不精写真による駅の記録(仮題)

友達のブログを読むために開設したブログです。訪問した駅の記録を中心にあれこれ書いていきたいと思いますが、いかんせん無精なので・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

しばしお休みを

2年もの間放っておいて、いまさらですが、このブログ、ある事情により、更新をしばらく休止します。
ただ、このまま止めてしまうことではなく、必ず再開します。
なにとぞご理解を。
 
昭和61年10月中旬のある日、私は東北の日本海側におりました。
昭和61年11月1日に無人化される予定の駅の切符を購入しようとして、秋田県から青森県にかけていくつかの駅を回っていたのです。

当時は、無人化対象駅であっても、殆どの駅は始発から終列車まで駅員がおり、最終列車で降り立っても、切符を売ってくれたものでした。

その日は、男鹿線の船越駅が最後の訪問となりました。
ところが、この駅では既に硬券入場券は売り切れとのこと。
がっくりしている私に、駅員氏は、今印刷注文しているところだから、返送切手と封筒と現金を置いていってくれれば、入ったところで送ってあげるとのありがたい話。すぐさま駅前にあった商店で切手と封筒を買い、お願いしたのでした。

当時の硬券入場券のブームは相当なもので、無人化や廃止の直前に訪問すると売り切れになっていたことは珍しいことではなく、そのたびに悔しい思いをしたものでした。
その意味で、このときは救済された思いがあったものでした。

さて、そんなやりとりを済ませた私は、秋田ゆきの終列車に乗りこみました。
翌日の予定は五能線。しかしこの日はまだどこで泊まるかを決めていませんでした。正確に言えば、当時は金が惜しく体力があったので、「どこの駅の待合室で仮眠を取るか」を決めていなかったのです。

で、この車内で出した結論は、「大久保駅から始発に乗ろう」でした。当時、大久保駅も駅無人化の対象であるとの情報が流れていたのです。
しかし、接続駅の追分駅から、既に奥羽本線下り方面の列車はなし。
じゃ、歩いていこう、ということで、追分駅の改札口で周遊券をちらりと見せた私は、初めて訪れた場所で、土地勘など全くないにもかかわらず、北に向かい、てくてくと歩き出したのでした。

時間は深夜で、あたりは真っ暗。迷わないようにするには、線路を見失わないようにして歩くしかなく、踏切が見えると立ち寄ったりしながら、しばらく歩き通して小一時間。
ようやく、前方にホームと駅舎らしき構造物を発見。

やっと大久保駅に着いたと安堵したのですが、それにしても、全く付近には明かりが見えない。
ここは人家もないのか、これじゃ無人化されるのも当たり前だなと思いこみ、更に近づいていくと、何か様子がおかしい。


イメージ 1

ここはどこだ?

イメージ 2

おおしみず?

イメージ 3

何とここは信号場。予備知識がまったく無かった私は、ここに信号場があったことを現地に来て初めて知ったのでした。
駅名標は手作りですが、りっぱなものでした。

この信号所の近況は、次のサイトで紹介されています。
http://yonkaku.com/oshimizu/oshimizu.html
既に、駅舎というか詰め所はなくなってしまったようです。

さて、大久保駅はここからまだまだ先ということで、更に歩き通して小一時間。目的の大久保駅に到着することができました。さきほどの大清水信号場とはうってかわって町の中心。駅に続く道には街灯がともり、到底無人化対象駅には見えないたたずまい。

駅舎の扉は閉められておらず、未明にもかかわらず到着した私を優しく迎えてくれたのでした。

さて、そろそろ始発の時間ということで起き出したのですが、あたりはまだ暗いまま。
仕方がない、この光線でいいや、といって不精して撮ったのがこれです。

イメージ 4

まあ、いいか・・・・

窓口が開き、駅員氏に、駅無人化について尋ねてみると、ここは無人化の予定はなく、窓口は残り、入場券も無くならないとのことでした。

ホーム側からの撮影です。

イメージ 5

さて、この旅行を終え、船越駅からの手紙を待っていたのですが、無人化予定日の10月31日を過ぎても返事が来ない。まあ、大量の郵送注文が来ているだろうし、最終日の日付を入れたりしてくれるのかなと考えながら待っていたところ、11月に入って到着。

