飯田橋RAMLA出展最終日

イメージ 1
 
 
 
最後のお客さまは ご年配の女性でした
腰が曲がっていらして 視線がちょうどディスプレイの高さ
 
イヤリングを探して 丁寧にご覧下さいます
「アクセサリーがお好きなんですか。」と お聞きしたら
「好きなのよ。この歳になってもやめられないの。」と
笑っておっしゃいました
 
PEACE & BEADS もです
アクセサリーが大好きで
この活動を 決してやめることができません

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

飯田橋RAMLA出展最終日

イメージ 1
 
 
 
PEACE & BEADS 活動を始めてから
孤独が消えました
 
好きなこと 集中できるものをもつと
暇な時間や無駄な考えはなくなり
人間は強くなるのだ と当初は思っていました
 
これは間違いです
 
PEACE & BEADS 活動は 自分自身の才能や技量
もっといえば人間性 これらの底の浅さを知り 認めた上で
これが実力ですと 皆さまに正直にお見せする作業でした
 
それは恐かったし 勇気がいったこともあるけれど
それでも出会った皆さまに受け入れられた喜びを知ったから
孤独が消えたのだ と今は思います
 
この10年間の活動を振り返った時
真っ先に浮かんだのは 貴女の笑顔
あの方 この方を心に映し
最後に浮かんだのも 貴女の笑顔でした

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

飯田橋RAMLA出展最終日

イメージ 1
 
 
 
当時はビックサイトで 手作りの大型イベントがあり
貴女とはそこで出会いましたね
 
その後 飯田橋RAMLAに訪ねて下さった時は
本当に驚いたし 嬉しかったです
 
しばらくして 貴女も作家さんだと知り
他のイベントでブースを並べて出展したこともありました
 
お互いに忙しくて 会えない年もあったりするのに
その年月は 気持ちがつながったまま流れているから
再会した時は ずっと一緒だったように感じる妹のような存在
 
贈られた花束は ディスプレイに飾らせていただきました
貴女のかわりとなって 
PEACE & BEADS の出展を最後まで見届けてくれましたよ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

飯田橋RAMLA出展最終日

イメージ 1
 
 
 
この区切りの時 貴女に出会えてよかった
 
終わりがあれば 始まりがあり
新たな出発には 相当の原動力が必要です
 
これを今回 貴女からいただきました
 
PEACE & BEADS には まだ出会うべき人がいる
そう思わせてくれたから
 
本当にありがとう
 
そして今回お求めいただいた作品の名前は【storia】
イタリア語で物語の意味です
 
貴女と PEACE & BEADS の物語は まだ始まったばかり
これから続くご縁だと信じています

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

飯田橋RAMLA出展最終日

イメージ 1
 
 
店頭に飾られていたのはピアス
 
彼女は前を通り過ぎようとされていましたが
「これのイヤリングがあれば下さい。」と
それをお渡しするまでトータル3分くらいのやり取りでした
 
きっとこの小さなアクセサリーショップのことなど
すぐに忘れておしまいでしょう
 
それでいいんです
だって貴女の耳元で PEACE & BEADS が活躍する時は
必ずあるのだから
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事