邦文堂ブログ

よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

 
イメージ 1
 
一般財団法人 ハウジング&コミュニティ財団 助成対象財団指定

 5月30.31日に住まいとコミュニティづくりNPO交換会・第2回地域交流会IN高田が、新潟県上越市本町の町屋交流館高田小町で行われました。今回市川マップの会がハウジング&コミュニティ財団の住まいとコミュニティづくり活動助成選考に応募(全国から278グループ)し、1位となりました。活動のテーマは「江戸時代の酒蔵を拠点に地域の歴史文化の情報発信」です。慶応大学のホルへ・アルマザン研究室の学生と共同事業です。
 依田伊祖右衛門酒造所(江戸時代)から依田孝氏へ続き、「旧二葉屋酒造」と続いたお蔵を、みなさんが集えるエリアとして改修をしています。地域を特徴づける建築物がまた一つよみがえるのは楽しみです。
 大学の皆さんが、入口に舞台をデザインし、敷地内に変わった飛び石をいくつも置いたり、蔵の中にもいろいろ工夫があります。
新潟の地域交流会は話題の北陸新幹線で行きました。高田は雁木の続く町並みをガイドして頂き、歴史ある佇まいのお店などを訪ねました。雁木とは、家の前に屋根をつけて雪などが降っても表を歩けるようにしている今のアーケードの用途のものです。各家々で造っていますが高さはそろっています。修復をしている家が多く、千本格子や階段箪笥、格子戸、板戸など大切に使われており、落ち着いた街並みとなっていました。この町には瞽女(盲御前・めくらごぜん)が共同生活していた家もあり、その足跡を伝える展示場所にと古民家を改装しているところもありました。また、NPOで高田世界館という大正時代に作った映画館を改修し、登録文化財の指定になっていました。
 翌日には長岡市の(醸造の町)摂田屋地域をガイドして頂きました。吉乃川と長谷川酒造や味噌・醤油を作っている越のむらさき、星野本店、星六店など見学できました。機那サフラン酒本舗のお蔵や建物の見事さに驚かせられました。特に鏝絵(こてえ)が全面に施されたお蔵は圧巻です。豪商の足跡が伺いしれます。登録文化財の指定になっています。
イメージ 2
 
 
イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事