邦文堂ブログ

よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
『AED』 救える命があります。
 『AEDとあなたの行動で救えるいのちがあります。』弊社では7月27日に山梨県から高度管理医療機器等販売業・貸与業の許可証の認定を取得しました。AEDを取り扱い商品のひとつとして販売をスタートすることとなりました。
日本では年間約7万人が、心臓の異常により心臓突然死で亡くなっているそうです。そのほとんどは、心臓が痙攣して全身に血液を流すポンプ機能を失った「心室細胞」が原因で、唯一の治療法はAEDなどにより電気ショックを与えることです。成功率は時間経過とともに低下するため、その現場に居合わせた人が、AEDによる処理をできる限り早く行うことが重要です。     
AED (Automated External Defibrillator)は、心室細動をおこした心臓に対して電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。)AEDは2004年から一般市民でも取り扱いが可能となりました。公共機関をはじめ、店舗や一般企業でAED設置が急速に進んでいるそうです。導入例は高齢者が働く場所・施設だけではなく、さまざまな場所に設置され始めています。AEDによる「3分以内の処置」が救命の成功率を高めるそうです。しかし、1分1秒を争うその時に肝心のAEDの『耐用年数が切れていた。』もしくは、『バッテリの寿命が切れていた』というようなことのないように日常での機器の点検作業は重要なことになります。
とはいえ、日常の業務をしながらAEDの点検もとなると、とても大変です。弊社で取り扱うAEDにはオプションで点検パックがついていて、ご導入後23ヶ月後・47ヶ月後電源パットの交換サービスなど5年間の保証期間がついています。この機会に設置のご用命をお待ちしています。
 
 成人の心肺蘇生 
倒れている人を発見したら
① 反応の確認
 「大丈夫ですかの声掛け」   
② 応援を呼ぶ お医者様はいるのか?
 AEDの準備・119番への連絡
③ 胸と腹部の動きを10秒以内で確認 
④ 少なくとも100回/分のリズムで胸の真ん中を5㎝ほど沈むよう心臓マッサージ
⑤ AEDが来たら電源ONに
⑥ 電極パットを貼る
⑦ 通電・・・・・ショックが不要な時は電気が流れません。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事