ここから本文です
もんでんゆうこの time of a sketch

書庫無題

記事検索
検索

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

この度、ホームページリニューアルに伴い、ブログも移管いたしましたので
お知らせいたします。

新しい ホームページ http://mondenyuco.com/

どうぞよろしくお願いいたします。
長崎スケッチの続き。

最後はいわゆる観光地ではなく、長崎の人が暮らす町を描きました。
まぁ〜〜、時間がない関係で実家の近所で描くしかなかった・・・んですが。
結果、よかったです。
地元をしらなきゃこんなとこ描かないな〜
描いてる途中、「絵ばかいてるんですか〜へぇ〜!(絵を描いてるんですか?へぇ〜)」。
道の真ん中に立って描いてても、嫌な顔ひとつされず「すんませんね〜笑」と
車が通り過ぎていく。いやこちらが、申し訳ないです。

これぞ長崎らしい、景色を探して描きました。
長崎の町は、山の上ギリギリというか崖にも家々が立ち並んでいます。
昨年、長崎での大雨の影響で崖に建つ民家が崩れ落ちていく映像が
流されていましたがまさしくあんな町並みなのです。

住宅街の道の真ん中で立って描いていると近くに住むらしい年配の方が
自宅のガレージでアウトドア用の椅子にすわり日向ぼっこしながら
大きな音量でラジオを聞いてました。
よく聞こえたので、よい暇つぶしになりました。
しばらく描いてると、その方がも一個椅子をずるずる引きずりながら
やってきた。急な階段をくだるのもやっとのおじいさんが私のところにきて、

「座って描かんですか(座って描きませんか)」

気遣って椅子を貸してくれました。
お陰様で楽にスケッチできました
ありがとうございます。

新年早々の元旦スケッチは、
『長崎の町』、となりました。




       

イメージ 1
            
               父が蕎麦を打ち

イメージ 2

年越しそばに

イメージ 3

長崎にはいくつもの漁港があり、
旬のカキは絶品でした。(画像は別物)

イメージ 4

叔母の家に立ち寄り、自家菜園の野菜を収穫させてもらう。

イメージ 5

楽しすぎて、採りすぎた。
子どもが。

イメージ 6

イメージ 7

叔母の作品。
何か賞もらったよう。

イメージ 8

なまこも食し

イメージ 9

年末にシュトーレンも焼いて。
この5日間、エンゲル係数がぐーーんとあがる。
今日からまた質素な生活じゃ〜

イメージ 10

これでもかと、上のほうまで家が立ち並ぶよ

イメージ 11

こうなりました


あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。















NAGASAKIを描く

2016年、最後のスケッチは、ワテクシの生まれた街『長崎』。

今回は、真面目に描いて帰るつもりでスケッチブックとペンも準備。描くポイントといたしましては、定番中の定番、グラバー庭のある南山手周辺。坂本龍馬ゆかりの地ならではの、亀山社中記念館も興味そそられたが、別方向のため元気が残っていれば行ってみることに。昔は100円だったチンチン電車が時代の流れで120円に。久々だった乗り継ぎもうまくいき、1時間程で現場へ。早速オランダ坂のあたりを歩いてみる。

いや〜ィイ

イメージ 1

石畳を元気に上る

イメージ 7

素敵なホテルだ〜



これは、描きたくなる〜。スケッチのポイント探しとして歩くのは、初めて。胸が躍りますな〜
石畳の坂を上り詰めると、最後の急な坂そして階段。地元の年老いた方が、ワンコの散歩をしながら大きなため息、『こん階段が、きつかですもんね〜(この階段を上るのは、とても大変)』と一言。確かにたまにくるには、いいけど毎日のこととなると死活問題だなァァァァ
『そうですね』と言葉を交わし、ここに決めた。

イメージ 2

上り詰めた、上からの景色

イメージ 3

こちらの景色を描き描き

イメージ 4

できたのが、コチラ


続きまして、最初に一目惚れした建物。長崎は、古い洋館が目に付く。
今回選んだのは、旧長崎英国領事館(国指定重要文化財)こりゃーたまらんですゥウ名前も見た目も。他もあたってからと思ったけど、ここに決める。

イメージ 5

赤茶けたレンガがええ感じや〜

イメージ 6

こちらが作品



休みなく描いていると、としのせいもあり集中力が落ちる。何かないかしらと、海沿いを歩いてみる。長崎港に係留された船と、その向こうにあるのは、世界新三大夜景に選ばれた長崎の夜景(ほんまかいな)をみることができる稲佐山。
船、得意というか苦手。
ついでに海面もセット。
なぜかこうとしたのかはわからないけれども、描きはじめて10分とたたないうちにやめる。
龍馬先生の亀山社中もとても無理。気分が下がりすぎました。

2016年のスケッチは、これにて終了。


イメージ 8

海やめときゃ、気持ちよく帰れたのに。。


皆様、今年1年ありがとうございました。
来年も、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!!
merry christmas!

