全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

西大宮駅開業


3/14に開業。天気の良い3/15に行ってきた。

大宮の駅の開業は土呂駅(1983年)以来か。ニューシャトルの駅開業も1983年で、より後だったけど地下鉄の駅みたくバス停留所と変わらない素っ気無さなので駅開業にカウントしたくない気分。(※1)

で、西大宮駅を北西から↓
イメージ 1

駅北口にはコンビニ・派出所など1軒もなし。
も少し近づく↓
イメージ 2

駅構内に入ってみる。階段口最下段。
イメージ 3

謎の靴脱ぎ。西大宮駅構内は土足厳禁では無いです。一応。
靴下で滑って遊びたかった子供か?


お出迎えの監視カメラ。
イメージ 4


西大宮駅から北口を見る
イメージ 5
赤く印をつけたのが埼玉栄高校。西区区役所も近い。

構内より東を望む
イメージ 7
構内の西側は券売機と改札。東側はガラス張りだった。ピクチャーウィンドゥてこんなか。
単線の切替がよく見える。

西大宮駅から南口を見る
イメージ 6
まあ基本 田畑の中に建てた駅という事がわかる。南口には小さな駐輪場があった。店の欠片も無し。

関連リンク SATの日記さん 流れのヒントの日記さん 
関連動画 ta9beさん


※1 ちなみに大宮以南の埼京線の駅は1985年開業。

若田宇宙飛行士発射

イメージ 1

ISS(国際宇宙ステーション)に3ヶ月の長期滞在する予定。
テレビのインタビューで
「人類が永続的に生きる為、モルモットとなる」(大意)
と笑顔で話してた。ISSでの被爆は結構な量となる様子。

地元大宮の英雄だけど、アルシェの電光掲示板で打ち上げ映像とか流したのかしら。

/
ニュースで「初めてのISS長期滞在」みたいな報道されてて、前回誰かISSに行ってなかったっけか?と疑問に思い、wikiで見てみた。
土井隆雄宇宙飛行士がミッションSTS-123で半月ほどのISS滞在をしてるようだ。
何日から長期なんだろ?と首をひねってたけど、不意に気付く。
「行ったスペースシャトルで帰ってくる」ミッションは長期滞在じゃない って事だ多分。

現在の日本人最長宇宙滞在期間は土井宇宙飛行士の31日19時間35分。これを若田宇宙飛行士が抜く。
ISS同乗の宇宙飛行士は誰だろうとネット検索する。マイケル・バラット宇宙飛行士(米)とゲナディ・パダルカ宇宙飛行士(露)ぽい。日米露の3人。
オバマ新大統領、宇宙から祝福される(sorae.jp)
宇宙ごみ急接近、ISS乗員3人が一時避難(時事通信)
ミッションSTS-119(wiki)
などから推測。今は3人体制だが、後に6人体制になる予定だそうだ。


面白かった。
アニメ化予定の「化物語」(※1)の過去的続編。戦闘ラノベ。
前作すっかり忘れてる状態で読んだ。
笑える文章とシリアスの混濁をさせる手口が巧妙で、上手いというか少し騙された感じもする。
最初、主人公の様子が「凡庸かな」と思って読んでたが、ラスト「そんな事もなかった」と翻る。翼の最強さだけが印象に残るけど、ラストの主人公も充分強い。俺なら「自分と自分の周囲だけ安全ならいいや」とオートマチックに妥協した気がする凄く。
なんとなく中学生に薦めたい小説だ。

感想リンク 
読丸電視行さん http://d.hatena.ne.jp/yomimaru/20080509#book
棒日記Vさん http://d.hatena.ne.jp/architect/20080515/p1

前作「化物語」感想 http://d.hatena.ne.jp/perfectspell/20070910#p6
連想小説 「絶句」新井素子(※2)
連想漫画 「凍牌」(※3)


※1 2007年7月放送予定 制作:シャフト。http://www.bakemonogatari.com/
※2 中学生の時に読んだ
※3 「落としたナイフをとっさに拾う危険な反射」あたり

面白かった。
「キノの旅」のセルフパロディ。イラストは萌え化。
文章的には火浦功の系譜か。

1巻感想。
いろいろクロスっぷりが面白い。牛乳をあれほど賛美しといて327頁で「牛乳臭い」と下げるとか。
感想リンク 鼠見聞録さん http://d.hatena.ne.jp/sozoku/20060813/1155563330
フィギュアリンク フィギュアの国レビューさん http://yotsubatofigure.net/fig/kino_gakuen.html


以下2巻感想↓
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/
/
//
//
//
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
//
/
/
/
/
/
//
/
/
2巻感想
面白かったけど、1巻の出オチで消費された感もある。
シリアス分を混ぜて物語を成立させようともしてる。いや、笑える文章なのだけども。
今、西尾維新「傷物語」を読んでて、西尾維新の「笑える文章」は後に引っ張って読ませる感じ、時雨沢恵一の「笑える文章」は やや散発的か。
(絶対評価で面白いものを、わざわざ比較の愚で腐すのもアレだけど)
なお「アリソン」のネタばれ少しあり。
本巻のあとがきは、今まで読んだあとがき(全書物)の中で一番まじめなあとがきだった。
感想リンク 希望屋さん http://blog.goo.ne.jp/renka_k/e/11fdd0837943311f55dc1d6b061ff80d


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事