封筒を外から触ってみると、確かに硬券らしい感触が。
結局入荷しなかったので切手で返却しますという最悪のケースは避けられたことにほっとしながら、封筒を開けてみると、出てきたのは確かに硬券入場券。
ああよかった、と眺めてみると、何か様子がおかしい。

あれ?

イメージ 6

日付が61年11月1日?
確か、10月31日を最後に無人化されると聞いていたのに?
日付間違えてしまったのか・・・

ん?○ム船越駅発行?どういうこと?

訳が分からなかったのですが、まあ入場券が買えたのでよし、と納得したものでした。

その数年後、次の入場券を手に入れて、ようやくこのときの事実が判明することになりました。

イメージ 7

つまり、船越駅は、これまで切符に発売制限の無い委託駅だったのですが、61年11月1日からは簡易委託駅となって、乗車券の発売区間などに制限がかかるようになったのですね。

しかし、この切符の61年10月31日の日付はなんだ?
私が訪問したのはもっと前で、そのときには売り切れていたはずなのに。
まあこれは、私より前に訪問したか、郵送依頼した人が、せっかくだから61年10月31日の日付にしてくれと頼んで、便宜的にそうしてもらったのでしょう。きっと。

更に後から分かったことですが、大久保駅も同時にこの形態になったようで、11月1日からは、入場券を含めて○ムの文字が入った切符を売るようになったこともわかりました。当時、大久保駅の駅員氏が言っていた、窓口も残るし入場券の発売も継続するという話は、間違いではなかったわけです。

それにしても、営業形態を縮小しても、入場券の販売を継続した当時の秋田鉄道管理局の判断は、収集家からしたら涙ものです。わざわざ○ムと印刷し直した券に切り替えるというのも実に細かい。

こちらは両者の券番。

イメージ 8

おそらく、船越駅の140円券の入場券は、800番をもって切り替わったのではないでしょうか。
いや、当時のブームからすると、○ムになってから一日で800枚以上売り上げたのかも?
先日の日記を書くために、手持ちの収集乗車券の中から、西塩釜駅から東京都区内ゆきの乗車券を捜し出してまいりましたが、この際だからということで、東北地区で発行された乗車券を整理してみました。

おお、こんなものがあったのかと感激したり、ありゃ、これは保存状態が悪くて・・・と後悔したりしながら、青色と赤色、A券とB券、と仕分けしてみたところで、青色で「東京都区内ゆき」の切符が結構あることに気づき、これだけ試しに選ってみたところ、面白いことに気づいてしまいました。

というわけで、今回の日記の画像は、駅写真なしで、切符だけにします。

まず、「仙台市内から東京都区内ゆき」の4枚の切符を並べてみました。
値段はいずれも1,790円。乗車券だけとはいえ、当時は仙台から東京まで2000円しなかったんですよ。

イメージ 1

イメージ 2

どういうわけか、仙台駅発行の切符は手持ちになく、全部他駅(一つだけ駅でないですが)の発行でした。
この当時、愛子と陸前白沢は仙台市内ではなく、「宮城郡宮城町」に存在していて、仙台市内の北のはずれは北仙台でした。しかし、通しで切符を買うより、北仙台で分割して購入した方が安かったため、仙台で途中下車しないお客さんは、みなこの切符を買っていたのでした。
一方、槻木はといえば、当時の特急の多くは、仙台を出ると福島まで止まらなかったため、割高になるけれど、一旦仙台まで出て、改めて特急に乗り直すというお客さんが結構いたようです。

