ここから本文です

近くのご高齢の方のお宅で、生まれた約生後2か月の保護猫ちゃんです。

どうかご縁のある優しい方に家族に迎えていただけたらと願っています。

JUPES先生のブログでも紹介していただきました。

5人兄弟ですが、とても仲良しです。性格は難しいところはなく天真爛漫。

3種混合ワクチン1回すみ、血液検査異常なし、検便すみ(虫の駆除済み)

爪切りもおとなしく切らせてくれます。

気になるので見てみたいという気軽な感じで、見に来ていただいてOKです。

神戸市垂水区で保護しております。

トライアルを経て、譲渡が決まった時に、恐れ入りますが費用をいただいております。沢山の方の協力を得ており、申し訳ないですが1匹1万5千円です。

(内1万円はワクチン、血液検査、検便代、5千円は、ボランティア団体への支援で次の猫ちゃんのために使わせていただきます)

メールはこちら田中まで


イメージ 1
↑アリエル(女の子)

イメージ 2
↑イシス(女の子)ゴロゴロ言って一番甘えたさんです。
お腹をみせてなでて〜とよってきます。

しっぽの先が丸くカールしていて、幸運を呼ぶかぎしっぽです。

イメージ 3
↑ウリエル(男の子)この子も甘えん坊でゴロゴロいって
甘えてくれます。目がとってもきれいです。※11/18 トライアル中です。※

イメージ 4
↑オシリス(男の子)

イメージ 5
↑エアリエル(女の子)
※11/18 トライアル中です


まだ2か月なので、2猫ちゃんで受け入れていれる方か、お家に先住猫ちゃんがおられる方にお願いしたいです。まだ赤ちゃんの時期なので、1人になるとさびしくなります。半年ぐらいになりましたら、1匹で譲渡も大丈夫なのですが・

猫ちゃんの成長にとっても、猫のお友達がいた方がいいですし、あと飼い主にとってもとても楽です。1匹育てるとさびしがりますし、遊んであげたりもしないといけないのでパワーがいります。私も経験済みです。

子猫ちゃんから育てると、可愛いですし、仔猫を3匹飼っている私が、できる限り
ご相談に乗ります。



神戸でjupes先生と生徒様方と共に、天界のアーススター&アースエンジェル講座も受講しており、天界の愛と光を浴びて天界のセラピーキャットとして成長中です。

ご高齢の方のお宅で譲渡会まで預かってもらうことになっていたのですが、

病院受診後、ボランティアさんから、急遽 あなたのお宅で預かってもらえないか、猫ちゃんにとってもその方がよいとお電話があり、私もどうしてよいかあせりながらも、しばらくお預かりすることになったのでした。

ラブストーリーは突然に・・という歌のように、(古くてすみません)
猫ちゃんがいつも私に突然やってきます。いつもパニックになり、そして後になって
愛と幸せがやってきて、これも学びだったのかなと思います。



この記事に



今日は秋晴れで、空気も澄み切って、気温も下がっています。
秋らしくなりましたね。

こちらのセラピールームも朝晩は冷えるので、3猫ちゃんにペットヒーターを
注文しました。

先日、来てくださったクライアント様が、ヒーリングで横になっていらっしゃる時に
赤ちゃん猫のファラオ君(3か月)がお体の上にのって、

その方のお腹のあたりで、気持ちよさそうに眠り始めました。

眠りながら、「ちゅちゅちゅ・・・」と口を動かしてご飯を食べる仕草までしていまして、途中でその方の右耳まで行き、さわったりしておりました。

そのクライアント様が起きて座っていらっしゃる時もぴったりくっついていました。

天界のセラピーキャットは、人を癒すお役目をもっていて、いらないエネルギーを
吸い取り、天界に返し、その代わりに天界の光を注いでくれます。

ファラオ君もクラインと様を癒そうと、エネルギーを感じとり、自らお体の上に乗っていたのですね。何とも可愛くて、インナーチャイルドも癒されます。

ホルス君もクライアント様の座っておられるソファーの下でずっとおりまして、くれちゃんも同じ部屋の中でいて、3猫ちゃんで天使達と共に働いておりました。


今日も皆でお昼寝中です(*'▽')

イメージ 1

自営業の父が仕事が途切れがちだったのが、猫ちゃんが来てから、途切れなく仕事が入ってくるようになったといっておりまして

糖尿病の母も、HbA1Cという血糖値の1〜2か月の平均を表す指標なんですが
9.0台後半という、悪いところにありまして、なかなか下がらなかったのですが
猫ちゃんが来てから、7.0台にまで下がりました。

6.8以下ぐらいが正常値でして、1.0下げるのも大変なことで
保健師の仕事で、指導をしていたことがありますが、生活習慣の改善ほど難しい
ことはありません。食べ物、おやつ、運動・・それを変えることは、私自身も
意志の力では無理です(/ω\)

でもみるみる血糖値が下がり、びっくりです。生活スタイルは変わっておらず、
家にいることがほとんどですし、野菜を食べるのを増やしたぐらいです。

猫ちゃんは精霊のみつかいだそうで、癒して、助けてくれたのだと感じます。
何より、心があったかく、幸せホルモンがでますね♡

母はとても心がさびしい、孤独な人で、娘の私がどんなに一緒にいても癒され
なかったのですが、猫ちゃんがハートを温かく温めてくれているので、笑顔が増えました。(しかも動物嫌いだったので、びっくりです)

