全体表示

[ リスト ]

面白かった。作者の「僕僕先生」シリーズの5倍くらいの面白さ。
唐末の歴史小説。賊視点。
教科書然とした所がなく、平易でわかりやすい。説明臭がない。唐書やら十八史略やらをただ日本語訳してみただけですという他の小説みたいな素っ気無さもない。

賊が自立するか官位を貰うかの機微、
広州(香港の上)の異境っぷり、
あたりが頭に叩き込まれた。

双手を上げて推薦したいが「女性はどう読むんだろ?」という所だけ少しひっかかかる。

読めない名前が多数が出るのでルビのある38頁に付箋を付けて読んだ。124頁のように、章で初出の人名はルビを振るようにしてくれれば良いのに。何故か124頁だけ。

読後、ネットで検索して小説で得た知識で補正。張存敬てネット検索してもなかなか出てこないのな。

感想リンク 新書中心主義−心理学者の読書日記さん 無職になるまで日記さん
関連小説 田中芳樹「纐纈城綺譚」

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事