チーズ図鑑

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

FC2 ブログで更新しました☆

チーズ図鑑 ゴルゴンゾーラ&マルスカポーネミックス

ぜひFC2のブログに遊びに来てね。




ショップのサイトはこちらです。


クリックしていただけるとブログを続ける励みになります↓
 にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ↑

どうぞよろしくお願いします。


*****


お店のFace Bookページを作りました♪
(英語の表記が多いですが、あそびにきてね)
FC2 ブログで更新しました☆

水牛のカマンベール もおいしいな。

ぜひFC2のブログに遊びに来てね。




ショップのサイトはこちらです。


クリックしていただけるとブログを続ける励みになります↓
 にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ↑

どうぞよろしくお願いします。


*****


お店のFace Bookページを作りました♪
(英語の表記が多いですが、あそびにきてね)
先日、Langresチーズを購入しました~♪
イメージ 1

このチーズ、シャンパーニュ地方のチーズらしいのですが、AOCです。

牛乳のチーズなのですが、内側は結構カマンベールみたいにソフトなのですが、外の皮が多分ウォッシュチーズなんだと思うのです。
なので、味的にはちょっと癖があります。おしんこみたいな感じ?

イメージ 2

イメージ 3

癖があるので、はちみつかけて食べました~♪
イメージ 4

はちみつかけると癖が柔らかくなって、デザート感覚になります。
美味でしたよ!





ショップのサイトはこちらです。

クリックしていただけるとブログを続ける励みになります↓
 にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ↑

どうぞよろしくお願いします。


*****

お店のFace Bookページを作りました♪
(英語の表記が多いですが、あそびにきてね)


まだまだ、我が家では風邪が続いております。

日本も雪が降ったりと、相当寒い様子。

どうか、体調を崩さないように、皆さんも気を付けてください!


さて、先日、チーズフォンデュを食べました。

というのは、スーパーのアルプス地方フェアでインスタントのチーズフォンデュが売っていて、購入してあったんですよね。

でも長い間キッチンの棚にしまいっぱなしになっていました・・・。

風邪なのに、こんな重いものを食べて大丈夫か?とも思ったのですが、
だいぶ体調も元に戻ってきていたし、
とにかく体があったまるものがいいかな〜、でも料理をするのがめんどい、
ということで、簡単にできるチーズフォンデュにしました。

イメージ 1
こちらが、インスタントのチーズフォンデユ。

フランスのスーパーでは普通に売っています。

たぶん、500円しないんじゃないかな~。

日本へのお土産にもいいと思う。


このチーズフォンデュはスイスのチーズ使用、とあります。

国境を隔ててフランス側でも普通にチーズフォンデュを食べるので(その時にはフランス側のチーズをもちろん使用して作るんですが)、一応こうやって書いてあるんでしょうね~。


で、このインスタントのチーズフォンデユをお鍋にあけますと、こんな感じ〜。
イメージ 2
これに弱火で火を通して、トロトロにします。

トロトロになるまで、パンを一口大に切って、
イメージ 3

健康のため、野菜やハムなんかも用意します。
イメージ 4
今回は、かぼちゃとポアロねぎと人参(レンジでチンして火を通す)
+トマトと生ハム~。

たぶん、生ハムより普通のハムのほうがチーズフォンデユには合うと思います。

が、旦那が勝手に生ハムを買ってきたので今回は生ハムです(旦那は普通のハムが苦手。。。)

そんなこんなしているうちにチーズが溶けました~。
イメージ 5

では、まずは定番のパン。
イメージ 6
これが一番チーズの味がわかります。

こっちで売っているチーズフォンデユの元は、結構ワインが効いています。

これも結構ワイン臭つよし。

イメージ 7
お次は生ハム〜。

う〜〜ん、食べるときに苦労します。

ってのは、生ハムって結構切れないんだよね。

イメージ 8
人参。

人参の甘みとチーズがマッチ☆

イメージ 9
かぼちゃも美味♪

イメージ 11
トマトとチーズは定番ですよね!


