全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全197ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

甘い暴力・・・

イメージ 1

甘い暴力・・・
どんどんと溢れ出る放射能 
それは気流に乗り各地へと舞い降りる 知らず知らずに呼吸から体内へ。
それと同時に不安やストレスが生まれる この精神的な圧迫の厄介な代物こそが
放射能とともに現代では一番恐ろしいものだろう。
どうにもならない人生。そこから起こる虚脱感。そして体はそれに正直に反応していく
その反応を心は尚増幅する。いつまでもいつまでも空回転。
生きる目的と生きる歓びを見つけるまでその空回転は続く。二十日鼠のように・・・
有史始まって良い時代はそんなになかったろう・・・
ストレスや不安が生まれるのは社会や時代だけの責任ではないだろう
自分で見つけることだ 放射能に対して強い体を作ること、ストレスを軽減する精神環境
そして、その逆のストレスをも飲み込める人生の快楽や幻想の探求への道を人生の羅針盤から探し出すことだ。
そんな心にも効く薬がコンビニに売っていればいいのだけど・・・ね。

Douce violence
https://www.youtube.com/watch?v=Gg3jvasIVe4

この記事に

開く コメント(3)

power of love

イメージ 1

power of love
http://www.youtube.com/watch?v=5boRQcTvnwU

今日の交通(車・電車・飛行機)の渋滞は凄いね
このパワーが結集すれば 原発はすぐ廃止になるね。
全てはみんなの心の結集。
ひとりがふたりに・・・ふたりがよんにんに・・・と

明日も込むのだろうな
甲府の教会へ行く。
http://www11.ocn.ne.jp/~catholic/

神に会いに行くのでは 人に会いに行く。
愛は力。
Helene Fischer - The Power of Love
http://www.youtube.com/watch?v=Yu5xG60lmBg

Céline Dion - The Power of Love
http://www.youtube.com/watch?v=xbO3dfF9uuE

この記事に

開く コメント(0)

You'll Never Walk Alone

イメージ 1

イメージ 2

You'll Never Walk Alone

人間はひとり・・・
生まれた時も、そしてこの世を去る時も
でも、ひとりではないんだよね。
前を歩いていると見えないが横にも そして後ろにも
時に、ポケットの中にも友はいる。
友達だったり、恋人だったり 大嫌いな奴だったり 
でも みんな仲間なんだよね。

だからひとりじゃないんだよ。

昨日の夜、啓子タンと電話で広島・京都の事などを話した。
彼女はElvis をたくさん聴きたいと言った。
そうだよね。
確か、息子がアルバムをたくさん持っているはず・・・
すぐ彼に聞いてみた、30数枚はあるよ と彼は言った。
お前の良いと思う曲を選んでおいてくれ
うん、わかった。

そんな昨夜の今朝
Elvis で おはよう。

You'll Never Walk Alone - Elvis Presley
http://www.youtube.com/watch?v=mN8oN8I3lrk

この記事に

開く コメント(0)

Don't cry

イメージ 1

5/13 広島 『ムシカ 魂のコンサート』


Seal - Don't cry
http://www.youtube.com/watch?v=TXsAtWbEoRU


広島のふたつの教会も広報を手伝ってくれる
幟町教会・祇園教会。

Crying in the Chapel - Elvis Presley
http://www.youtube.com/watch?v=00eUebsh68M

この記事に

開く コメント(0)

desart rose

イメージ 1

この写真を見て想い出した。もう20年以上前だけど、シーラカンスの仕事でcomores の帰りの便。
この時はロケではなくcomores政府との打ち合わせが主だった。
エールフランスのプリミエールに乗っていた。
comoresからジェッタに着いた。
黒のアラビヤ服の男性と目だけを出しているその妻と思しきふたり。
お付の子守と男性はCLUB席へ。
若いその夫婦は僕等の近くの席へ。
席と言ってもプリミエール席は右側6席、左側6席の12席。
当時のエアバスはそうだった。
僕はいつもうろうろと歩く癖がありたまたま中央のカウンターでコーヒーを飲んでいると、その男性はルィ・ビィトンのアタッシュケースを開けた。
その中にはびっしりと新札の高額フランスフラン札が詰まっていた。
そして、ニースに着く少し前にその夫婦は姿を消したと思っていたらしばらくして帰って来た。
その時には男性は見事な仕立てのスーツ。
妻の方はスタイルのいい体の線がはっきりと見えるドレスに身を包み顔も隠していたかった。
フランス語と英語でもうじきニースに着陸のアナンスで皆ベルトを締めた。
隣の席の通訳の森田氏に聞くとここで降りますよ、あのふたりはと言う。
彼の言うとおり、夫婦とお付きも降りていった。
森田氏はニースであの金をあっという間に使うんですよ。
世界は広いなと思った。
それにしても美しい人だった。
イスラミック、アラビヤはとっても魅力で神秘だ。

Desert Rose sting
http://www.youtube.com/watch?v=Gff_5BA4QYM

この記事に

開く コメント(0)

全197ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事