ここから本文です
ポケモンろーど!
ヨウリエ尊い

書庫全体表示

ポケモンロードS


激闘の続くサトシVSサイファの最終決戦!その最中…
サトシ「俺達はもっともっと強くなる!うおおおおお!!!!」
ゲッコウガが水流に包まれ…巨大な手裏剣を背負ったサトシゲッコウガへと姿を変える!
サイファ「来ましたか…きずなへんげ!!」
サトシ「さあ行くぜ!ここからがゼンリョクの勝負だ!!」

第39話 無限の力


ボーマンダ!ハイパーボイスです!」
サトシ「ゲッコウガ!みずしゅりけん!ピカチュウは『みずしゅりけん』に10まんボルトだ!」
ゲッコウガは背中の手裏剣を投げる!そして手裏剣はピカチュウの電撃を吸収する!
サイファ「何!?みずしゅりけんと10まんボルトが合体しただと!?」
2体の合体攻撃はハイパーボイスを押し返し…ボーマンダに命中!
サトシ「ピカチュウ!ボルテッカー!ゲッコウガはつじぎり!メタグロスを攻撃だ!」
電気を身体に帯びた状態でピカチュウはメタグロスに突撃!
『はかいこうせん』の反動でメタグロスは反撃できず、攻撃が炸裂!
続いてゲッコウガの斬撃もメタグロスにヒットする!!
サイファ「メタグロス!!バレットパンチ!!」
メタグロスは高速でゲッコウガに接近し、攻撃を放つ!
サイファ「そのまま掴みなさい!!」
サトシ「何!?」
サイファ「ボーマンダ!!かみなりのキバです!!」
ボーマンダはキバに電気を発生させ、ゲッコウガに接近する!
サイファ「そのゲッコウガは厄介ですからねえ!まずはあなたから倒して差し上げましょう!」
サトシ「させるか!ピカチュウ!アイアンテール!!ボーマンダのアゴを狙え!!」
ピカチュウは小さな身体を活かしボーマンダの顔の下に回り込み…アイアンテールを放つ!『かみなりのキバ』が暴発し、ボーマンダはダメージを受ける!!
サトシ「さらにメタグロスにアイアンテールだ!!」
尻尾を硬化させたままピカチュウはメタグロスに攻撃!ダメージは僅かだが、一瞬怯んだ隙にゲッコウガはメタグロスから脱出!
サイファ「ちいい!!メガシンカでも!特別な力を持っている訳でもないどころか!!進化前のクセに!!さっきから邪魔ばかり!!目障りです!!」
サトシ「サイファ!!お前は選ばれし者とかメガシンカにこだわってるみたいだけどな…そんなの関係ない!!ゲッコウガだけじゃなくて、どんなポケモンだって無限の力を秘めているんだ!」
サイファ「黙りなさい!!ボーマンダ!ハイパーボイス!」
サトシ「ジャンプしてかわせ!」
ピカチュウとゲッコウガはジャンプして攻撃から距離を取る!
サトシ「10まんボルト!!れいとうビーム!!」
ピカチュウとゲッコウガの攻撃がボーマンダに向けて放たれる!!
サイファ「こおりタイプの攻撃を今喰らうのはまずい!メタグロス!!」
メタグロスはれいとうビームに向かって突っ込み、ボーマンダをかばう!
しかし10まんボルトまではカバーできず、ボーマンダに炸裂!!
サトシ「よし!このまま一気に攻めるぞ!!」
サイファ(馬鹿な…この私が追いつめられているとでもいうのですか…!?ありえない…そんなことはありえないはずです!!私は神に等しい存在のはず!!いくら手負いだったとはいえ愚民に追いつめられるはずが…)
そしてサイファはあることに気付く。
サイファ(そうだ…サーキットを90%以上走り終えたとはいえ、私は完全な神ではない。完全な神となればこの程度の相手は返り討ちにできる!!)
サイファ「かくなる上は…メタグロス!しねんのずつきです!!」
頭部にエネルギーを帯びたメタグロスが迫る!!
サトシ「来るぞピカチュウ!!」
しかし…メタグロスはピカチュウを通り過ぎる!!
サトシ「え!?」
サイファ「狙いはこっちです!!」
メタグロスはサトシが乗っているPバイクに突撃する!!
サトシ「うわああああ!!」
Pバイクを破壊され、放り出されるサトシ!
ゲッコウガ「!!」
ゲッコウガはとっさにサトシに駆け寄って受け止める!
ピカチュウ「ピカピ!!」
サイファ「隙ありです!ドラゴンダイブ!!」
ボーマンダのドラゴンダイブがピカチュウに炸裂!!
サトシ「ピカチュウ!!」
ピカチュウはついに戦闘不能になってしまう!
サトシ「サイファ!神とか言ってるくせにやることが汚いぞ!!」
サイファ「何とでもいいなさい!!確実な勝利を追求するのが私のやり方なのですよ!!」
さらにゲッコウガに異変が!
ゲッコウガ「…!!」
サトシ「ゲッコウガが元に戻った!?待てサイファ!!」
しかしサイファはサトシを無視し去っていく。Pバイクを破壊されたサトシは追いかけることができない…!

