なゆひろにっき

ファミリーの変哲のない日記です。

MTBで山遊び

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

レースが終わって1ヶ月がたとうとしているのに備忘録っていうのも変ですが、
あるのかないのか分からない次回のために…
イメージ 10
 
今回、初の王滝参加ということでかなり出費がかさみました。
まずヘルメットを通気性の良いタイプの物を新調しました。
イメージ 1
 
トランス君のノーマルブレーキでは心もとなかったので、
6000に装着していたブレーキ(シマノSLX)をトランス君に移植しました。
イメージ 2
 
タイヤはIRCのミトスチューブレス。
ブレーキパッドは前後新品に交換。
エルゴンのグリップのお陰で手首の痛みは皆無でした
イメージ 3
 
ドイタ―のハイドレーションバッグにはグリコのCCDドリンクを1ℓ入れてスタート。
第2CPで500mℓを追加しました。
CО²カートリッジの出番は幸いありませんでした。
YIMBUK2のバッグはトップチューブ上に取付、主に補給食を入れておきました。
イメージ 4
 
ハンドル周りはこんな具合です。
この後ハンドルは両サイド4cmほどカットしましたよ
イメージ 5
 
タイヤ交換は前日になってしまいました。
ぶっつけ本番で初チューブレスでしたので不安もありましたが、
レース前日のトークショーで松本駿選手が、
「タイヤの空気圧はパンクを恐れて高めにするのは間違いだ。
IRCのタイヤで王滝でパンクをしている人を見たことがない。」
と言っているのを聞いて、少し安心しました。
ちなみに空気圧は前後2.2BARとしました。
イメージ 6
 
レース前の練習としては、6000で1回、トランス君で2回
自宅から自走して各務野自然遺産の森へ行きました。
コースの周回を含め自宅からの往復で50kmくらいですね。
イメージ 7
 
そして本番1週間前の日曜日にT度山へ自走しました。
午後からの雨予報でしたが、予報より早く頂上に着いた辺りでポツポツと…
イメージ 8
 
距離的には本番とほぼ同じ距離を走ることができました。
T度山へはT度峡側から登って、シングルトラックで下りてきました
往路は向い風が強く、かなり難儀しました
復路は土砂降りで、かなり難儀しました
イメージ 9
 
こんな程度の練習で何とか完走できたのは、快晴が続き路面コンディションが良かったのと、
パンクなどのマシーントラブルが皆無だったことと、疲れる前の休憩&補給のお陰だと思います。
自分はタイムにこだわらずにまったり走りと景色を楽しみながら走りたいと思っているのですが、
時間切れで足切りになってしまっては元も子もありませんので、
あるのかないのか分からない次回は、もう少し練習して余裕を持った走りをしたいです〜
イメージ 11
 
いつの間にか我が家のカブト虫もさなぎに
そろそろ夏休みに向けて計画を立てないと…
イメージ 12
 
 
 
 
 
先日、長野県王滝村で開催されました
”セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝”
に参加して参りました。
私は100km、同僚のT係長は20kmにエントリーしました。
イメージ 1  イメージ 7
 
T係長は念願のスペシャライズの29erを今月買ったばかりです。
前日のファンツーリングにも参加したそうです。
私は午後4時ごろ到着して受付を済ませ、翌日のレースに備えます。
すると問題発生!
この日のために用意したハイドレーションのフタを忘れてきてしまいました
やきもきしながらも、夕食は王滝食堂の
「いのぶたやきにく定食(大盛)」
を食べてスタミナ補充しました〜
イメージ 8  イメージ 9
 
私たちは松原スポーツ公園の駐車場で車中泊でした。
午後9時ごろに寝袋に入りましたが興奮して中々寝付けれませんでした〜
翌午前4時からバイクをスタート地点に並べることができるので、
先を急がない私は4時半過ぎにスタンバイしました
イメージ 10
 
スタートは午前6時ですので、私は余裕を持って王滝恒例の”行列のできるトイレ”に
5時半ころに並び始め、スタート前の神主さんのご祈祷はトイレの中で迎えることになりました。
そして1分前にようやくバイクのところに戻って、直後に「ファーン」と号砲が鳴りスタートです。
最初はまったりペースで、寒くも暑くもない新緑の中を気持ち良くトランス君のクランクを回します。
イメージ 11
 
