オーディオ

すべて表示

YAMAHA A1 MC AMP   シミュレーション<最終>

今度こそ、最終章です。 (色々な意味合いから、コメントなしということでご了承下さい)

Audio Projectさんが、A1 MC AMPの回路図を清書して下さいましたので、シミュレーションしてみたいと思います。ここで、トランジスタエミッタ抵抗は、「47Ω」ではなく「4.7Ω」です。
帰還抵抗は、R35「470Ω」です。

粛々とシミュレーションを実行します。

<シミュレーション回路図>  

イメージ 1

入力条件は、C-2と同じです。
アンプ入力「IN_AMP」が入力「IN」の半分になるときのR23抵抗値を求めます。
結果、入力インピーダンス 9Ω   奇しくもC-2と同じ値になりました。
イメージ 2

ついで、帰還の効果の確認をしておきましょう。
帰還抵抗R35「470 Ω」を外した場合の波形をシミュレーションしました。下図です。
アンプ入力「IN_AMP」のレベルが大きくなっています。上の波形と比較すれば、帰還の効果が分かっていただけると思います。 帰還によって入力インピーダンスは下がるということです。
イメージ 3

終わりです。


.


みんなの更新記事