全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

いろいろ新聞を読んでみた。大宮えらい落ち込みだが心配してない。以下全て商業地の話。

全国の商業地は今年4.7%↓の下落。大宮区は7.3%↓の下落。全国水準より、より強く落ちてる。
県内視点で見ると県内商業地の下落幅ワースト10のうち8地点が大宮。下落幅ワースト5のうち全てが大宮。つまり下落率は同駅近辺なら ほぼ同じという事。よく考えれば当たり前だ。大宮駅近辺は6-8%台↓で、川口駅近辺なら3-4%台↓だ。
国交省の人いわく
「地価は昨年まで過熱してた。都内の物件が少なくなったので、不動産ファンドの投資が大宮に流れ込み、地価を上昇させてた」
との事。

で、何で心配してないかと言うと
第一にまだ県内トップの地価だから。
県内上位10地点は
大宮・川口・大宮・大宮・大宮・所沢・浦和・川越・川口・川口の順。トップ237万円。
第二に今年はマイナスだが、去年はプラスで、差し引きプラスだから。
大宮区で言うと今年7.3%↓の下落だけど、去年10.9%↑の上昇。
どちらかというと、去年今年両方とも下落という地域の方が大丈夫かな、と。
ちなみに東京23区は今年7.5%↓ 去年15.8%↑。東京潤ってるなー。

野球の世界戦。最後の2回の攻防だけ観た。
韓国と因縁のあるイチローが決勝打で幕引き。日本の実況解説が
「ここは満塁策でイチローを歩かせるべきでは」
と示唆してたが、打ち取って次回の攻撃を勢いづかしたい気は よくわかる。ていうか勝負しないと面白くない。

日本は塁を進ませる為のバントがデフォのようだ。スリーバントすらしてた。"サムライJAPAN"は侍のような自己犠牲という意味で原監督が名付けたらしい。戦国の侍ではなく、江戸期の侍か。ハラキリ犠打。
まあ。結果が全てだから正しいのだろう。

日本が優勝した時、アナが「世界に対して、誇りと名誉を失いかけてた日本が…」とか言ってて、いきなり何の事かと思った。(…の後は「誇りと名誉を取り戻した所を見せた」ような意味の事を言ったのだと思う、語句覚えてないけど)
何をそんなに鬱屈してるんだか。

前々から思ってたけど、優勝国が次回WBCの開催国になれば良いのに。

時代ミステリ。連作で7話収録。中学生以上推奨。
川田弥一郎は初めて読んだ。
1話目で「無駄に宋代の用語をずらずら並べて読みにくいなー」と放り投げようかと思ったが、読み進むにつれて地味な面白さを味わえるようになった。
歪つにエロい。あと犯人間違えても大した事ないような気もする。自己満足的な緊張感と自白偏重。

なお「検屍」の語が使われているが、正確には「検視」。小説にはセンセーショナルな表現である「検屍」が使用される場合が多い。
面白かった。
巨大ロボもの。
多く女性視点なので、日常への落とし込みが巧み。お話のペース配分が変則的に上手い。物足りなさもあるが。

感想リンク 秋山真琴の積読崩しさん
連想小説 「歩兵型戦闘車両OO」 
柳広司「ジョーカー」原作の漫画が再開。
冬目景の不定期連載が掲載。最終回らしい。最近、女性作家だと知る。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事