サイファ(『きずなへんげ』が起きるのは無限大エナジーを動力とするPバイクがゲッコウガの力を引き出すから。ならばPバイクを破壊してしまえばいい。仮に彼が別のPバイクを使って追いかけてくるとしてもそれには時間がかかるはず。それだけ時間を稼げれば十分!完璧な神となればポケモンの強化も回復も自由自在!誰が来ても負けるはずがありません!!)

サトシ「ありがとなピカチュウ。」
サトシは倒れているピカチュウを抱きかかえる。
サトシ「くそ…これじゃサイファを追いかけられない!ゲッコウガのきずなへんげも解けちゃったし…どうすれば…」
ピカチュウ「…ピ!ピカ…」
ピカチュウは目を覚ます。すると…
ピカチュウ「ピカピ!!ピカピカ!!ピカピカチュウ!!!」
身体は限界だというのにピカチュウは何かを訴える!
サトシ「ピカチュウ…そうだよな。迷ってる暇なかったな。グラジオやみんなの想いを引き継いで俺は戦っているんだ。こんなところで立ち止まらない!!俺達は…この街を守る!!」
ゲッコウガ「ガララ!!」

サイファ「…む?」
サイファは後方からあるポケモンが近づいてくることに気付く!
サイファ「…サトシさんのゲッコウガですか。トレーナーはついていけないからポケモンだけで追いかけてきたってところですか。愚かな!あなたでは私の相手にはなりませんよ!ボーマンダ!!かみなりのキバ!!」
ゲッコウガはジャンプしてボーマンダの攻撃を回避するが…
サイファ「バレットパンチ!!」
メタグロスのバレットパンチは回避できず!炸裂する!!
サイファ「ふん!Pバイクもない!きずなへんでも使えない!トレーナーすらいない!!そんな奴が私に勝てると思っていたのですか!?」
ゲッコウガ(…!!)
サイファ「今度こそ終わりです!ハイパーボイス!!」
ゲッコウガ「ガララ!!ガラ!コウガ!!」
サトシ(まだだ!俺達は諦めない!!)
ゲッコウガは地面に向かってみずしゅりけんを放ち!その勢いで高く飛び上がり、攻撃を回避する!
サイファ「む!?メタグロス!!アームハンマー!!」
続いてメタグロスが攻撃を放つが…ゲッコウガはこの攻撃も見抜いて回避する!
サイファ「どういうことです…こんな俊敏な動き…ポケモンが自分の判断で出来るもののはずがない。まるでトレーナーが側にいるかのような…」
サトシ(行くぜ!ゲッコウガ!!Pバイクが無かろうが!トレーナーが側にいなかろうが関係ない!!これが俺達の!!)
ゲッコウガ「ガララ!」
サトシ(絆の力だああああ!!!)
ゲッコウガ「コウガアアアアアアア!!!」
ゲッコウガは激しい水流に包まれる!!
サイファ「ま…まさか!?」
ゲッコウガはサトシゲッコウガへと姿を変える!!
サイファ「あ…あり得ない!!Pバイクも破壊し!トレーナーもすぐ近くにいないのに!きずなへんげを起こしたというのですか!?!?!?」
もはやサトシとゲッコウガは一心同体だった。たとえ側にいなくても、サトシの想いはゲッコウガに伝わってくる!!
サイファ「ドラゴンダイブ!!」
サトシ(後方に下がってれいとうビーム!!)
ボーマンダの一撃を回避し、ゲッコウガは冷気を放つ!攻撃が直撃し、ボーマンダは倒れる!!
サイファ「ぐうううう!!!!」
そしてサイファもメガシンカの反動を受ける!
サイファ(く…苦しいだと!?まさか…私に限界が近づいてきたというのですか!?早く神にならなければ!!)
サイファはゲッコウガに背を向けてサーキットを走り切ろうとする!
サトシ(これが俺達の全力だ!ゲッコウガ!みずしゅりけん!!!)
ゲッコウガは全力の力を込めて…みずしゅりけんを放つ!!
その手裏剣は巨大で、そして高熱によって赤く輝いていた!!
サイファ「く…メタグロス!!はかいこうせん!!!」
メタグロスは強烈な光線を放つが…みずしゅりけんはそれを押し返していく!!
サイファ「な…そんな…」
みずしゅりけんがメタグロスに炸裂し、攻撃の余波がサイファに襲い掛かる!!
サイファ「うおああああああああああ!!もう少しで!!もう少しで神になれたというのに!!!!」
サイファはサーキットに叩き付けられ、そして倒れ込む!
サイファ「このような失態…申訳ございません…マジン様…!!」

