リバイバル!〜ヨハン早稲田キリスト教会〜

リバイバルを願うヨハン早稲田キリスト教会の1信徒から

全体表示

[ リスト ]

『怒れる神の御手の中にある罪人(Sinners in the Hands of an Angry God)』は、ピューリタン時代の1741年7月8日にコネチカット州エンフィールドで、傑出したカルヴァン主義者の牧師、ジョナサン・エドワーズによって説教された。

彼の最も有名な説教である。これは、大覚醒のリバイバルに用いられた。

主題聖句は、申命記32:35の「彼らの足はやがて滑る」Their foot shall slide in due time;(KJV)

【主題聖句】
転倒の危険 詩篇73:18
滅びはいつ来るかわからない 詩篇73:18-19
人は自分の重みですべる
神は、滅びるしかない邪悪な人々を、その時が来るまで地獄に落ちないようにしている。

神が人を地獄に落とす力に不足することは無い
彼らが地獄に落ちるのは当然。有罪宣告はすでに受けている。
彼らは神の怒りの対象となっている。
彼らは悪魔のものである。
人の心は地獄的な堕落の極みにある。
人はいつ死ぬかわからない。誰も死から逃れられない。
キリストを信じない者の努力は無駄である。

【影響】
エンフィールドの説教では、罪の意識から会衆は泣き叫び、気絶し、激しい痙攣を起こしたと記録されている。

18世紀のニューイングランドの通例通り、説教は印刷されて広く出版された。それは、常にカルヴァン主義者のリバイバル指導者の神学と説教の裏づけとなり、第一次大覚醒の著名な指導者たちによって採用された。
これは、ピューリタン文学の代表作として、アメリカ合衆国の高校と大学の英語の授業で頻繁に使われる。

この記事に


.


みんなの更新記事