全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

暫定ベストアンサー
「『今の俺』とかけて『朝の中央線』と解きます」



暫定セカンドベストアンサー
「『今の俺』とかけて『レーニン廟の偉い人』と解きます」

倒産の主な種類 (ライター 林田孝司)
 会社更生
 民事再生
 破産
など。
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/1112009031205
会社更生・民事再生は共に事業は継続し、従業員の立場は変わらない。破産の場合、従業員は解雇。
会社更生法では経営陣が退陣するが、民事再生法では原則 退陣は必要ない。会社更生法の方が手続きが厳格で1年数ヶ月ほどかかるが、民事再生法は5ヶ月程度。会社更生法が大規模な会社、民事再生法は中小規模の会社を前提としていた。が、最近は原則どおりとも限らず。

そういえばアライヘルメットのライバル会社SHOEIが1992年会社更生法を適用して倒産。三菱商事から出張った男が社長に就任し、ヘルメット世界シェアNo.1にまでした、とかあったな。(アライヘルメットは日本シェアNo.1
日経ベンチャーonline ニッポンの社長へ: SHOEI 社長 山田 勝 氏
/

泣ける動画紹介 (ライター 篠本634)
ショートケーキ

↑2:01 最後の広告と動画本編は無関係ぽい
.
泣けるAA

↑9:04 「デジカメ」「合格発表の日」「財布の中味」「動物園の写真」ほか
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/2009/03/tt-82.html
ノックを機械に行わせる場合、ピッチングマシーンを流用するのだと思うが、↑)○(↑、バットを使ったノックマシーンが開発中、との事。
バットの振りを見て守備者が動けるので、ピッチングマシーン型と比べて、実戦に近いそうだ。
高級志向か。会社はハトリバンテック。
/
サブオービタルという超高度を飛ぶ飛行機が計画されてるそうだ。飛行機というか宇宙船というのか迷うが。
東京→LAの現在12時間の旅が90分になる。
面白かった。
主人公が模擬裁判で取った行動は「真実より裁判手順を優先するなんて納得いかんなー」と最初思ったが、今は考え直した。
主人公の推理は「確率の高い推論」でしかないのだから、検察がきっちり突いて立証しなければ"事件の不合理な点"は本当には解明されないってコトか。
推理同好会の考え方は主人公に近かった。ヒロインの考え方は正に"状況証拠"重視で主人公の思考法と真逆。

低視聴率を惜しみつつ終了。主役2人の演技がネックとなった気がするが、「意地悪そうな女の子と茫洋とした男の子」のペアと思えば、「案外相性いいかも、演技も味わい深いかも」と2人を再評価中。

感想リンク PARALLEL LINEさん ナズナ想さん
前回リンク

/
追記 今読んでる本「世界一くだらない法律集」より
実際にあった法廷のやりとり
「あなたは自分が無罪だと主張していますが、この法廷にいる7人の人間があなたが時計を盗むところを見たと証言しているんですよ」
「判事さん。私が盗むところを見ていない人間だって1000人でも連れてこれますよ」

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事