府中緊急派遣村

突然の解雇、退職強要、名ばかり管理職、サービス残業、生活保護申請、生活相談など、お気軽にご相談ください。

活動報告

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

7月16日
 5月の田植え以来2ヶ月ぶりの福島です。16日、直行バスで夜9時半に南相馬原町に到着。参加者はマッサージ師が須永さんと森さん。スタッフは横田さん。作業は臼井さん、東海林さん、吉田さん。バス停に原町社会福祉協議会のOさんが出迎えてくれ現地でお借りするAさんの父上の車を用意していただく。
 支援初日17日は、午前中が飯舘村の特養ホームにマッサージ支援。11人を施術。作業は原町社会福祉協議会の手伝いで伐採した草木の処分。
 マッサージの午後は、終了したはずの仮設住宅にいまだにお住まいの方への支援。先ず原ノ町駅に今朝新幹線で仙台経由で合流する阿部さんを迎える。道の駅で昼食後、道一本先の高見第一仮設(60戸)集会所に行く。この仮設は既に閉鎖されている隣りの高見第二仮設住宅(24戸)と共に8年間で幾度となくマッサージ支援に訪れたところ。既に今年の3月で仮設住宅供給は中止されたが高見第一には現在も7戸にお住まいの方が居る。マッサージを受けた方は来週に転居するというが新居も永くは居られないらしい。活動風景は民宿にスマホを忘れたため別便にて横田さん撮影写真を送ります。松野

■7月17日午前 いいたてほーむ
イメージ 1

■17日午後 高見第一仮設住宅
イメージ 2

■高見第一仮設集会所マッサージ
イメージ 3

■17日午後3時半から 原町牛越仮設住宅集会所マッサージ支援
イメージ 5

イメージ 4
高見です。
7月5日のパルパン配布の報告をします。
当日は、梅雨寒? 雨がないだけまし!といえますか‼️
ただ、寒くなったり蒸し暑くなったりでは、体調を崩しがちです。それだけが心配。

◎河川敷4名。是政橋〜南武線上流。配布スタッフ4名。
●配布物。パルパン、ジャム、小袋入りアルファ米、スナック菓子、凍ったペットボトル、蚊取り線香ジャンボサイズ50巻き
●皆さん、体調崩さず元気に過ごしていました。

◎生活困窮家庭。13家族43名。配布スタッフ3名。
●配布物。パルパン、スナック菓子、ハイチュウなどのお菓子各種。お米
●お米は、福島南相馬の農家(南相馬市鹿島区社会福祉協議会所長のご実家)から、田植え支援のお礼、派遣村誕生10周年お祝いで頂いたお米です。
●中学生のいるご家庭では大変喜ばれました。食べ盛りですので、5kgなど1週間も持たない!助かります‼️との事でした。
●今回、直前で「フードバンク狛江、かわさき」「シェアマインド多摩」から頂いた食料をタイミング良く配布する事が出来ました‼️

◎「あおば」は、お休み。

◎国立青柳中洲2名。当日、いつものようにO花さんが受け取りに来ました。仙人はお元気なようです。

◎6/28金曜日、久しぶりに四谷橋に行きました。M本さん、M野さん共にお元気でした。帰り際、M本さんから、自分の畑で採れたタマネギ、ジャガイモを頂きました。多摩コムにもあげたそうです。こういう交流話しは欲しいですね‼️

◎写真説明
①6/28、M本さんから頂いたタマネギとジャガイモ。7/5にフレンドリーに手渡し、早速届けられました。
②蚊取り線香が欲しかったと小泉さん。他の3人の方も買おうかなと思っていたと喜んでいました‼️
イメージ 1

イメージ 2

高見です。
6月21日のパルパン配付の報告を致します。
梅雨時の蒸し暑さが不快感を増幅します。ただ私は、電チャリのおかげで颯爽とした走りで風を切り心地よさを感じました。
翌日の6月22日、府中緊急派遣村は「活動開始10周年」の食事会、総会、交流会、を持ちました‼️
60名近くの方が駆け付けて頂き、それぞれの関わり、近況報告などを述べられました。
皆で、牛丼、カレー、野菜汁を作り、いっしょに、食し、楽しい時間を過ごしました。

