邦文堂ブログ

よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「身延山という霊場」 
身延山大学 望月真澄先生
 6月20日に市川三郷町国際交流協会(会長一瀬茂)の基調講演会で「身延山という霊場」と題して、身延山大学仏教学部長 望月真澄先生が講演されました。国際交流協会では隔年マスカティーンからのホームスティに来たゲストをホストの方も同行し身延山に見学に連れて行っていることから身延山について学び、理解しようと企画されました。
 先生はまず日蓮さんは何年身延に住まわれていたのかと参加者の皆さんに質問しました。残念ながら会場の皆さんの答えはまちまちです、答えは約9年だったようです。
 日本仏教の各宗派に存在する聖地は、天台宗では比叡山延暦寺。真言宗では高野山金剛峯寺。日蓮宗では身延山久遠寺ですと紹介されました。それを聞いて日蓮宗の聖地が山梨の峡南地域にあるのだと改めて認識しました。身延山の霊地は、棲神開祖師堂・日蓮聖人廟所です。私はまずは本堂をと、お詣りしていましたが、これからは祖師堂にも時間をかけお詣りしなくてはと思いました。身延山の代表的な行事は、お正月に新年祝祷会、御年頭会。お相撲さんが来る節分。6月17日に日蓮さんが身延に入られたことを祝う御入山会。10月11〜13日たくさんの花で飾られたお万灯やまといが威勢よく飛び交うお会式。10月25日円師会(開基檀越南部実長命日)だそうです。
 多くの信者さんや見物客でにぎわいます。また、霊場身延山の区域は9つあり、総門域・三門域・御廟所域・本堂域・東谷域・西谷域・上の山域・奥の院域・七面山に分けられています。七面山は早川町ですが、頂上部分は身延山の飛び地になっているそうです。東谷域・西谷域は多くの坊があり白装束の方の姿がよく見受けられ、霊山であることが実感できます。本堂の下にある宝物館に江戸時代の屏風絵がありますが、上の山域には多くのお堂があったようで五重の塔も建っています。現在の久遠寺も立派ですが、江戸時代の信仰の篤さがうかがわれるものになっています。今は整備され、奥の院にはロープウェイで行けますし、三門から、長い急な石段を登らなくても、西谷から本堂や五重の塔に行けるエレベーターがあり、お年寄りでも苦労なくお詣りできるのはありがたいことです。尚、身延山病院。身延山大学も久遠寺が経営母体となっているそうです。
 身延山のしだれ桜の時のにぎわいが有名ですが、私も何回も訪ねていますが、主な行事の中で節分と円師会をお詣りしていないのに気づきました。今度は忘れずに訪れたいと思いました。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事