豊洲のできごと

豊洲周辺のできごとと食べ歩き日記(笑)

そうだ 京都、行こう。

紅葉の京都を歩いてきました。
素晴らしかったです。
11/25
「天龍寺」
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
「常寂光寺」
イメージ 5
 
イメージ 6
「金閣 鹿苑寺」
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
「南禅寺」
イメージ 10
「永観堂 禅林寺」夜の特別拝観
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
11/26
「東福寺 通天橋」
イメージ 14
 
イメージ 20
イメージ 15
 
イメージ 16
「平等院 鳳凰堂」
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

小笠原旅行記

小笠原諸島父島へ行ってきました。
船&宿を予約したのは約2ヶ月前。
予約後しばらくたってから世界遺産登録決定!
タイミングばっちりでした。

竹芝から「おがさわら丸」10時出港
イメージ 63
行きは特1等が取れたので贅沢に個室。
値段は2等の2.2倍なので帰りは2等です。(苦笑)
イメージ 1
父島までは25時間30分
イメージ 64
昼食はレストランで「島塩ラーメン」
なかなか美味しかったです。
イメージ 66
夕食はレストランで「おが丸風島塩ステーキ」
イメージ 67
レストランのメニューはいろいろあります。 
イメージ 69
 
イメージ 68
翌朝起きると海は真っ青
イメージ 70
11時30分、父島二見港に到着。
イメージ 71
迎えに来ていた宿の方に荷物を預け、昼食&午後半日島内ツアーへ。
昼食は、お寿司やさんで島ずし。
わさびではなく和がらしがはさんであります。 
イメージ 72
午後半日島内ツアーは、車で名所を回ってくれます。
まずは三日月山の「ウェザーステーション」へ
物凄い見晴らし。冬だと鯨が見えるそうです。
イメージ 7
その後メインの「東平アカガシラカラスバトサンクチュアリ」へ
固有種絶滅危惧種のアカガシラカラスバトの保護地域です。
島外から持ち込まれたネコやヤギにやられ今は40羽から60羽ぐらいしかいないそうです。
保護地域はネットで覆われ、ネコ・野ヤギの侵入を防いでいます。 
イメージ 73
 
イメージ 65
森林生態系保護地域を見学するには林野庁の許可を受けたガイド同行が必要です。
外来種の進入を防ぐため入り口で、コロコロで服に付いた種子をとりブラシで靴の泥を落とし、靴の裏にお酢をスプレーして、カタツムリを食べるプラナリアの侵入を防ぎます。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、何人立ち入りしたかも調査しています。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


森の中では「タコノキ」、「マルハチ」などの固有種は見れましたが「アカガシラカラスバト」には出会えませんでした。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 




その後いくつか名所をまわってから宿まで送ってもらいました。
 
VERAプロジェクトに参加している電波望遠鏡 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
滞在中お世話になったのは扇浦の「オレンジハウス」さん 
イメージ 14
 
2日めは、山のツアー。
当初、千尋岩(ハートロック)へのトレッキングを予定していましたが前日夜の雨の為、一部崩落の危険があるとのことで、朝急遽中山峠経由でジョンビーチまでのトレッキングへ変更となりました。
ジョンビーチは2時間半歩くか、カヤックでないといけないビーチです。
小港海岸に車を停めてトレッキングスタート。
中山峠からの展望は素晴らしかったです。
コペペ海岸&小港海岸
イメージ 9
ブタ海岸&南島
イメージ 10
約3時間ほどでジョンビーチへ到着。
とても綺麗なビーチです。
イメージ 11
 
イメージ 12
ここでお昼を食べてから行き来た道を戻ります。
約9.6Kmのお散歩となりました。
ルートはこちら→ヤマレコ
 
宿に戻ってからまだ明るかったので目の前の扇浦海岸で泳ぐことに。
20年ぶりぐらいに海で泳ぎました。
初シュノーケリングの練習。
 
夕飯は宿でお刺身など。
お決まりの海亀の煮付けもでました。
イメージ 13
肉はまあまあだったけど内臓は・・・でした。(苦笑)
 
3日めの昼間はフリー。
宿の方にコペペ海岸と境浦へ連れて行ってもらいました。
ビーチのハシゴ(笑)
コペペ海岸はサンゴ礁が綺麗。
イメージ 17
魚もいっぱい。
初シュノーケリングでこんなにいっぱい魚を見れるなんて感動
デジカメの防水パックを買ったかいがあります。 
イメージ 15
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
イメージ 20
 