イメージ 2




神戸・垂水での天界のエンジェルヒプノセラピーについては
 こちらのホームページをご覧くださいませ
 



この記事に

開くトラックバック(0)

ねこの病院へ


先日、神戸市内の猫専門病院へ行ってきました。

クレちゃんをキャリーバッグに、ファラオ君をリュックに入れて、

電車にゆられ・・・(電車はちょっと可哀想なんですがね・・)

ねこの病院と大きく書いてあり、入ると保護されて病院で飼っている猫ちゃんが

歩いています。人なつっこい子もいて、可愛いです。


先生はさっぱりした感じで、しっかり触診をしてくださり、猫を愛してる方で

アッシジの聖フランチェスコを思い出してしまいます。2人とも風邪をひいて

いたのですが、注射をしていただいて、目薬などを処方してもらって、だいぶ

良くなってきました。費用が良心的で、助かります。



待合室も猫ちゃんの患者さんのみなので、親近感がわき、話しかけてくださる方も

いてほっこりします。野良の猫ちゃんを引き取って大切にされている方とお話し

することが続いて、冬に車のエンジンルームに入ってた野良の猫ちゃんが、エンジン

がかかり、足がなくなってしまったそうで、ご近所に住んでいたその方が、引き取り

7年ほど介護されているとのことでした。

その猫ちゃんは、そのご婦人を選んだとしか思えず、一緒にお話をしていても魂から

温かいものを感じる素敵な方でした。初めはなつかず大変だったそうで、食事、排泄

お世話をされておられます。その猫ちゃんが横に静かにバッグにはいって待っており

ましたが、ご婦人のことを感謝しているのが伝わってきました。


ここの病院に来ると、猫ちゃんの癒しのパワーで、皆が癒されて、とても平和な

空間で素敵です。

セラピールームの3猫ちゃんも、とても子猫の可愛い時期ですので、ぜひ皆さまと

お会いできたらと思っております。セラピーキャットに会いに来てくださいませ。
イメージ 1





セラピーについてはこちらのホームページをご覧ください
 



この記事に

 
           天界のエンジェルヒプノセラピーを再開いたしました!

イメージ 4

ゆっくりとお話をお聞きしながら、天界のヒーリング、チャネリングを行います。また、小さいころ、胎内、そして前世へもその方に応じて、戻り、魂が
天界の光の中で癒されるお手伝いをさせていただきます。

未来もベストな方向へ進むことができます。


イメージ 5

セラピーについてはこちらのホームページをご覧ください
 


イメージ 6

セラピールームには、天界のエンジェルヒプノセラピーキャット 3猫ちゃんもおります!
皆、もともとは、野で保護された子猫でした。

天界の光を猫ちゃんたちが体を通して、注ぎ癒してくれます。
そして、ネガティブなものを吸い込んで、天へ帰してくれます。ふれるだけで、ハートが温かく癒されるのがわかると思います。

※猫ちゃんが苦手な方はおっしゃってくださいませ。
  配慮させていただきます。

クレオパトラ・・通称クレちゃん(5か月)女の子です。人が大好きです。
         今年の5月に近くの公園で1人で泣いていて保護しました。
イメージ 1

ホルス君(5か月)優しくシャイです。とても美しい美少年です。
           リスのようにしっぽもふさふさです。
           東京都小平で母猫イシスちゃんと共に保護され
           垂水にやってきました。
           イシスちゃんは8月に天に帰りました・・

イメージ 2

ファラオ君(1か月)とても人懐っこい、元気な男の子です。
            しっぽがくるんと豚のしっぽのようになっています。
            東京都小平市で保護。たった1人で泣いていたところ
            保護されました。クレちゃんを母のように、ホルス君を
            兄のように慕っています。

イメージ 3



この記事に

開くトラックバック(0)



姉と弟

3猫ちゃん達はとっても仲良くすごしています。

生後20日のファラオ君は、おっぱいをさがし、生後4か月のクレちゃんのお腹を探して

そして、生後50日のホルス君のおっぱいも探しておりました。

ホルス君は男子ですので、困惑気味だと思うのですが、温かく見守ってくれていました。


クレちゃんとホルス君は、ラブラブな感じで遊んでいまして

ふと2階へ上がると2人とも、ぴたっつと静止して、気まずそうな顔をいたします。


思春期の娘がデートしているのを目撃したおかんの気持ちです。

でもホルス君なら安心。

赤ちゃんだったクレちゃん、いつもだっこして、いつも一緒だったクレちゃん、たった3か月ですが

走馬灯のようによみがえり、うるうる泣けてきます。


猫ちゃんを飼ったことがなかったので、こんなにも心があったかくなるなんて・・・

この癒しをぜひ体験してもらいたいです。

私のセラピールームで、天界のセラピーキャットたちとの触れ合いの時間というメニューを作ろうかと

計画中です。またぜひおこしくださいね。


イメージ 1


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事