ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

ABEは「圧力、圧力、対話はしない」と言っていて、昨日(612日)の金&DTの会談をどう評価するのだろう。これぞ「外交」という演出ではあるが、対話のスタートラインに立った二人には、合意した包括的な「朝鮮半島の非核化」を軍事力によらずに進めていくという、気概を感じた。DTも金もウィンウィンのやり取りができたようだ、今さらちゃぶ台返しはできないだろう。DTをうまく誘い込んで仕留めたという感じだ。極東の小国が、米国に圧力を加え続けたにもかかわらず、生き残っていく「姿」にABEも学ぶ必要があるだろう。
いずれにしろ、外交の本番はこれからだ。


米朝首脳、朝鮮半島の

「完全非核化」と北朝鮮の安全保障で合意

2018612日:ロイター通信

[シンガポール 12日 ロイター] - 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、朝鮮半島の「完全な非核化」を目指すことで合意、米政府は北朝鮮に安全保障を提供することを確約した。

シンガポールで行われた史上初となる米朝首脳会議後に発表された共同声明では、「トランプ大統領は、北朝鮮への安全保障の提供を決意した。金正恩委員長は、朝鮮半島の完全な非核化への揺るぎない固い決意を再確認した」としている。

両国は今後も協議を継続するとしているが、具体的にどのように非核化を実現するのか、声明では詳細には触れていない。対北朝鮮制裁への言及や平和協定締結への言及もなかった。

トランプ大統領は共同声明に署名後、北朝鮮の非核化手続きを早急に開始する見込みだと述べた。また、北朝鮮ときわめて特別な絆を築いたと述べ、「誰もが予想したより、はるかによい結果」となったと胸を張った。

金委員長もまた、「歴史的な会談」後に新しい時代が始まると語り、トランプ大統領に対して謝意を表明した。

<握手で友好ムード演出>

今回の会談の冒頭に両首脳は握手を交わし、笑顔を見せて友好的なムードを演出。

トランプ大統領が「素晴らしい関係を築く」と述べたのに対し、金委員長は「ここまで来るのは容易ではなかった。過去が足かせとなっていたが、われわれは全てを克服しここに来ることができた」と応じた。

また、金委員長は通訳を介してトランプ大統領に対し「世界中がこの瞬間を見ていると思う。多くの人はファンタジーやSF映画のシーンのように思うだろう」と語った。

両首脳は通訳だけを交えて40分ほどにわたって1対1の会談を行った。その後、他の高官らも同席する拡大会合に入った。拡大会合には、米国側からはポンペオ国務長官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)、ケリー大統領首席補佐官が出席。北朝鮮からの出席者には、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長、李容浩・外相、李洙ヨン党副委員長が含まれた。

両首脳が会談するのはこれが初めてであり、それぞれの名を歴史に刻む機会となった。

今回の会談で、北朝鮮の核放棄につながる合意を結べれば、トランプ大統領にとって、歴代の米大統領が誰も成し遂げられなかった成功をつかむことになる。

一方、トランプ大統領の年齢の半分程度で、北朝鮮を支配する金一族3代目の指導者である金委員長は、米朝首脳会談により、父親と祖父が夢見ることしかできなかった国際的な正当性を手に入れる。北朝鮮は2006年に初めて核実験を実施。それから長年にわたり、自国のミサイル・核プログラムを巡り経済制裁に直面している。

 6月12日、米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、朝鮮半島の非核化を目指した歴史的な首脳会談の後で「包括的」な合意文書に署名した(2018年 ロイター/Jonathan Ernst

<非難の応酬から変化>

北朝鮮が米国本土に到達可能な核ミサイルの開発を急ぎ、同国のミサイル・核プログラムを巡りアジアに緊張が高まった昨年には、米朝首脳会談の開催など考えられないことだった。

トランプ大統領はそのようなミサイルの完成を阻止すると宣言。北朝鮮に対し、「世界が見たこともないような炎と激しい怒り」に直面することになると脅した。大統領は、金委員長について、自爆任務を遂行する「小さなロケットマン」と揶揄(やゆ)した。

一方、金委員長もトランプ大統領について、「気が狂っている米国の老いぼれ」だと非難していた。

だが、北朝鮮が昨年9月、水素爆弾の地下実験を実施した後、トランプ大統領は金委員長についてもっと真剣に考えるようになった。トランプ大統領と政権幹部らはこの数週間、金氏のことを「委員長」と呼んでいる。