イメージ 21
 
イメージ 22
 
イメージ 23
 
イメージ 24
 
イメージ 16
 
境浦は戦争で沈没した船の周りに魚がいっぱい
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 37

ロクセンスズメダイに囲まれました。
イメージ 42
数え切れないほどの魚です。
イメージ 43
 
イメージ 44
 
イメージ 45
 
イメージ 46
 
イメージ 47
大満足
 
夜はナイトツアーに参加。
まずは固有種のオガサワラオオコウモリの観察
デカイです。
その後小港海岸でカニと夜光虫と星空観察。 
イメージ 48
満天の星空で、天の川も綺麗。
人工衛星も3つ確認。
最後にグリーンペペという緑に光るきのこを鑑賞して終了。
 
4日め最終日は午前中に南島上陸&ドルフィンスイムのツアーへ参加。
出港そうそう、波が高くて南島は上陸不可とのこと。(泣)
イメージ 27
でもすぐにイルカ発見との連絡あり。
初めてイルカと泳ぎました。感動!!
イメージ 28
 
イメージ 29
 
イメージ 30
 
イメージ 31
 
イメージ 32
 
イメージ 33
子連れイルカとのドルフィンスイムとなりました。
 
その後は兄島海域公園でシュノーケリング。
昨日とは違う魚をいっぱい見れました。
イメージ 34
 
イメージ 35
 
イメージ 36
 
イメージ 38
 
イメージ 39
 
イメージ 40
 
12時に港へ戻り水着のまま船客待合所で帰りの船のチケットを引き換えます。
先着200人ぐらいは窓のあるレストランと同じ階に寝ることができます。
チケットを引き換え列に荷物を置き、交代で着替えと買出しに行きました。
13時20分乗船開始。
イメージ 41
おかげで、寝床は14番・15番ととても良い位置をキープできました。
 
出港は14時
島民のみなさんが盛大に「いってらっしゃい」と見送ってくれました。 
イメージ 49
 
イメージ 50
 
イメージ 55
多くの船が併走し、最後には海にダイブして見送ってくれました。
イメージ 56
感動です。また帰ってきたくなります。
 
ここからまた25時間30分の船旅。
行きに出遅れて取れなかった操舵室見学ツアーを即並んで予約。
 
日没は時間を間違えて見れず。
日出はばっちり。
イメージ 57
 
操舵室見学ツアーも堪能しました。
イメージ 58
 
イメージ 59
 
イメージ 60
 
イメージ 61
 
イメージ 62
 
イメージ 51
 
イメージ 52
 
最後のお昼は甲板でカップヌードル&生ビール
うまかったぁ。
イメージ 53
 
東京湾に入ると海の色にがっかり
イメージ 54
川崎沖までは晴れていたのが、入港直前から雷雨。
雷雨のため下船口変更でバタバタしながら下船。
 
以上、5泊6日のとても充実した旅となりました。
今回千尋岩・南島・母島に行けませんでした。また小笠原行きたいです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イエローナイフまで5日間のオーロラ鑑賞ツア−に行ってきました。
オーロラ鑑賞のチャンスは3晩。
98%以上の確立で見れるそうです。
水曜日15時に退勤し、成田空港へ。
17:00にチェックインし、19:00にエアカナダで出発。
最近の飛行機はUSB充電端子やACコンセントがあるんですね。
エネループ買う必要なかったです。
イメージ 1

9時間ちょっとかかってバンクーバー空港へ。
ここで国内線へ乗り換え。
イメージ 2
 
イエローナイフ行きの飛行機は50人乗りの小さい機体。
客室乗務員も1人だけでした。
約3時間飛んでイエローナイフへ。
空港は飛行機から直接おりて歩いて建物へ。
徒歩2分ほどですがめちゃくちゃ寒かったです。
イメージ 3
イエローナイフ空港の荷物受け取り場所では白熊がお出迎え。
イメージ 4
 
すぐにツアーのバスへ乗ってホテルへ。
空港からホテルまで5分位。
とても近くて楽チンです。
ホテルに着いて荷物を整理するとすぐにオーロラ鑑賞の時間。
送迎バスで30分ほどの鑑賞施設のオーロラビレッジに向かいました。
21:00に施設到着。
鑑賞1日めは曇り空。
星も全く見えません。
気温はマイナス22度と暖かめ。(苦笑)
カメラの動作テストや手袋をしての操作練習で終わりました。
以下の写真は「ティーピー」といって先住民の住居を模した休憩所。
ストーブがあって気温も0度ぐらいで暖かいです。
イメージ 5
24:30まで待ちましたが雲は晴れそうもなかったので延長はせずにホテルへ帰りました。
 
