全体表示

[ リスト ]

往年の空冷エンジンの名機が消えいくのはおっさんにとっては淋しいことです。
かたや四輪メーカーは大排気量大馬力の高級車を販売している中で、たかだか250〜750ccのバイクが環境汚染だというお役所的な考えに失望します。エコカーやエコ燃料を作るために実は相当のエネルギー消費と温暖化ガスを生み出しているというのに…。しかしこの流れが止らない以上は有終の美を飾る名機を思って悪あがきをしてみます。

さて、ホンダのCB750と言えばオイラにとってはCB750Four。あの漫画「ナナハンライダー」の早川光君が乗っていた4本マフラーOHCエンジンのアレなんですね。
少し世代があとの人には「バリバリ伝説」のCB750FB。ありゃ、漫画ばかりだね。
しかし今注目のCB750は現行のRC42と言われるタイプで、上のどちらにも属さないオリジナル。世間の認識では教習車なんだそうである。

イメージ 1ところがこのCB750。1992年の発売でけっして新型ではないんですね。イメージ 21983年のCBX750Fのエンジンの流用で、それすらもとは650を拡大したもの。1100ccまで拡大された前機種のCB750Fに較べるとエンジン自体はコンパクトです。実はこのエンジン、2眼カウルのハーフカウルモデル以外にもCB750HORIZONというビキニカウル付シャフトドライブのかなりスリムな750もラインナップに持っていたんですね。流行だったフロントタイヤ16インチ径ではなく、F18、R16というアメリカン?なスポーツバイクで確か白バイにも採用された時期がありました。当時HONDAの750ccクラスのスポーツバイクは7機種もあったのです。

冒頭から話が脱線しちゃいましたね(笑)。しかしまだまだ続く。

イメージ 7現行のCB750の直接のライバルはKAWASAKIのZEPHYR750ですが、こちらは2007年にファイナルエディションを出して絶版となってしまいました。ZEPHYR750も実は70年代のZ650の後継で、こちらはCB750と違い車体全体がコンパクトにパッケージングされていたのが特徴ですね。

でCB750ですが、出た当初はHONDAのナナハンファンを失望させる地味〜なデザインと扱いで、話題になることはほとんどない無惨な立場でした。

イメージ 3ところが2004年、HONDAは何を思ったのか、デザインに行き詰ったのか、買ってくれる人がオヤジしかいないと考えたのか、このCB750にあのCB750Fの最終型FCカラーを持ってきた。すると売上がドドッと増えた。確かに私もちょっと驚きました。

イメージ 4このCB750は同じHONDAのCB1300SBと比較されることが多いのですが、完成度としちゃCB1300SBの方がいいのは誰でも知っております。でもオイラがCB1300SBをいいなあと思うのは、あのフレームマウントのハーフカウルだけ。がっしりした足回りや強大なトルク、走り出すと嘘のように軽く感じる車体は剛性の高さを感じますが、やはりあの図体のでかさと重量はツーリングバカの私には無駄・不便以外の何者でもない。そして、あそこまでトルクもパワーもいりません。

その点CB750は足つき性がイマイチで車体が少し大きい(特に形の不恰好なジャガイモタンク)なとは思うけど、操安性やエンジンの出力特性、安定性にはなんら不満を感じません。むしろフレームとタイヤで走らせてもらっている現代の高性能車と較べると自分のテクニックに比例して車体が反応してくれるという安心感があるんですね。

イメージ 5まあ、ぶっちゃけて言えば、今私が大型バイクを買うならこのCB750かSUZUKIのBANDIT1250Sなんですわ。単純にハイスピードツーリングを想定すればBANDIT1250Sです。軽くコンパクトな車体にアップライトなポジション。程よい大きさのハーフカウル。3,500rpmで最大トルクを発生する使いやすいエンジン特性。CB1300SBに較べると安価な価格設定もいい。水冷になってから評価が高くなったのも基本コンセプトが優れているからと思います。

おいおい、CB750の話はどーなった。そうです、それでもCB750は見劣りしない十分な性能をもった使いやすいバイクだと思います。出来れば両方欲しいです。んな無茶な!

よく考えると1250ccもいらないのです!わ・た・し
ナナハンがいいんですねー。

イメージ 6さてでは本題に入ります。前置き長過ぎだろ!って言わないで下さい。ナナハン好きなんですから。
これからちょっとCB750を売るHONDAさんにケチつけます。私がCB750好きなことを前提に言いたいわけです。

2007年の春に雑誌や販売店で「これでファイナル」と囁かれたスペンサーカラーのCB750 Special Editionが発売されました。カラーリングとその他ちょこちょこっと色変えて3万円アップでした。

「これが最後ならしかたないかな」

そういう印象で私はZEPHYR750と迷い結局は生まれて初めてまさかのKAWASAKI車を購入することになりました。
決め手はZ2嫌いじゃない人ならまず受け入れられるだろう美しいデザイン(後期モデルはマフラー丈が長過ぎだけど)。Z650やZ2をレストアして日常使うよりもはるかに気楽。足つき性も良くちょっとした林道くらい恐れることなく踏み入ってける安心感。550ccとか650ccなど「日本人に最適」と言われたサイズ。

イメージ 8ところが8月にHONDAの販売店で「新しいCB750出ますよ」(!!!)
え〜また出るん??どんなんだ!と思ったらなんと1978年に世界をあっと言わせた6気筒DOHC24バルブ!のCBX1000のカラーでまたも限定生産!!!

