占い猫 ペンタクル★キャット

石川県金沢市大額町の夫婦でやってる占い店。 占いと関係ない話がほとんどのブログです。

全体表示

[ リスト ]

そういやWindowsを使っていた時、ラムディスクを作成して高速化をしていた。
Ubuntu→Xubuntu→Lubuntuと渡り歩いて、十分な速度が確保されているので満足して忘れていました。
もっと速くなるのかな?
やってみよう☆

昔なら速度対策だけだったんだけど。
いまならSSDの寿命対策でもあります。
ラムディスクを活用すると嬉しいことばかりですね。(^^)

いつも通り、試行錯誤した手順(失敗談)も書いています。
答えだけを知りたい人は最後を先ず読んでください。(^^;



ramdiskを作成してみよう。
これがよくわからない。(笑
Windowsならドライブレターが増えるから、あからさまに分かるんだけどね。
Linuxだとtmpfsとかramfsってのでマウントすればramdiskになるらしい。
むう、そうなのか。

$ sudo mkdir /media/ramdisk
これで/mediaにramdiskという名前のディレクトリを作成。
$ sudo mount -t tmpfs -o size=128m tmpfs /media/ramdisk
うむ。
これでマウント前だとシステム領域の空き容量で表示されていた/media/ramdiskですが、
マウント後の空き容量は128MBになりました。
メモリに余裕があるのなら512MBでもいいような気もする。
おっしゃれー。(謎

私は/mediaにしました。
ネット検索すると、/mntとか/varとかにしている人もいます。
私はLubuntuを使っていて、USBメモリや外付けHDDを接続すると/mediaに増えるので、
一箇所にまとめてあるほうが楽だと思ったので/mediaにしました。

でもアクセスできない。ファイルの書き込みができない。
ああ、モードがおかしいのか。あとユーザーがrootになってる。
$ sudo chown (ユーザー名):(グループ名) /media/ramdisk
$ chmod 755 /media/ramdisk
よし、これでフルアクセス可能☆
chownのユーザ名とかは、ホームディレクトリの自分で作成したファイルとかを参照してみてね。

試しに80MBぐらいのファイルを転送してみたけど、やっぱ速いね。(^^)



ramdisk作成に成功したので、この設定を/etc/rc.localというファイルに書いておきます。
$ sudo leafpad /etc/rc.local
leafpadよりgeditのほうがメジャーだけどlubuntuはleafpadだから。(謎
exit 0よりも前に
mount -t tmpfs -o size=128m tmpfs /media/ramdisk
これを書いておきます。
MS-DOSでいうautoexec.batと同じっぽい。
rootで実行させるためにこんなファイルに書くのかな。よく分かんねーや。(ぉぃ


これで作られたramdiskをFirefoxのキャッシュ置き場にしてみよう!
これで高速化するはず。
方法はネット検索したままで実行してみました。
ですが、変化なし。
あれれ。
そもそもHDDにもキャッシュを書きだしていない。
メインメモリで最適化ってやつなんかな。よく分からんけど。(ぉぃ

本気でFirefoxを速くしたかったらJavascriptを切ると速いよ。(笑
動画とか見るときは不便だけどね。



でも作成したramdiskは使ってみたいな。
何かに使えないか………。
あ。
サムネイルの画像を書き出す場所にすると速くなるかも。
しかも再起動すれば全てまっさら。
いつの間にか肥大化するサムネイルの管理から開放される。
これはいいな!

本当に速い処理が欲しいのならサムネイル表示をしなければいいんだけどね。
必要なときに切り替えるのは面倒だし、ファイル管理ソフトを切り替えるのはもっと面倒。

これはシンボリックリンクでクリアできました。Windowsでいうショートカットですね。

$ ln -s /media/ramdisk/.thumbnails ~/.thumbnails
あれ、これでやると.thumbnailsの中にシンボリックリンクができちゃう。そんなもんなのかな。
まあいいや。別の場所に移動させて、大元の.thumbnailsディレクトリを消去して、
homeに.thumbnailsのシンボリックリンクを移動させます。
これで.thumbnailsにアクセスするものはramdiskにアクセスすることになります☆

128MBでは少ないかも?(笑
そのへんのさじ加減は自己責任で。
私はメモリを4GBにしてあって、32ビットOSなので3GBまでしか認識しません。
そして無理して使っても1.5GBぐらいで、半分以上いつも使っていない状態。
1GBのramdiskってのもいいかもねー。

これでHDDはサムネイル作成の読み込みだけで、書き込みはramdiskになります。
あからさまに体感できるぐらい速くなりますよ。(^^)

あれ。
再起動したら/media/ramdiskのアクセス権がrootに戻る。勝手に。
じゃあこれをどうやって変更しようか………。
ん。
逆転の発想。
~/.thumbnailsをramdiskのマウントポイントにしてしまえばいいんだ。(笑
そして/mediaにramdiskという名前のシンボリックリンクを作るんだ。
これで最終的に完成☆




ユーザー名が「hoge」で、ramdiskは512MBで作成の例。
~/.thumbnailsがあることを確認。中身は空にしてね。
/etc/rc.localには
mount -t tmpfs -o size=512m tmpfs /home/hoge/.thumbnails
とexit 0より前に記述。(/home/hoge/を~/で省略はここではできない)
$ sudo ln -s ~/.thumbnails /media/ramdisk

いつまでも初心者が考えたことです。不具合が出たらゴメンネ。
戻し方は、
/etc/rc.localのmount文を削除。
ラムディスクのアンマウント。分からなかったら再起動。(笑
/mediaにあるシンボリックリンクを削除。
これで元通り。


いつにもましてマニアックな話。(笑
非力なマシンがまだまだ使えそうです。(^^)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事