その頃パラレルシティ上空では…
ジガルデ「ぜドオオオオオオオオオオオオオ!!!!」
上空に向けて『コアパニッシャー』を放ち続けるジガルデ。
空に開いていた時空の歪みは小さくなっている!
ゴウショウ「ふむ…もう少しで時空は元に戻りそうだな…」

そしてサーキットではゲッコウガの元にサトシがやってきた!
サトシ「ゲッコウガ!!」
手を挙げるサトシ。そして…ゲッコウガとハイタッチをかわす!
サトシ「よくやったな!!」
静かにうなずくゲッコウガ。
ゲッコウガ「…?」
ゲッコウガはサーキットの異変に気付く。サトシもその後すぐに気が付いた。
サトシ「サーキットの光…無限大エナジーが消えてきている?」
サーキットの光は上空に向けて吸い込まれている。
そしてサイファが吸収した無限大エナジーも空に戻っていく!
サトシ「きっとゴウショウさん達が何とかしてくれたおかげだな!これで一件落着…かな?」
サイファ「くくく…そうはさせませんよ…!!」
サトシ「サイファ!?」
サイファ「ふうん!!」
サイファは上空に飛び立つ!!
サトシ「何をするつもりだ!?」
サイファ「最早私がマジン様のために出来ることは一つ!!マジン様の障害となるような者を消し去ること!!」

ゴウショウ「…む!?」
ゴウショウはサイファが時空の歪みに向かっていることに気付く!
サイファ「私には吸収した無限大エナジーが20%程残っている!!このエネルギーを持った状態で高速で突撃すれば…時空の歪みが暴走し、この街は異次元の彼方に飲み込まれるでしょう!!」
ゴウショウ「そんなことをしたらお前も死ぬぞ!?」
サイファ「この老いぼれに残された命はあとわずか!多少寿命が縮んでも構いませんよ!!マジン様の脅威となる者は全て消えてしまえばいいのです!!」
閉じようとする時空の歪みに突っ込もうとするサイファ。
ゴウショウは止めようとポケモンを出すが、間に合わない!!
サイファを止める者はいないと思われた…その時!!
「サイバさん!!!」
サイバの手をぎゅっと掴み、止める者が現れた。それは…
サイファ「シャドさん!?」
シャド「もうやめてサイバさん!!」
シャドはゴーストポケモンの『サイコキネシス』を使い、サイファを追いかけてきたらしい。
サイファ「その手を放しなさい!!」
シャド「いや!!」
サイファ「何故です!!」
シャド「それは…消えて欲しくないから…サイバさんは…私の友達だから!!消えるなんて嫌なの!!!」
サイファ「友達!?私はあなたを利用していたのですよ!?だのに…」
シャド「それでも…私に初めて話しかけてくれた人であるあなたは…私の大好きな友達だから!!」
サイファ「…!!」
そしてサイファは我に返る。
サイバ「…まったく、あなたという人は…」

上空に起きる明らかな異変。地上にいるトレーナー達も気づいていた。
グラジオとカイリはリーリエやプラターヌ、そして操られていたエーテル財団職員と戦っていた財団支部長のビーンと合流していた。
リーリエ「兄さま!空を見てください!!」
グラジオ「ウルトラホールが…」
ビーン「消えていく…!」
プラターヌ「マーベラス!!」
カイリ「サトシやゴウショウさん達が何とかしたみたいね…!」

激しい戦いを終えて仰向けに倒れているイカズチとイナズマは…
イカズチ「どーだ!!俺のライバルたち!!すごいだろ!!」
イナズマ「…ふん、お前が強くなった理由はよく分かった。」

サトシ「今度こそ…一件落着だな!」
ゲッコウガ「コウ!」
ピカチュウ「ピカ!」

To be continued…

この記事に

  • 顔アイコン

    け「つ」ち「や」くついたか 削除

    [ ホワイトデー ]

    2018/3/14(水) 午後 4:35

    返信する
  • 顔アイコン

    面白いですね〜 削除

    [ サンジ ]

    2018/3/14(水) 午後 8:49

    返信する
  • 顔アイコン

    >ホワイトデーさん
    次回いよいよ完結です!

    とり。

    2018/3/15(木) 午前 7:07

    返信する
  • 顔アイコン

    >サンジさん
    ありがとうございます!

    とり。

    2018/3/15(木) 午前 7:08

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事