩や兄弟や就職で苦労したという話を聞くと、資格を取るようにアドバイスされて、資格でも取っておこうかなと思うものです。

それではどんな資格を在学中に取ったらよいかというと、将来目指している業界が会社なら会社の公務員なら公務員の情報を収集します。各企業には資格の名称とともに有資格者 ○○名と会社案内や会社のWebサイトに載せていることがあります。

弁護士・弁理士・会計士・税理士・医師・薬剤師のように独占業務系資格であれば取るしかありません。他には自動車の免許をはじめとしてさまざまな免許類、技能や特技を対外的に示すための認定資格があります。

社会人になってから業務経験を積まなければ取れない資格、下位の資格を取って経験を積むと上位の資格の受験が可能になるものなどあります。受験資格に年齢制限がなくても、実質的に活動できる時期を考えると早めに取っておきたい資格がいくつかあります。

それは、情報処理技術者の資格です。大学在学中には基本情報処理技術者の資格をメインターゲットにして、1、2年次のうちに初級システムアドミニストレータ(今後はITパスポート試験になることが決まっている)を取ると良いと思います。


後悔しているわけではないですが早く取り組んでいれば後が楽だったとこの時期になると思い出します。

試験に合格したり、学校に入学したりといったことはスタートですからね。



PC買うならNEC得選街

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事