さらに現行のFCカラーは存続ながら小変更で2万円強アップ!!

生産をしてくれるのは嬉しいんですが、この売り方、非常にせこい。
せこいですよ、ホンダさん。
30年間HONDA一筋で見てきましたがこの販売方法には点数あげられません。

モンキーにCB750K0カラーがあったのは洒落でいいと思います。しかしHONDAをカブとともに世に知らしめた空冷・キャブ仕様のCB750の末裔が絶版になるというのに何の脈絡もないCBXカラーを矢継ぎ早で限定売りってどうなのさ?? ちょっと違うんじゃないかなー。いや、相当違うぞ。

HONDA一筋で来たファンなめてるんかいな?

個人的には現行CB750のタンクの造形はFCよりもCBX1000のタンクに似ているためデザイン的に合わないとは思わないんですよ。地味っちゃ地味ですが、アダルトな雰囲気は出ています。

けれどもHONDA、ちょっと小手先の商売に走ってないかい? こんなことは今までなかったと思う。まさか次はK0カラーなんちゅうことはありませんよね??

お願いだからそういう節操のない威厳のかけらもない売り方はやめてくださいませ。

そこで!

イメージ 9CB750好きな私がHONDAの営業だったら有終の美をインテグラ仕様で飾るという主張をさせて頂きます。イメージ 10だってね、CB1300もCB400もハーフカウル付のボルドールが評判いいんですよ。
なんでCB750にカウルないのよ。歴代の空冷CB750にはFBにボルドール2、FCにインテグラ、CBX750には標準で、さらにフルカウルのボルドール仕様が出て、その後の水冷CB750もエアロと言ってカウルがあった。750ccくらいの排気量になると高速走行も多用され、タンデム走行でもかなりの疲労軽減になるのは経験者なら皆知っています。

HONDAさん、タンクのデザインでちまちませこせこ限定売りしないで、いっそハーフカウルのCB750ボルドール(インテグラでも可)を出してくださいな。

速攻で注文しますから!!
で、ちょっくらやってみました。
イメージ 11


なかなかピッタリバランス取れてると思うのはオイラだけ?
ガソリンタンクの造形の欠点が大きなカウルによって目立たなくなってません?。

取り回しの良さでZEPHYR750だったのに矛盾してるって?
いやね、ZEPHYR750のスタイリングは70年代のそれで、完成されてると思うんですよ。
あれにフルカウルなんかつけたらバランス悪いし、ティアドロップ型のタンクの造形美を隠してしまうと。
しかしこのCB750はもともと車体が大きくシートも分厚く、グランドツーリング仕様でも違和感ないと思います。それに妙にハンドルステム周りに覆いかぶさったような寸詰まった巨大なタンクがこれで生きてくると思うのですわ。

それに…40過ぎたジジイには高速楽そうでしょ?。
私が免許を取った時は国産車はみーんなネイキッドだった。
CB1100Rを借りて乗らせてもらった時には

「高速が天国だ〜♪」

こんないいもん早く国内にもプリーズ!カモン。

その後レーサーレプリカにも乗りましたが、カウルがあるからと言ってなんら支障はありませんでした。むしろ遠征する移動区間も風圧がないから楽だったしね。

CB750(RC42)でボルドールが出ないなら、もうBANDIT1250S。
それくらいHONDAはこのカテゴリーから手を抜いて儲かる「張ったり」のCB1300SBを押し付けてると思うのだな。

最後なんだからこれくらいのもんつけてSpecialと言って頂きたいもんですぞ。
え? もしこれが出てもBandit1250Sがいいかって?
今なら間違いなくCB750のカウル付を買いますよ!あればだけどね。

【2007年10月 4日 記】

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

はじめまして!
当方もCBシリーズは好きです!現在はCB1300SF(SC54)2003年式に乗っていますが、SC54乗りながら何時かはボルドール2かインテグラのカウルを取り付けたいなぁと思っていましたが、ついに今年2010年の5月中旬に自分で取り付けたった。
http://kawakawa1234.studio-web.net/My_motorcycle/CB1300SF_INTEGRA01.jpg
1月から取り付け方法の検討を初めて約6ヶ月におよぶ長い期間でした。
本日も評価ツーリングに行きましたがインプレなど時間をみつけて
ホームページ作成していこうかと思ってます。

2010/5/22(土) 午後 7:35 kawakawa1234 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事