邦文堂ブログ

よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 

 市川三郷町国際交流協会では7月31日から8日の間姉妹都市であるアメリカ・アイオワ州・マスカッテーン市に町内の中学生14名を親善使節団として派遣しました。団長は市川三郷町立三珠中学校の塩島萬夫校長先生で、引率は英語教師の丹沢美紀先生。事務局の北川久美子さんです。今回、交流協会の理事長として使節団に①目標を持って訪問。②学習するスタンス。③積極的にチャレンジ。の三つのお願いをしました。
マスカッテーン市はアメリカの中央部に位置し、ミシシッピ河沿岸にあります。人口は18,521人でドイツ・アイルランド系の移民が開拓したところです。保守的な色合いが多く、有色人種はほとんど見られない地域です。「トム・ソーヤの冒険」の原作者マーク・トウエインが一時期住み「私はマスカッテーンの夏の日の出を覚えている。これに匹敵する日の出を一度も見たことはない。」と書いています。また、ケビン・コスナー主演の「フィールド・オブ・ドリームズ」の映画でどこまでも続くトウモロコシ畑と大豆畑はマスカッテーンでロケしました。
 19日に行われた解団式では、塩島団長が「姉妹都市となり今年で20年目、生徒たちの述べ人数がちょうど100人目となった記念の年に団長として訪問したことを喜んでいます。また、生徒たちもアメリカの家庭の一員となるなど、貴重な経験をしました。今後この事が生徒たちの人生を豊かにすることと思います。」と話されました。生徒たちも「ホストファミリーは優しく迎えてくれました。言葉の問題はありましたが、ボディランゲイジで十分交流ができました。」町立六郷中学3年の深沢花香さんは、「私には夢がある。数ヶ国語話せるような人になりたい。今回のホームステイは、その夢の実現を後押しすることでした。私の人生にとって大切な節目となりました。将来マスカッテーン市を再度訪問し、今回のホームステイのお礼を伝えたい。」と報告がありました。引率の先生たちも「滞在中、日に日に子供たちが成長して行くのがわかりました。」「ホストファミリーと積極的に交流し、生徒たちに投げかけた課題も目的を達成された。」と報告がありました。9日間のマスカッテーン使節団は改めて姉妹都市の絆を深めてくれたように思います。来年度は、マスカッテーンからのお客さまをお迎えする年です。両町の友好関係が継続することを祈ります。
 
 
イメージ 2

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事