私の手持ちの「仙台市内から東京都区内ゆき」の切符はこれだけだったのですが、さらに整理していたところ、?な切符が出てきました。それが次の切符です。

イメージ 3

イメージ 4

前回掲載した、西塩釜から東京都区内ゆきと同じ「買替」の切符ですが、切符の発駅が「仙台市内」でなく「榴ヶ岡」になっているものです。

榴ヶ岡は、仙台からわずか1kmの位置にあります。この駅で東京都区内の駅まで切符を買おうとする場合、最低運賃の30円の切符を自動券売機で買い、仙台駅の買替窓口に行って、差額の1760円を支払ったはず。
しかし、当然のことながらこの駅は、仙台市内に存在するわけで、そうなると切符の発駅も「仙台市内」になるのが正しいのでは?裏にはきちんと「仙台市内途中下車禁止」と書かれているし。

ただその場合、隣の宮城野原から乗ってきた客が同じように買替を希望すると、ここから仙台までの運賃は、榴ヶ岡から仙台までの運賃と同じ30円なので、裏面の「○○−仙台間使用済み」の○○の部分だけ違う、表は全く同じ切符になってしまう?

何かが不思議な切符です。

それにしても、この当時、下馬とか西塩釜とかの、仙台市からちょっとはずれた駅から東京都区内に行こうとする場合、境目の陸前高砂(中野栄は開業してなかった)まで別に切符を買い、仙台市内からの乗車券を併用するということは、できなかったんですよね。あらかじめ多賀城とか本塩釜とかの窓口のある駅で先んじて「仙台市内から東京都区内ゆき」を手に入れていない限り、乗客全員が半強制的に「買替」ということで、発駅から通しの切符を買わされていたわけです。
仙山線では気を利かして、駅が仙台市内にないのに、仙台市内からの切符をきちんと置いて、硬券で設備されていなければ補充券で売ったと思われるのに、仙石線では自動券売機がカバーする運賃しか切符を売らなかったわけで、このサービスの違いはいったい何だい? と今にして思うのであります。

西塩釜駅

(写真の縮尺はのちほど修正します。これでは小さすぎて)

いつも珍しい写真と切符で楽しませていただいている、まつしまさんのブログの「ココロ優しき妹のオミヤゲ 」のコメント欄に、思わせぶりなことをコメントで書いてしまいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/rinjimatsushima/17221627.html

そうしたら、このように紹介されまして。
http://blogs.yahoo.co.jp/rinjimatsushima/17982135.html

こりゃひっこみがつかないなということで、本日はこの駅をテーマにします。
まずは切符の画像を。これは1等・2等時代の切符です。
(切符の画像は、のちほど大きく掲載し直します)

イメージ 1

イメージ 2

次は、モノクラス化された後の切符。
表は普通の表記ですが、
イメージ 3

裏に、妙な記載が。
イメージ 4

この「買替」とはどういうことかというと、そのとおり乗客が買い替えて手に入れたものです。
発行駅の欄を見て頂くと、「仙台駅発行」となっていますよね。
つまりこの切符は、西塩釜駅で仙台までの切符を買った客が、仙台駅で改めて東京都区内までの切符に買い直すときに発行された切符なんです。

なんでそんなことするの、初めから東京まで買えばいいじゃん、検札されて見つかって買い直しさせられたのか?というと、当時の乗客は頭を振り乱して怒るでしょう。
だって、当時のこの駅は、近距離の乗車券しか売ってくれなかったのです。

昭和45年に、仙石線は合理化が行われてしまい、それまでは他の駅と同じく全国ゆきの乗車券を発売していた榴ヶ岡、宮城野原、苦竹、福田町、陸前高砂、下馬、西塩釜、東塩釜、高城町の各駅では、乗車券を自動券売機でしか売らなくなってしまったのです。
おかげで、これらの各駅から中長距離の各駅まで旅行する乗客は、仙台までの切符を自動券売機で購入し、それを仙台駅の仙石線ホームの端にあった窓口で見せて、差額を払っていたのです。

