全体表示

[ リスト ]

TDA1545A 抵抗IV編

まずデータシートを確認します。

イメージ 1

イメージ 2
R3、R4の値により、DACフルスケール電流値が決定されます。
標準的な上図の設定では、IFS=1mA。
R3=R4=11k とすると、IFS=2mA となります。今回は、こちらで対応します。
イメージ 3

LR−DAC出力電圧には制約があります。
イメージ 4
VDD=5Vの場合、DAC出力の電圧は<2〜4V>ということになります。
つまり、信号センター=3Vで、最大振幅=2Vp-pです。
IFS=2mAですから、最大振幅を得るための負荷抵抗値は、1kΩとなります。

DAC出力には、bias電流(ソース電流)が加算されています。標準値、IFS=1mAの場合は以下の通り。
イメージ 5
IFS=2mAになると、I biasも2倍になり、0.714x2=1.428mA
DAC出力電流は、シンク電流で<-2〜0mA> 信号センターで、-1mAです。
従って、信号センターでは(1.428−1=0.428mA) が流出電流として出力されています。

以上を基に、実測も踏まえて決定したのが以下の回路です。
各pinの電圧が約3V、合成負荷抵抗は910Ωです。
イメージ 6
SA9023搭載のDDCとI2S接続して音出しです。
イメージ 7
続きます。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

さくどう親父さん、ナイスありがとうございます!

2017/1/16(月) 午後 0:43 [ Greece7 ] 返信する

顔アイコン

ステレオは自作 さん、ナイスありがとうございます!

2017/1/16(月) 午後 3:47 [ Greece7 ] 返信する

顔アイコン

Chaos さん、ナイスありがとうございます!

2017/1/17(火) 午前 10:03 [ Greece7 ] 返信する

顔アイコン

X _ Under bar さん、ナイスありがとうございます!

2017/1/26(木) 午前 8:51 [ Greece7 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事