雲ひとつない快晴で、御岳がとてもキレイに見えました〜
ホントに清々しくて気持ちが良かったですよ
最初は…
イメージ 13
 
初参加でペースなんて分かりませんので、とりあえず10kmを1時間のペースを目安に、
疲れていなくても1時間ごとに休憩することにしました。
序盤から下りが終わった地点に必ずパンク修理をしている人たちが見受けられましたので、
下りも油断せず路面状況を良く見ながら走らなければなりません。
イメージ 12
 
眼下に最初のチェックポイント(CP)が見えます。
100kmはCP1が30km、CP2が60km、CPが73km地点に設けられていて
それぞれスタート後4時間、7時間、8時間以内に通過しなければなりません。
イメージ 14
 
最初は止まって写真を撮る余裕がありましたが、30kmを過ぎた辺りから
右膝に痛みが出て登りで強くペダルを踏み込めなくなってきました。
30kmを過ぎてもCP1が見えてきません…
60kmを過ぎてもCP2が見えてきません…
73kmを過ぎてもCP3が見えてきません…
実際はそれぞれ34.3km、63.9km、75.9kmに設置されていました。
CP2、CP3はリミットギリギリで、いつまでたってもCPが現われず少し辛かったです
CP3ではパワーバーが食べ放題で無料で振舞われていましたよ〜
ここまでこれば、完走まで後わずか
イメージ 2
 
CP3を過ぎてから気持ちを奮い立たせようとしても中々ペースが上がらず、次々と抜かれていきます。
これが自分弱さなのか自問自答しながらトランス君のクランクを回していると…
不思議と火事場の馬鹿力か、急にパワーがみなぎりペースアップできました。
頑張ったご褒美で最後の数キロは下りでひたすら気持ち良く下りました〜
9時間ほどかかってしまいましたが、トラブルもなく何とか完走できました
イメージ 3
 
達成感っていったら、これ以上は中々ないですね〜
松原スポーツ公園に戻ると、へたれこんで無料で振舞われている豚汁をいただきました。
あまりに暖かい味が疲れた体にジーンとしみておかわりしてしまいました
イメージ 4
 
王滝はしばらく雨が降っていなくてもコースが水たまりになっているところもあって、
バイクのダメージも半端ないですね〜  
イメージ 5
 
一緒に戦ってくれたトランス君を男前にしてあげました〜
イメージ 6
 
 
 
 

何か良い感じ〜

先日、仕事から帰宅すると身に覚えのない段ボール箱が…
イメージ 1
 
ケーブルテレビ番組「アクトオンTV」の番組プレゼント当選の箱でした。
中身はジャイアントのアイウェアとボトルでした。
最近、今まで使っていたOGKのアイウェアを紛失して、
新調しなければ思っていた矢先でしたので感無量!
イメージ 2
 
新しいアイウェアも入手したことですし、未知の世界である
5月のセルフディスカバリー大滝(一応出場しようと思っています…)に向けての
体力づくりのため、各務野自然遺産の森まで自走で行くことにしました。
愛知県江南市のフラワーパークにはキレイに花々が咲いていました〜
イメージ 7
 
新しい各務原南橋を通って岐阜県側に渡りました。
イメージ 5
 
対岸の木曽川右岸にもまだまだ短い距離ですが、サイクリングロードが造られていました。
まだまだ実用的な距離じゃありませんが、どんどん延伸して欲しいです。
イメージ 6
 
そして、久しぶりの各務野、桜が満開でした。
イメージ 8
 
裏のシングルトラックが様変わりしていました。
階段コースが新設されたり、ジャンプ台が設置されたり、
一段と楽しいコースになりました〜
ホントにありがたいことです!
イメージ 9
 
シングルトラックを散策しながら三周回ほどしたところで、
今日は自走なので、デポ地に戻る必要がなかったことから、
前から気になっていた奥の山の方に入ってみることにしました。
それが間違いの始まりで、激坂に次ぐ激坂で、
担ぎ&押しのオンパレードで全然楽しくありませんでした
イメージ 10
 
