リバイバル!〜ヨハン早稲田キリスト教会〜

リバイバルを願うヨハン早稲田キリスト教会の1信徒から

全体表示

[ リスト ]

世界へのメッセージ ケータイ投稿記事

エバン・ロバーツによる、このメッセージは「ウェールズのリバイバルの物語」("The Story of the Welsh Revival" published by Fleming H. Revell Company in 1905)からの抜粋です。

南ウェールズにおけるリバイバルの力は、人からではなく、神からのものです。神は私たちのそばにいて下さり、私たちに道を示して下さいました。

この運動には信条や教義に関して疑わしい点はありません。私は信じていますが、今なされている働きはわが国のすべてのクリスチャンとキリスト教会の支援を受けています。私は私自身が経験したイエス・キリストの宗教を説いたにすぎません。

神は「私を喜ばせ」て下さいました。そして私は、神に仕える大いなる喜び、あまりにも偉大で素晴らしいため決して完全に表現しようのない喜びを、人々に示しています。私たちは宗派的教義を教えているのではなく、キリストの愛の素晴らしさと美しさ、人が神を愛すること、人が人を愛することだけを教えています。

私はこれまで、私の方法に関して質問を受けてきました。私に方法はありません。私は決して自分の話す言葉を用意しません。私はすべてを神にお任せします。私はこのリバイバルの源ではありません。私は、数を増しつつある事柄の一代理人にすぎません。私は人々の心を動かして、その生活を変えているのではありません。
 
私ではなく、「神が私のうちに働いておられる」のです。私は確信していますが、私は最高の種類のキリスト教を見い出したのです。他の人々もそれを見い出せるよう助けるために、私は自分の命を捧げることを願っています。自分の命こそ、私が与えなければならないもののすべてなのです。神に感謝します。自分の命こそ、私が与えなければならないもののすべてなのです。神に感謝します。すでに多くの人がそれを見いだしましたし、さらに多くの人々が彼らを通してそれを見いだしつつあります。

これが私の働きです。神が私をこの働きに任命されたのです。ある晩、私が導きを求めて神に祈っていると、神の霊が私を訪れて下さいました。そして五ヶ月後に私は御霊でバプテスマされました。御霊は私を導いて下さいました。御霊は、自分の人間的弱さを感じており、子供が父親に頼るように彼に頼る人々を、同じように導いて下さいます。私を通してなされた働きは、私の持ついかなる人間的能力にもよりません。それは神の働きであり、神の栄光のためなのです。「私はこれまでそうではありませんでしたし、私を導いて下さいと祈ったこともありませんでした。私は自分の道を自分で選び、眺めることを好んでいました。しかし主よ、今から後、私を導き続けて下さい」

私はただ、始まったばかりのこの働きを続ける許しを得ることを願います。「主は私の羊飼いです。私は欠乏を恐れません」。神は必要なものをすべて備えて下さいましたし、これからも備えて下さるでしょう。私は、個人が従うことを願っているのではなく、世界がキリストに従うことを願っています。

私たちの集会や私に関する噂話もありますが、真実ではありません。しかし、神の真理はそれらの誤解によって傷つけられはしません。ですから、誤解は何でもありません。私はまた、「助けになることを書こう」という思いを神がこのリバイバルについて書いた記者たちの心の中に入れて下さった、と信じています。なぜなら、私たちが個人的に達することのできなかった多くの人々に、私たちのメッセージを届けてくれた記事もあったからです。

私は信じていますが、世界は偉大な宗教リバイバルを迎えつつあります。「どうかこのリバイバルをもたらす手助けをすることが許されますように」と私は毎日祈っています。

キリストを告白するすべての人にお願いします。どうか祈りの中で、「いま私のなすべき働きはありますでしょうか?」と神に尋ねて下さい。神は私たちを導いたように、彼らをも導かれるでしょう。神は、すべての人を彼に導くために、彼らを昼は雲の柱とし、夜は火の柱とされるでしょう。

数週間の間にウェールズで素晴らしいことが起きました。しかし、これは始まりにすぎません。世界は力強い大風のような神の御霊によって吹き払われるでしょう。今は沈黙しているクリスチャンたち、消極的なクリスチャンたち、信仰が自分にとってわずかな意味しか持たず、他の人に対しては何の意味もなさないようなクリスチャンたちが、その運動の中で導くようになるでしょう。
 
迷いとためらいの中にある真剣でないクリスチャンたちは大いなる光を見、この光をまったくの暗闇の中にいる数千の人々に反射するでしょう。全世界は「平和と人への御旨」に関する神のメッセージを聞くでしょう。そして、聞いて祝福されるでしょう。数千の人々が続々と、私たちが成し遂げた以上のことを行うでしょう。なぜなら、神が彼らに力をお与えになるからです。もし諸教会が聖霊の御声に従うという大いなる学課を学びさえするなら、私はこれを確信します。従いなさい!従いなさい!!従いなさい!!!』

この記事に


.


みんなの更新記事