今日はクリスマス。
世界の子どもたちが、サンタさんからのクリスマスプレゼントを
心から楽しみにしワクワク、ドキドキしているに違いない。
もんでん家の子どもたち、上のおねぇちゃんは5年生の頃まさかのカミングアウト
してしまったので(てっきり知ってると思ってた)上限額ありで欲しいものを
ショッピング。
下の5ねんせいのぼくちんは、ビミョー。
同級生の母に聞いてもやはり似たような感じ。
しかし、おねぇちゃんの時の夢を摘み取った大罪歴があるのでこちらから
明かすわけにはいかない。

がしかし、どうもサンタ宛のお手紙まで書いてプレゼントの催促をしているので
半信半疑なのかもしれないな〜〜
てことで、サンタはいるモード全開でゆく。

今日は面白いおてがみの内容をこちらでご紹介したくて
ブログを書き書きしますた。

まずは、1回目のお手紙。
(ちなみに3回構成になってました。)

①具体的な希望を伝える


イメージ 1

なかなか、具体的であり十分伝わりました。
なるほど、なるほど。
こちらがクリスマスの3日前くらい。
ずいぶんギリギリだったので、こりゃ間に合わないな〜と

②日程を確認しておく


サンタさんも間に合うかどうかわかんないよ〜なんてやんわり
24日の朝はないことを伝えておくと。

イメージ 2

思いをちゃんと、伝える。

③強烈に欲しいというかなりつよい希望を伝え念押し。
相手と最終確認をする。


ロナウドの方がいいんじゃない、などユニフォームの話ばかり
していたらイレギュラーの2つ注文に不安を覚えたのか、
サンタさんゲーム忘れてないかなぁぁと24日の夜に書いて窓の外へ。
子どもっぽくかわいい字やらサンタの絵やら書いていますが、
内容はとっても強引で、絶対忘れないでくださいよ!と言わんばかり。
かなりうけました。

イメージ 3

地道な努力のかいもあって、今朝ゲームのカセット(昭和)がサンタから送られてきたのでありました。笑わせてもらったよ。

来年もサンタやろう。


さてさて、ワタクシのクリスマスプレゼントは
アロマ蜜ろうハンドクリームとペルーのスーパーフード「キヌア」。
本当によいかほりがしてアロマ効果抜群の友達お手製のクリーム。
どこにも売ってない、最高のクリ〜〜〜ムです。
キヌアは若返り効果があるそうですよ、みなさま^^
来年も元気になるぞ〜

イメージ 4




皆様もよいクリスマスをお過ごしくださいませ〜

築地市場潜入レポート

今日は、午前中の仕事が急にキャンセルとなり朝から築地へでかけました。

いつもは、午後からしか出かけられないので少し違った景色かなと思いきや
さほどかわらない風景でした。
スケッチブックを片手にうろついてみる。
いつもと違う街道から入り込んでみる。

早々によい景色が!

イメージ 1


『 仲卸業者 郵便受箱室 』
何だい〜いかにも築地市場特有っぽい。めっちゃ気になる。
しかし、まだまだ1丁目。
もっとぶらついてみないと。
くるくる街道をぶらつくもなかなか描きたい景色に出くわさない。
まさか、見慣れてきたとか。いやいやそんなはずない、ぶらつきが足りない。

そして、出会った。
何匹もマグロの切り身が横たわる。
日本刀のような出刃包丁で、解体中。
遠めに眺め、タイミングを見計らい


『(小声)スケッチさせてもらっても、いいですか』
今日はお疲れか声がはれない。
『はい?』

『描かせてもらってもいいですか』

『あぁ、どぉぞ』

welcomeの感じゼロでしたが、写生とはそんなもの。
アウェイに負けてはいけない。
1時間ほどかけてなんとか、描き終える。

『どうも、ありがとうございました(小声)』

『あぁ、どおも』

最初にご挨拶した方とは別の、社長っぽい風貌の方でした。

『どんな絵を描くんですか』

描きたてほやほやをお披露目させてもらう。

(ふ〜ん的な顔)
『すみません、あまり上手じゃなくて・・・・・・・・・・・・』

『ちゃんとこうやって遠近を描くんだね』

魚についてお話をきかせてもらい、最後は笑顔で失礼できました。


えがった、なんとか一枚でけた。
赤みが美しい、大きいマグロでした。

イメージ 2



帰ろうか、しかし郵便箱が気になる。
もう一度みてみよ〜〜〜




イメージ 4
        ほらほら、こんなに素敵。やっぱりいい感じ。


サラサラ描いて帰ることに。
市場の中は結構寒い。
足が特に冷える。重いスケッチブックを持ち続けると手も痺れてくる。
早く描いて帰ろう〜
描き終わるころ、市場関係者の方が声を掛けてくれて、絵をお披露目
させていただきました。

『線のタッチがいいですね』

うるうり;;、頑張ったかいあったかいな〜。
ついでに、郵便受箱室について教えていただき
中をのぞいても大丈夫とのことで社会科見学して帰りました。



イメージ 3
                 近寄る



イメージ 5
               半地下へ潜入



イメージ 6
            おぉぉぉーーーーーーーーーー
            郵便受けが、たくさんッッ



イメージ 7
郵便物があふれておりました〜
なんかみれないとこみれた感じで嬉しいぃぃ^^
今度描いてみるか、いやいやこれは無理だなぁ〜



イメージ 8


イメージ 9

イメージ 10
石畳がええ感じでごあす



そして、以前描いたスケッチが無事に完成いたしました〜
完成無理か!?と思いましたが、でけました。

イメージ 11


イメージ 12




次回の潜入レポ、お楽しみにぃ^^ ^^ ^^



                お し ま い


全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事