唯一の収穫はこの景観だけですね〜
ハイカーの行き交う方たちに驚かれ、励まされ、
何とか二時間ほどかかって無事に下山しました〜
イメージ 11
 
帰り道に家族と138タワーパークで待ち合わせをして合流しました。
3号が何かを発見して捕獲しようとしています。
イメージ 12
 
チビクワガタだと思っていましたが、
帰って調べてみるとヒョウタンゴミムシと判明しました
見た目はほとんど同じなんですが、触角の形状が違うようです。
イメージ 3
 
そんなことは知らず、はしゃいぐ3号
イメージ 4
本日の
走行距離 49.2km
走行時間 3時間46分
平均速度 13.0km
最高速度 33.9km
 
でしたが、2時間ほどトランス君を担いだり押したりして山中を彷徨っていましたから、
実質、70kmは走破したことになるんではないでしょうか…
王滝はガレた林道のアップダウンを100kmですからね〜
 

やっとこさ

春の異動に備えて夜勤がなくなり、残務処理の日々で、
勤務は暦どおりになっているので、今日はお休みでした。
週間天気予報はずっと雨でしたが、当日の予報は曇りになって、
しかも降水確率は午前が低め
ということで、午前中にトランス君のシェイクダウンに行くことに
本日はT度山へ行ってきました。
普段から平日に走りに行っていましたので、
世間が休みの日の山遊びは初めてかもしれません。
イメージ 1
 
天然プールの方からダブルトラックを登ります。
6000の時は頂上直前の1部を除き、ほぼ乗車して行けたのに、
今日は後半かなり苦しく、目の前の登り勾配に気持ちが折れて押し歩きました。
自分の体力が落ちているのか、Wサスのトランス君は上りが苦手なのか、
それともノーマルタイヤ&リムの影響か…
トランス君のコンプレッションはCTD、つまり、
C=クライム(登り)、T=トレイル、D=ディセンド(下り)の3段階で簡単に調整できます。
今回、前後ともに登りはC、下りはDで、リバウンドは解放から2つで走ってみました。
イメージ 3イメージ 4
 
曇り空で見晴らしが悪いとはいえ、平日と違ってハイカーが多かったです。
イメージ 2
 
休憩しながら、ハイカーの方と食べ物の物々交換をしました。
イメージ 5
 
休憩後、下りのシングルトラックに突入。
トランス君のおかげか、早く安定して下れたような気がします。
久しぶりの山遊びなので良く分かりませんが…
良く分かったのは、ブレーキが効かないこと。
6000からSLXを移植しようかしら。
下ったあとはトランス君をきれいにしてあげました。
イメージ 6
 
曇り空でしたが、のんびりしていて梅の花もきれいでしたし、
久しぶりのトレイルライド楽しくって、良い休日でした〜
イメージ 7
 
イメージ 8
 
 
 

久々のトレイルです

トランス君がやって来てから早1週間が過ぎましたが、
未だ乗られる状態ではありません。
先日、久々にT度山にトレイルライドに行ってきました。
イメージ 1
 
今回は過度の運動不足病に陥っている妻が暇を持て余していたので、
半強制的に同伴することにしました。
イメージ 2
 
今回はいつものT度峡とは反対側の舗装路をヒルクライムしました。
展望が開けているので、景色を見ながら休み休み登りました。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
この日はここで景色を見ながらカップ麺とおにぎりで昼食。
イメージ 5
 
北側の日陰には雪が残っていることろもありましたよ。
凍って滑り易くなっていたので細心の注意をして通過しました。
イメージ 6
 
下りは緩いジープロードを下ろうと思っていたのですが、
久しぶりだったので、シングルトラックで下ることにしました。
しかし、妻はほとんどの押し下りになってしまいました…
申し訳ないことをしてしまいましたが、また行きたいと言っていました。
近いうちに再び参上したいと思います。
下山すると行くにはニホンザルの群れが…
イメージ 7

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事