米ホワイトハウスは11日、米朝間の協議が「想定よりも速いペースで」進んでいるとし、トランプ大統領は12日の米朝首脳会談を終えた後、同日夜にシンガポールを出国する見通しだと発表した。当初は翌13日に出国する予定だった。関係筋によると、金委員長は12日午後にシンガポールを離れる予定。


金氏、完全非核化を約束

 米朝、共同声明に署名

2018612:東京新聞
 【シンガポール共同】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は12日、シンガポールでの史上初の米朝首脳会談を終え、「シンガポール共同声明」に署名した。複数のメディアによると、正恩氏は共同声明で、南北首脳による板門店宣言を再確認し、「朝鮮半島の完全非核化」を約束した。トランプ氏は北朝鮮の非核化プロセスを迅速に始めると強調、正恩氏をワシントンのホワイトハウスに招待する意向を示し「過去とは異なる米朝関係に向かう」と述べた。
 両首脳は米朝関係改善に意欲を示し、朝鮮半島に残る冷戦構造の終焉につながる可能性がある。アジアの安全保障環境は重大な転換点を迎えた。



米朝首脳、史上初会談

 正恩氏「過去が目と耳ふさいできた」

2018612:東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201806/images/PK2018061202100192_size0.jpg

12日、シンガポールで、会談の冒頭で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と
トランプ米大統領=AP・共同



 【シンガポール=石川智規】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は十二日午前九時(日本時間同十時)、シンガポール南部セントーサ島のホテルで握手を交わし、史上初の首脳会談を行った。北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」に関し、行程表など具体策で合意できるかが成否を握る。トランプ氏は拡大協議冒頭、非核化を念頭に「共に取り組む」と述べ、正恩氏は「共に巨大な事業を始める決心はついている」と表明。北朝鮮への体制保証も焦点で、トランプ氏は朝鮮戦争(一九五〇〜五三年)の終結宣言も視野に、会談を「歴史的偉業」としたい考えだ。
 両首脳は島内のカペラホテルで初対面。赤いカーペット上を歩み寄り、がっちりと握手を交わした。その後、時折笑みを浮かべながら言葉を交わし、会談場へ入った。冒頭、トランプ氏は「われわれは素晴らしい関係を築けると思う。(会談は)大成功すると思う」と述べた。正恩氏は「簡単な道のりではなかった。われわれには足かせとなる過去があり、誤った偏見と慣行が時に目と耳をふさいできた。すべてを克服してここまで来た」と応じた。
 両首脳はまず、通訳を交え一対一で会談を開始。その後、ポンペオ国務長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、金英哲(キムヨンチョル)党副委員長や李容浩(リヨンホ)外相らが加わる拡大協議に移った。その後昼食会も行い、トランプ氏は同日午後四時(日本時間同五時)に記者会見する。
 会談では「非核化」をめぐる具体策に加え、北朝鮮の体制保証について、双方がどのように折り合えるかが注目される。ポンペオ氏は十一日の記者会見で、「これまでとは異なる体制保証を行う用意がある」と言及。経済制裁の緩和をどう進めるかも焦点だ。
 トランプ氏はこれまでに「一回の会談ですべてできるとは言っていない」として、今後も協議を重ねる構え。朝鮮戦争の終結宣言に前向きな姿勢を示している。
 トランプ氏は十二日朝、ツイッターで、「良い取引かどうか、すぐに分かる。過去にない真の取引ができるかどうか、すぐに分かるだろう!」と自信を示した。

