全体表示

[ リスト ]

ESLとあーたん

イメージ 1

ノースカロライナにやってきて7ヵ月が過ぎようとしています。
「約半年かぁ〜」
早いようで、長いようで…

道も近所なら分かるようになってきたし、
半年でいろいろわかるようになってきました。

でも、やっぱりわからないのは『英語』
英語は本当にさっぱーり上達しません   ウ・・ (-ω-`;。)


というわけで今年もESLへ通うことにしました♪
(先週は両親訪米で欠席していましたが)

ESL,さゆの語学のなさが恥ずかしくって心配もありますが、
一番の心配は、あーたん、なのです。

前回のときはナーサリーに入ろうともせず、
行く前からぐずぐずして、結局ママと一緒にお勉強、だったのです。
「いいこにする!」とは言うものの、やっぱりごそごそしちゃうし、
お勉強の邪魔になってしまいます。

なので今回は心を鬼にして、ナーサリーに置いていくことにしました。

1日目はあーたん、
「幼稚園に行く!」「ひとりで行ける」とやる気満々。
(ナーサリーを幼稚園とあーたんは呼んでます)
たぶん、同じ2歳児さんがほとんどプレスクールに通うになって
その話題が耳に入ったのか
自分も行くっていう気になったんだと思われる…

緊張した面持ちで、ナーサリーに入り、緊張した面持ちで
同じ日本人のお姉ちゃんたちといすに座りました。
(前回ちょっと顔見知りだったお姉ちゃんがいたのでちょっと安心しました)
そこでさゆはささっと教室へ移動。

さゆは勉強の時間。
やっぱり集中できる〜♪と思った束の間、泣き声が近づいています。
たくさんいるお子さんの中でも、自分の子の泣き声ってなぜかわかるんです。
やっぱりあーたんでした(^^;

1日目はあーたんと一緒にお勉強。でした。

そして2日目。
ぐずぐずしてナーサリーのドアの前に来た瞬間泣きだすあーたんを無理やり
部屋へ入れ、
さぁ、どのタイミングで教室へ行こうかと思ったら
お姉ちゃんが「おいで〜」とあーたんを呼んでくれました。
なんとかごまかし、隙をみて教室へ走るさゆ…

今回はあーたんが連れてこられることもなく、
授業が終わりました。
充実した感じで
さてさて…どうなってるかな?と思いお迎えに行くと。

お姉ちゃんに抱っこされ、あーたん…
大泣き真っ最中でした(´Д`;)
1時間半ずっと泣いてたの〜?!

ナーサリーのおばあちゃん先生は「このお姉ちゃんはとっても助けてくれた」と言ってました。
お姉ちゃんも小学校にあがったくらいなのに、
ありがとう!
「ずーっと泣いていたよ」っていうお姉ちゃんに
「ありがとうね、大変だったでしょう?」
って聞くと「大丈夫だよ、最初はみんな泣くからね〜」
みたいな感じでさらっと言ってくれたお姉ちゃんがかっこよかったです!

あーたんは普段そんなに泣く子じゃないんだけど
その変わり、いったん泣くと半端ない感じで泣きます。
もうひとり、あーたんより小さい子も泣いてましたが、
「ママ〜(ぐすぐす)」みたいな感じなんです。
でもあーたんは「ママーーーーーーー!!!!」
「なんとかなんとかーーーーーーー!!」
と言葉がしゃべれる分何か言っては叫んでる感じデス。
うるさいんです。
(なのでおばあちゃん先生だとお手上げで連れてきちゃうんだとおもいます)

他の子たちはきょとんっていう顔でお部屋で待ってるのに〜
あーたん、頼むよ〜

さてさてあーたん、
しがみついては泣いて、帰るまでが大変です(><)
なんとかなだめ、チャイルドシートにのせ、やっと帰宅。

帰宅後も、
そして思い出したように「もうあーたん幼稚園いかない!」
「ママと勉強する!」
「いい子でいる!」と言ってはぐずぐずして泣いて…の繰り返しです。

うーーーーーーむ・・・

でも心を鬼にしてナーサリーに預けるもん。
とさゆも自分と戦ってます。

閉じる コメント(5)

あーたんはがんばったんですよね。
でも心を鬼にして やはり預けたほうがいいと思います。それぞれの場所があるってことで ママは難しいお勉強を大人だけでするから 本当はあーたんと幼稚園で遊びたいけど我慢しているんだよ とか…。どんなことがあったか教えてね とか 午後は一緒に遊ぼうとか…。

2008/9/25(木) 午後 9:21 ぽおぷ61

今日も朝からぐずぐず、戸の前から進まない、部屋に入ると大泣き、でしたがお姉ちゃんを見るなり泣いて抱きついていました(^^;
そしてお迎えに行くと泣きながらお姉ちゃんの隣で
クッキーを食べてました。
さてさて来週からお姉ちゃんは学校が始まるみたいでいません。
どうしたものか…まだまだ不安がいっぱいです。。。
ぽおぷさんの案をいろいろ試してみますね!

2008/9/26(金) 午前 1:57 shusyua

顔アイコン

こんにちは。ESLのナーサリー、私もいくつかの英語のクラスに行きましたが、次男が苦手なナーサリーがやはりありました。
大丈夫だったナーサリーは、やはり仲のいい日本人の子がいたから、離れても平気だったみたいです。
そのナーサリーで仲のいい子を作って、その子と遊べるのを楽しみにしてくれるといいね。
ママは勉強したいし、子供がすんなりナーサリーに行ってくれると助かるけれど、なかなかそうでないとお互いストレスだよね。
あーたん、さゆママもがんばってね。

2008/9/26(金) 午後 10:56 spr**g2007n*

毎日、思い出したかのようにぐずぐずされると
本当、ストレスになります(><)
結構ESLは入れ替わりが激しいので、特定な子っていうのが難しい感じなのがちょっと大変かもですが、日本人は結構多いので
あーたんも早くそれに気づいてほしいな(笑)
それにおもちゃがいっぱいあるし、早くおもちゃの方に目が向いてほしいです…

2008/9/28(日) 午後 8:52 shusyua

顔アイコン

こんにちは。大変でしたね…そろそろ慣れてきましたか?

2008/10/4(土) 午後 2:47 [ すなべしょう ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事