東京日野プロバスクラブ

日野ロータリークラブ、飛火野ロータリークラブの協同提唱クラブ

ロータリーからプロバスへ

ロータリーからプロバスへ:

 今日は平成23年6月16日(木)。日野プロバスクラブの開会日。65歳以上の老人の集まりだが、お互い、30歳程度の気分でいます。私はすでに75歳。実は53歳で日野ロータリークラブに入ったのですが、60の定年と同時に新しい職場に移り、東京から離れてしまったのです。14年のギャップをはさんで、後藤一郎さんの勧めにより、「出戻り」をしました。出戻りといっても、実家に戻ったのではなくて、おやじの兄貴の家にとりあえず世話になることになったのか、という気分なのです。
 日野プロバスクラブとの付き合いも、はや8カ月になるのですが、大変おっとりとした会なので、疲れないのが取り柄です。プロバスクラブの同志を見ると、皆 錚々たる方々ですが、雰囲気としてはロータリーに負けないほど、若々しいと思っています。やはり人の生気は、年齢ではなくて、健康とやる気で決まるのですね。
 私のロータリー時代は1990年代ですので、日本のバブルの最盛期から、その陥落期に至る期間です。初めは大金のニコニコが断りきれなく、誕生日、結婚記念日などに高額のお祝いを、半ば強制的に渡す、という時代でした。しかし、この勢いは高幡不動尊に土方歳三の像を寄進するという偉業も成し遂げました。やがてバブルの急落とともに、会社経営が成り立たず、ロータリーから脱退された方も幾人かおられました。
 プロバスクラブというのは、はじめゴロの悪い名前だと思ったのですが、実際に体験してみると、なかなかの知恵者の発想だと思うようになりました。ロータリーは私がいた時代に較べると、会員は半減しています。ロータリーを出た会員の気持ちを見事にくみ取り、彼らを引き戻したのが、プロバスだ、というように納得しました。
 今日、日野プロバスクラブのBLOGの口開きを仰せつかり、情報委員会の一員として一言申しあげました。この後に多くの皆様が続くことを期待しております。委員長の林 良健 氏にはいろいろお世話になっております。                    
                         情報委員会委員 瀬川爾朗     

その他の最新記事

すべて表示

第3回例会

2011/1/21(金) 午前 9:08

1月20日(木)に第3回例会が開催されました。 新年会を兼ねた本年初例会です。 例会場は高幡不動駅から徒歩2分の所にある大政寿司さん。 新年1月でお忙しく、大寒を過ぎて寒い夜間にもかかわらず、 大勢の会員の方々がお見えになり ...すべて表示すべて表示

第2回例会

2010/12/16(木) 午後 2:01

本日は第2回例会でした。 寒い日でしたが、大勢の出席者で行われました。 年内最後の例会報告となります。 次回は新年例会です。 予定は1月20日(木)となっております。

委員会活動 地域委員会

2010/11/19(金) 午後 3:23

【 地域委員会 】 委員長 山本 英次 委員 渡辺 明 委員 安孫子 秀子 委員 新田 進


.


みんなの更新記事