米朝首脳、合意文書に署名

「完全な非核化断固取り組む」

2018612日:朝日新聞


トランプ米大統領と北朝鮮金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日午後1時40分(日本時間同2時40分)すぎ、首脳会談の会場となったホテルで、包括的な合意文書に署名した。両首脳が署名した文書では、トランプ大統領北朝鮮に体制保証を約束する一方、金正恩氏は朝鮮半島の「完全な非核化」にむけて、断固として取り組むことを確認した。
 米朝相互の信頼醸成が朝鮮半島の非核化を可能にすると強調した上で、両首脳は4点について一致した。
 米朝の両国民が平和と繁栄を望んいることに従って、新しい米朝関係を構築する。
 朝鮮半島に永続的で安定的な平和体制を構築するためともに努力する。
 北朝鮮が朝鮮半島を完全に非核化するために取り組むとした、3月27日の板門店宣言を再確認する。
 米朝はすでに身元確認されたものを含め、戦争捕虜(POW)や行方不明兵の遺骨の回収に尽力する。
 両国は、今回の合意を実現させるため、ポンペオ米国務長官と北朝鮮高官による協議を早急に始めることでも一致した。
 トランプ氏は署名式で「(非核化の)プロセスはとても迅速に始まる」と語った。さらに「北朝鮮と朝鮮半島との関係は、過去とは非常に異なる状況になると思う。我々はとても特別な絆を築いた」と語った。
 これに対し、正恩氏は「歴史的な会談を行えた。過去から離れ、世界は歴史的な変化を見るだろう」と述べた。記者団から、金正恩氏をワシントンに招くのかと問われると、トランプ氏は「絶対に招くだろう」と語った。
 両首脳はこれに先立ち、政権幹部を交えた昼食会合を終えた後、ホテルの庭にともに現れ、記者団に「多くの進展があった。とても前向きだ。誰もが予想することができた以上の良い出来だ。今から署名する」と語っていた。(シンガポール=土佐茂生)



「米朝歴史的和解」の舞台裏と

取り残された日本の命運

2018612日:日刊ゲンダイ



 世界中が固唾をのんで見守った。シンガポールのリゾート地、セントーサ島のカペラホテルで12日、史上初の米朝首脳会談がついに始まった。

 トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長が歴史的な対面を果たしたのは、予定より4分遅れの午前10時4分(現地時間午前9時4分)。6本ずつ交互に並んだ米朝両国の国旗を背に、2人はそれぞれ反対方向から現れると、中央でガッチリと右手で握手。当初は互いに硬い面持ちだったが、トランプが左手で正恩の右腕をポンポンと叩き、正恩が「お会いできて光栄です。ミスタープレジデント」と英語で語りかけると、互いの表情は緩み、代表記者団の記念撮影に応じた。

 トランプは真っ赤な勝負ネクタイを結び、濃紺のスーツ姿。正恩は黒の人民服に身を包み、独特のヘアスタイルは普段に増して青々と刈り上がっていた。
 数秒間の撮影後、トランプが金正恩を導くように2人は会談を行う部屋に向かった。時折、トランプは正恩の背中を抱き、談笑しながら歩いた。部屋に入ると、会談冒頭にトランプは「素晴らしい議論をし、成功を収めるだろう。素晴らしい関係を築くであろうことに疑いはない」と語った。

 正恩が「ここまで簡単な道のりではなかった。我々には足を引っ張る過去があり、誤った偏見と慣行が時に目と耳を塞いできたが、あらゆることを乗り越えてこの場にたどり着いた」と応じた。静かに聞いてきたトランプは「その通りだ」とうなずくと、2人は再び握手。トランプは満足げに親指を軽く上げ、「サムアップ」のジェスチャーを見せた。

 会談冒頭の最後に「報道陣がいなくなったら話そう」と正恩に語りかけると、通訳だけを交えた一対一形式で会談。約45分後に2人は報道陣に姿をみせ、トランプが「会談はとても良かった」と話すと、会場を移し、拡大会談に移行。米側からポンペオ国務長官、ケリー大統領首席補佐官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が同席。北側は金英哲・党副委員長、李洙墉党副委員長、李容浩外相が同席した。
 拡大会談を終えると、午後0時半からワーキングランチ。トランプは午後5時に会見し、午後8時ごろ帰国の途に就く。正恩も本日中にシンガポールを後にする。

 今後も紆余曲折はあるだろうが、世界で唯一、残っていた東西冷戦構造が終焉を迎えれば、この会談はまさしく歴史の転換点ということになる。

表に出てきた金正恩の笑顔を専門家はこう分析

 2011年12月に父の金正日総書記が死去して権力を継承して以降、徹底した秘密主義を貫いてきた金正恩。その動静は、北朝鮮の国営メディアを通じてしか知り得ず、強権的で狂気の独裁者というイメージが定着していた。



  • 顔アイコン

    金委員長とDTの差は何か、金は任期なしの権力者、DTは期限付きの権力者ということだ。両者を同じレベルで論じることは、この時間のパースペクティブを狂わせる。彼らの言うことの時間スパンを吟味する必要がるだろう。

    [ 瘋癲癇癪老人 ]

    2018/6/13(水) 午後 7:23

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事