この買替窓口は、東北新幹線開業の前日までありました。東北新幹線が開通すると、この買替窓口は、新幹線の中間改札の横の窓口に役目をゆずりました。なお、この新幹線窓口は、マルス端末が入っていましたので、こうした硬券の販売も終わってしまったわけです。

この買替乗車券、まつしまさんのブログにあるように、中距離は赤地紋で発行されたようです。
また、現物を所持してませんが、硬券の無い区間は、裏に「買替」の印刷がなされている補充券で対応したようです。

ところで、逆の石巻では、どんな対応したんだろ?
当時の石巻駅は、電車駅と汽車駅の駅舎が分かれていたので、仙石線から石巻線に乗り換えてさらに遠くに行く客もいたはず。

ありゃ、西塩釜駅と関係のない説明が長くなってしまいました。
それでは、駅舎写真の方へ。

先日の日記でご紹介した、昭和57年正月の当時、本塩釜駅の旧駅舎の残骸を撮影した私は、西塩釜駅はどうなってるだろうな、と思って、塩竃の町をてくてくと西に歩いていきました。
本塩釜と西塩釜の間は、通称「オンボロガード」と呼ばれてた高架橋があり、私が歩いたときにも残っていたのですが、撮影せずに歩いていってしまいました・・・後悔。

すでに時刻は夕暮れになってしまいましたが、写ってりゃあいいと適当に写したのがこれです。

イメージ 5
イメージ 6


あー、なんでちゃんと写さなかっただろうと後悔・・・

既にこの駅舎も閉鎖され、窓口や改札は橋上に移っていました。

写っていなくて申し訳ないですが、旧駅舎の階段の前には、東北最古の塩釜線の線路がありました。
この駅舎を利用していた乗客は、塩釜線の踏切を渡って階段を上がり、駅舎に入っていたんですね。

さて、この駅は橋上駅になったにもかかわらず、窓口は置かれず、乗車券は券売機で購入するしかありませんでした。当時の私は、券売機の切符なんかいずれ消えてしまうからいらねえや!と記念に何も買わずに帰ってしまいました。

そんな国鉄東北地区の合理化のモデルケースのようになっていた仙石線の各駅でしたが、国鉄最末期の昭和62年の3月に、突如、各駅に硬券入場券が設備されるようになりました。
これは仙石線だけでなく、それまで券売機を導入して硬券入場券の口座を無くした駅も含め、当時の有人駅全駅に設備されるという事態となり、収集家を驚かせたものでした。

イメージ 7

その後JRになってからは、合理化が進み、平成3年2月には硬券入場券も廃止、平成15年からは自動改札が設置され、平成17年3月からは無人駅になってしまいました。

開く トラックバック(1)

浅岸駅

更新遅くなりました。
今回の写真は浅岸駅です。昭和57年8月の撮影です。

イメージ 1

この年の6月ころ、山田線の大志田、浅岸両駅のスイッチバックが廃止になるとの噂が流れ、夏休みを利用して撮影に行ってきたのでした。
山田線自体、このとき初めて乗ったのですが、相当の山の中だと聞いていたため、駅舎があっても信号所の詰所くらいかと勝手に想像していたら、結構大きな駅舎があり、スイッチバックも雄大で、驚いたものでした。

滞在中にやってきた貨物列車をホームから撮影。

イメージ 2


こちらの写真は、駅を離れるときに、区界方面ゆきの車内から、シャッタースピードを上げて撮影したのですが、うっかりして露出を空けるのを忘れて撮ってしまったようです・・・

イメージ 3


こちらは浅岸駅の乗車券です。
この切符は、その後、昭和57年11月14日をもってスイッチバックは廃止され、無人化されるとの報を聞いたことから、記念にと郵送で依頼して購入したものです。


イメージ 4

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事