2日めの昼間はイエローナイフ観光。
でもほとんど観光できるところはありません。
昼間は気温マイナス17度暖かいようです。
イメージ 6
お昼は世界最北にあるケンタッキーへ(笑)
イメージ 7
ドリンクがでかいです。
イメージ 8
昼食後は国防省の前を通って博物館へ。
イメージ 9
白熊の食べてるものがリアル (苦笑)
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
その後スーパーで買い物し、ホテル隣のショッピングモールへ。
夕方になるとちょっと冷え込んできました。
イメージ 13
ショッピングーモールは寂れてます。閉店時間も早いです。
スーパーで夜食用のインスタントラーメンを購入
カップヌードルは売ってなくサッポロ一番をあちこちでみかけました。
イメージ 15
 
夕飯はステーキ。つけあわせは芋芋芋。お腹いっぱい。
イメージ 14
 
深夜から晴れるとの予報に期待しオーロラビレッジへ。
気温はマイナス28度。
バナナで釘が打てました。
到着時は雲が多かったですが次第に晴れてきました。
24:30までの鑑賞時間を26:00までに延長。
24:20頃からうっすらとオーロラが見え始めました。
イメージ 16
25時頃から強くなり渦を巻いたり何本にも分かれたり。
初めてのオーロラ感動です。
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
イメージ 20
 
イメージ 21
 
イメージ 22
 
イメージ 23
 
イメージ 24
 
イメージ 25
 
写真だと緑に見えますが、肉眼では白い雲のように見えます。
特に空気中の水分が多いと白く見えるようです。
それでも感動!!
マイナス28度の中、延々と写真を撮ってました。
 
3日めは朝から快晴。
犬ゾリ体験を申し込んだ為、昼過ぎにオーロラビレッジへ。
昼間のオーロラビレッジはとても気持ちよかったです。
イメージ 27
 
イメージ 28
 
昼間でもマイナス27度。
期間中写真の防寒場を借りた為そんなに寒くないです。
イメージ 26
 
初めての犬ぞり体験。
イメージ 29
 
イメージ 30
上り坂だとスピードも落ちます。
思わずがんばれーと声かけてました。(笑)
 
犬ぞりの後はマシュマロ焼きなどしながらおしゃべり。
イメージ 31

下の写真はオーロラこたつ。
夜、借りると暖かくオーロラ鑑賞が可能です。
イメージ 32
 
日も傾き昼間のアクティビティも終了。いったんホテルへ戻ります。
イメージ 33
夕飯はベトナム料理のお店で米麺のどんぶり。
なかなか美味しかったぁ。
イメージ 34
 
冷えてきてマイナス30度
イメージ 35
再度夜オーロラビレッジへ。
着くと満天の星空。
2日目よりもの凄くクリアです。
6等星まで見えてるんじゃないかというほど星がいっぱい。
気温はマイナス38度
22時頃からオーロラ発生。
肉眼でも緑っぽく見えます。
動いてます!!
さらに感動!!
イメージ 36
 
イメージ 37
 
イメージ 38
 
イメージ 39
 
イメージ 40
 
イメージ 41
 
イメージ 42
 
イメージ 43
 
イメージ 44
オーロラがあちこちで踊ります。
神秘的なオーロラ。感動しっぱなし。

デジカメ撮影データは以下のとおり。
SONY NEX-5 E16mm
ISO1600 F2.8 シャッタースピード7秒から15秒程度
ホワイトバランス オート
液晶破損・バッテリー保護の為、桐灰カイロ使用
 
26時まで延長して堪能しました。
AM3時にホテルへ帰宅。
3晩のうち2晩も見れてとっても良かったです。
街中なのにマイナス37度。(苦笑)
イメージ 45
翌朝7時には日本に向けて出発。
結局徹夜でした。眠かった。
 
イエローナイフ空港では、また歩いて飛行機へ。
風も強く寒い!!
イメージ 46

3時間ほどでバンクーバー空港へ。
イメージ 47
10時間ちょっと飛んで成田空港へ。
7時間は爆睡しました。
 
こうして5日間のオーロラ鑑賞ツアー終了しました。
オーロラ鑑賞施設では日本語通じるしイエローナイフお勧めです。

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事