全体表示

[ リスト ]

イメージ 1イメージ 2
行天宮の側にある創業36年の食べ放題のお店。
1メートル以上ある特別な鉄製の上で豪快に炒めるモンゴリアンBBQが特に人気です。

イメージ 3
店内は年期の入った作りです。
ベビーチェアーあります。

平日ランチ(月から金)のモンゴリアンBBQと酸菜白肉鍋は360元
平日ディナー、休日ランチとディナーのモンゴリアンBBQと酸菜白肉鍋は500元
確認はしていませんが、モンゴリアンBBQか酸菜白肉鍋のどちらかだけを食べ放題にすることはできないようです。
アルコールもいろいろあるようです。



平日のランチの時間に利用しました。8割ほど入っていました。午後1時半を過ぎてもお客さんが入ってきます。
2人で利用しました。


席に案内されると同時にどの肉にするか聞かれます。豚、牛、羊の3種類。全部と伝えてもいいですし、食べられない肉があれば
そう伝えます。
酸菜白肉鍋を用意するので、先にモンゴリアンBBQを取ってきてくださいと言われたのでそうしました。

イメージ 4イメージ 5
イメージ 6イメージ 7
モンゴリアンBBQはまず手前にあるこの器を取ります。
まずは肉を器に盛ります。お肉は5種類。鶏肉、鹿肉、豚肉、羊肉、牛肉です。
そして野菜も盛ります。
最後はソースです。全部で9種類。
分からない場合はとりあえず全部使った方が高熱の鉄板で炒めた時に乾きすぎないのでいいと思います。
中国語では何をどれだけ入れたらいいのか書いてあるので、参考にするといいと思います。

イメージ 8
全部終えたらこのように鉄板の前のカウンターに並べておきます。
みなさん山盛りですね!

イメージ 9イメージ 10
こちら鉄板で豪快に炒めてくれます。
炒め終わるとまたカウンターに戻されるので、自分の器から目を離さないようにしてください。
イメージ 11イメージ 12
左は私が食べました。鹿肉を選びました。タレを控えめにいれたので、全体的に乾いている感じでした。

イメージ 13イメージ 14
席に戻ってきたら、すでに酸菜白肉鍋がセッティングがされていました。
お肉は3種類全部にしました。
食べ終わればおかわりできます。個人的に酸菜白肉鍋には白肉(豚肉)が合うと思います。
写真一番手前の肉です。

イメージ 15イメージ 16
酸菜白肉鍋で使うつけダレは自分で取りに行きます。テーブルに準備してあるお碗を持っていきましょう。
胡麻ペーストを中心に作りました。

イメージ 17
鍋に入れる酸菜
あまり酸味はないです。

イメージ 18イメージ 19
芝麻小燒餅
これにモンゴリアンBBQを入れて食べるのが通の食べ方だそうです。

イメージ 20イメージ 21
イメージ 22
サラダ、食後のデザートも食べ放題です。

イメージ 23イメージ 24
仙草とかきごおりにしてトッピングを加えて食べました。



サービスはいいと思います。お茶やお肉のおかわりもすぐに持ってきてくれました。
平日でも夜は混みます。予約をお勧めします。
MRT行天宮站から目と鼻の先です。

お会計396元(平日ランチの大人1人分の値段)   日本円約1188円


台北市松江路283號2F
02-2505-1029、02-2502-6762
http://www.tangkung.htm.tw/





この記事に


.


みんなの更新記事