しかし一番おいしかったのは、なんと〜〜
イメージ 10
ポアロねぎ。

ポアロねぎの甘みとチーズ、ピッタリでした~。

イメージ 12
最後はおなべの底についたおこげをとって食べました☆

これも美味!

と~~っても簡単なインスタントチーズフォンデユ、日本でも売っているのかな?

(日本のことだから売ってそうな気もする)

売っていたら、ぜひ試してみてくださいね~。






ショップのサイトはこちらです。
クリックしていただけるとブログを続ける励みになります↓
 にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ↑

どうぞよろしくお願いします。


*****

お店のFace Bookページを作りました♪
(英語の表記が多いですが、あそびにきてね)
フランスの食卓に欠かせないチーズ。

クリスマス〜お正月にかけてのごちそうシーズンになると、いろんなチーズを集めた、チーズプラトー(プレート)なるものが、お店に並びます。

先日、そんなクリスマス用のチーズプラトー、購入してみました(第2弾)。
(第1弾のサボア地域のチーズプラトーはこちら

今回の第2弾はノルマンディー地域のチーズセットです。

ノルマンディーと言えば、一番思い出すのがカマンベールでしょう☆

ノルマンディー地方は酪農が盛んなので、チーズの種類も多いんですよ〜。

今回のチーズプラトーは、カマンベール以外のチーズが4種類入っていましたよ。

イメージ 1
チーズにのせるジャムは洋ナシのジャムが入っておりました。
そして、面白いのがバターも一緒に入ってた!
ノルマンディーはバターも有名なんです☆
私はチーズよりどっちかと言うと、バターのほうが好き。
とくにブルターニュの有塩バターが好きなんですが(ほかの地域は無塩の発酵バターが主流)、ノルマンディーのバターも好きです☆

では、まず一つ目のチーズ、Pave d'isgny。
イメージ 2
濃厚なセミハードのチーズ。

Isgnyは実はチーズだけでなく、生クリーム、バターでも有名な地域。

ってのは、この地域で飼っている牛って、ジャージー牛なんです。

ジャージー牛はイギリス、ジャージー島出身の牛なんですが、濃厚な牛乳でとっても有名。

牛乳の色も黄身がかっております。

Isgnyは海を挟んでイギリスと対面している地域なので、多分土壌もイギリスと近いんだと思う。

このチーズもこってりしていて、美味★
うまし!

イメージ 3
お次はMimolette。ハードチーズです。

これも有名なチーズですね〜。 

TommeとかComteとかと同じく、長〜い期間熟成させるチーズ。

3年ものとかになると、一部がクリスタル化して、独特の食感&コクが出てきます。

このMimoletteはそこまで熟成されてはいませんが、ナッツな味が美味☆

イメージ 4
Pont L'eveque。

カマンベールみたいな白カビソフトチーズを塩水で洗って熟成させる感じのチーズ。

製作過程で塩水で洗うので、そのせいで味に癖が出るもよう〜〜。

でも、このチーズはそんなに癖が無くて、食べやすかったです。

まだ若いんだと思う。

多分1か月ぐらい熟成しちゃったらくさくなりそ〜〜。

そして最後のLivarotなのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。

こちらもカマンベールみたいなソフトチーズなのですが、特殊なバクテリアがつくことで周りがオレンジ色になるそうな。

食感はやわらかいけど、ちょっと弾力があります。

で、味は癖があると思う〜。

私はそんなに好きじゃないかも??

それにしても、ほんと、フランスってチーズの種類が半端ないですね〜。

まだ2地域だけなのに、すでに8種類。

ってか、この2地域だって、もっと種類があるんですよ。

多分、フランス全土で軽く300ぐらいは種類があるんじゃないだろうか??

チーズ好きな人には素晴らしい国ですね!



ショップのサイトはこちらです。
(年末大セールは1月1日まで続行中です!)

クリックしていただけるとブログを続ける励みになります↓
 にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ↑

どうぞよろしくお願いします。


*****

お店のFace Bookページを作りました♪
(英語の表記が多いですが、あそびにきてね)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事