邦文堂ブログ

よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

つみ木って楽しい「楽つみ木」

十一月七日(水)に富士屋ホテルで山梨総合研究所の十周年式典が行われました。
 そのメッセ会場で木楽舎(荻野雅之)さんが中央に赤いジュータンをひき二万個のつみ木を置いた楽つみ木広場をやっていました。二十人ほどのこどもと大人が塔を熱心に積んでいました。
 楽つみ木は木楽舎のオリジナルなもので、ヒノキの間伐材を使って木目をいかした香りが素敵なものです。三種類あり、長方形の板状(三×十二)と台形(三.六×三×三僉砲販方形(三僉砲塙夫されています。素材を生かしたつみ木は丁寧な仕上げがされていますので、大人の感性を持って緻密でかつ芸術的に積みたてることもでき、特に、荻野さんの手にかかると、こんな形にどうしたらこうなるのと驚くようなとても素敵なオブジェとなります。
 また、楽つみ木は間伐材を使うので日本の森林の再生を図り、地球温暖化にも貢献できます。また、広い空間で無数といえる数のつみ木があることや、時間をたっぷりとって積むので、大作に挑戦でき、崩れたら何回もやり直すため、集中力が養えます。仲間でやれば連帯感も生まれ情操教育にも役立ちます。
 参加者は、思い思いのグループになり、慎重に積んでいます。かわいい女の子と優しそうなおかあさんとが四段までの円柱の塔を注意深くのつみ木を組み合わせています。どちらかといえばお母さんのほうがノリノリです。思わず童心に返るのかも入れません。崩れかけてしまってもすぐに修復して、もくもくと大作に挑んでいる方がいて、思わず「うーん」とうならせる見事な物もあります。
 たくさん作品ができるとそれらをつみ木の帯でつなぎます。一体感ができてまた雰囲気がかわります。
 全員で遠くから眺め、満足感に浸りきると、最後におもむろに荻野さんが、全員にそれぞれの力作のまえに正座するように呼びかけます。「つみ木さんありがとう」「あなたの今までの中で一番のやさしさで包んで崩してください。」と掛け声をかけますと、会場はサラサラというやさしい音が響き、元の姿にもどりました。
 何時までも耳元でサラサラとさわやかな音が響いているようでした。
 










市川大門散歩マップ

http://www.hobundo-c.com/map/map-1.htm

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事