◎河川敷4名。配布スタッフ4名。
●配布物。パルパン、ジャム、小袋入りアルファ米、缶入りビスケット、レトルト具剤、メントス、凍ったペットボトル、麦茶
●6/22交流会へのお誘い
●今日は、蒸していたので冷たい麦茶は好評でした。
●昨年の増水でクーラーボックスが流された方がいます。これからの季節には大変重宝するものです 。
もし、どなたか余っているかたがいらっしゃればカンパして頂ければ助かります‼️

◎生活困窮家庭、13家族42名。配付スタッフ3名。
●配布物。パルパン、ストロベリーキャラメルコーン、レトルト具剤、「えるぶ」のクッキー

◎「あおば」。児童養護施設、自立支援施設、母子家庭

◎国立青柳中洲。2名。

◎写真説明
①クッキーを届けに来た「えるぶ」とフレンドリーの筒井さん
②6/22交流会
③村の電チャリ。後には、折り畳みのコンテナ
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

6月7日のパルパン配付の報告をします。
当日朝から小雨傾向。降雨量が心配で雨具を準備している二人が河川敷へ。残り3名は、派遣村通信発送備。
今日は、?パルブレッドの社長さんが仕分け作業の確認、見学。受け取る河川敷の方や困窮家庭の実情を簡単に説明し感謝及びお礼をしました。

◎河川敷4名。配付スタッフ2名。10時30分頃出発しましたが雨脚が強くなり、河川敷に着く頃には、一段と強くなって来ました!
●配付物。当初予定より配付種類を減らし、パルパン、ジャム、缶入りビスケット、小袋入りアルファ米
●住人は喜んでいました。雨が強いので、来ないかと思ったとか、帰りは注意て下さいとかの会話。
●南武線上流のTさん、鉄橋下で待ってくれていまた。心配だったのでしょう。
●A斉さん、川崎にアルミ缶を売っていますが、5円下がりキロ95円と嘆いていました。

◎生活困窮家庭。13家族42名。配付スタッフ3名。
●配付物。パルパンとお米

◎「あおば」今回は休み

◎国立青柳中洲。2名。当日、O花さんがいつものように来村。O無の分を含め、アルファ米、缶入りパン等を手渡しました。
仙人ことO無さん、この頃痩せて来たそうです。心配していました。
配付当日、やっと5月らしい気候となり、堤防を走るのも心地好いものでした。
河川沿いにあるテントや小屋は木々の葉に隠れるようになり、住人がひっそりと生活している感を受けます。

◎河川敷。是政橋~南武線上流4名。配付スタッフ4名。
●配付物。パルパン、ジャム、缶詰、スナック菓子、凍ったペットボトル。
●凍ったペットボトルを手渡した時、「ああ、もうこんな季節なんだね!」と話しが弾みました。
●皆、変わりなく冬を越し春を迎えることが出来ましたが、話題はこれからの台風による河川増水や暑さでした。
尚、5/4の雷雨、雹の被害は無かったそうでした。

◎生活困窮家庭。13家族40名。「大人17名、18歳以上1名、高5名、中5名、小11名、幼1名」。配付スタッフ、4名。
●配付物、パルパン、お米、「えるぶ」の手作りクッキー
●配付パンの中に初めての物があり、味等で話が盛り上がりました。お米は本当に有難い、助かるとの事。また、子ども達はクッキーを楽しみにしているとの事でした。

◎「あおば」。児童養護施設2ヵ所、母子家庭に届けました。

◎国立青柳中洲。2名。いつものように、住人のO花さんが食料を引き取りに来ました。
●小袋入りアルファ米、缶詰、スナック菓子、缶入りパン。
●仙人ことO無も元気との事。

◎写真説明
●クッキーを届けに来た「えるぶ」の皆さんと受け取ったフレンドリーの前田さん
イメージ 1

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事