自然のなかをゆったり散歩と詩と本のはなし

そしてまた季節は移ろい さまざまな想い出だけが通りすぎて行く ・・・

全体表示

[ リスト ]

 
 < 酒田の豪商・本間家旧本邸 >
 
  〜本間様には及びはせぬが、せめてなりたや殿さまに・・・・〜
 
 
イメージ 1
本間家旧本邸入り口門
 
 
イメージ 6
旧本邸を囲む長土塀
 
 
 
イメージ 2
旧本邸の玄関口
 
江戸時代、出羽国最大の河川・最上川の流れが日本海に注ぐ河口・酒田は日本海側西廻り航路の北前船の拠点として栄えたそうです。
 
荘内藩主酒井家の信望篤い本間家は千石船による商いのかたわら、土地改良・水利事業等にて農業振興にも注力したため最盛期には田地が三千町歩を超え、小作人も 2800名余もいたそうです。
 
本間家旧本邸は、荘内藩への幕府巡見使一行の本陣宿として建築されたため、二千石の旗本の格式を備えた武家屋敷造りと普段の生活を営む商家造りが一体となった建物群となっていて 総部屋数は22室もあって全国的にも例をみない様式だそうです。
 
全国的にも最大規模の豪商本間家も終戦直後の農地解放により大半の田畑を手放して 危機存亡に追い込まれたのですが 代々の当主や:経営陣の叡知により危機を乗り越えてきました。また旧本邸は昭和の酒田大火の惨事からも免がれ いまも往時の威容が偲ばれます。
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 7

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事