リタイアでやりたい事

早期退職で遊ぼう、最近はマラソン中心・・・

全体表示

[ リスト ]

イメージ 18
第30回記念サロマ湖100kmウルトラマラソンは4000名近い参加者で開かれました、
例によって女房と五郎(甲斐犬)連れなのでいつもの新潟港から小樽へのフェリー旅。
イメージ 1

フェリー内でのビンゴ大会で数年前に一等賞の3000円食事券が当たったことがあるが今回はスカ、金額も2000円に減額されていました。小樽まで18時間、人間は個室で快適だが五郎は狭いケージで気の毒・・・
今回は走る前に利尻に行きましたが、登山記はこちら。

利尻富士も無事に登れて稚内から今宵の宿・紋別の民宿へ向かう。せっかくなので宗谷岬を回りましたがとにかく東風が強い。
イメージ 2
間宮林蔵の銅像と
イメージ 3
本州最北端の碑、あまりの寒さに草々退散し更に南東へ
オホーツク海に沿って信号のない道が続く。
イメージ 4
       神威岬と少し先の
イメージ 26
ウスタイベチ畳岩

「サロマ」では暑さ対策ばかり考えてきたが、寒そうだ。と言う事でしまむらで長袖Tシャツ、セブンでドライバ手袋を購入。結果的にはいつもの半袖+アームスリーブでも良かったかも知れないが、手袋は必要だった。
宿はいつもの「とりこし」安くて食事がおいしい。毎年出会う砂川の渡部さんと会えなかったのは寂しいが常連さんと挨拶。今年から前日受付をしなくても良くなったので楽だ。

ヨクいよいよレース当日。女房にスタートの湧別まで送ってもらう、スタート前に大勢の知り合いと挨拶、さすがサロマだ。事前の目論見としてはkm5’45”で走れば575分、これにエイド+トイレ+写真で20分以内ならサブテン達成!という事になるが、一昨日の利尻富士登山の疲労がちょっと太腿にあり。まあ10時間半位に狙いを定める。ワッカの上りまで歩かずに行ければ10時間前後も見えてくるがどうかな?

レースは10時間かかるので女房は尾岱沼ホッカイシマエビ祭りへ向かった。片道200kmほど

コース
イメージ 5
スタートロスは45秒程度。最初はじっくりと。
5km  29’55”とまずまず。
 9km手前でピットイン、タイムロスは3’30”だが想定内。
◎10km 1.01’14”(31’19”実質ペースはアップ)応援の多い街中を抜け三里浜キャンプ場へ。ここは往復コースなので色々な人とエールの交換ができ、楽しいところだ。入口で海宝さんから名前を呼ばれて応援される。高安さん(73歳でフル4時間内で走る凄い方)や丹代さんは早く折り返してきた。二人共サロマンブルーで特に丹代さんは20回以上完走のゴールド。この二人には30km付近で追いついた。
イメージ 6
18.7kmで折り返し、既にサロマンブルー達成の上田さん、今回リーチの高橋さん、そして初参加のえどまるさんもいいペースで走っている。ウルトラ界の真矢ミキ・HAZUKIさんとも。
◎20km 1.58’55”(57’41”)徐々にイイペースになってきた。km5’45”なら10km57’30”なので。
◎30km 2.53’12”(54’17”)大分貯金ができてきた、まずは順調
◎40km 3.49’42”(56’30”)
イメージ 7
このあたりから左手に雄大なサロマ湖が広がる。この方(サロマンブルー)はサブスリーで駆け抜けました。
ちょっとプロフィールを
イメージ 8
50km手前からアップダウンとなり、ペースも乱高下し始め
◎50km 4.47’20”(57’38”) 13分の貯金だがサブテンには30分位の貯金が欲しい所だ。
このあと歩きが始まる。km30秒速いペースで走っても10分稼ぐには20kmかかるが、2km歩けば元の木阿弥・・・と思い、時々上りも走る。

途中のエイドでの素麺とお汁粉がおいしかった。ただ、この頃から日が射してきた。景色が見えるのは嬉しいが暑くなると厳しい・・・
◎60km 5.50’07”(1.02’47”)当然1時間オーバー
イメージ 9
向こうに細く伸びているのがワッカの砂州、あれをずっと走るのだ(右から左へ行き往復)。
イメージ 10
木陰が有難い、北海道は海抜0mに白樺林が広がる。
イメージ 11
有名な私設エイドの斎藤商店、今年3月に知り合った茨城の大塚さん提供の冷たいブルーベリーがおいしかった〜、ちょっとだけ元気回復?
イメージ 12
帆立貝の殻が山になっていました。
このあたり写真が多いのは余裕があるのではなく、休みたかったからです。

◎70km 7.00’30”(1.10’23”)貯金は完全に使い果たし、10時間は当然無理で10:30もどうかな?
この50kmから75kmあたりが一番きつい所でした。目標を失うと人間は脆いものです、何故か腰も痛くなり何回か立ち止まって腰を伸ばしたり。
◎80km 8.13’27”(1.12’57”)残り20kmをkm7分だと10時間33分、ちょっと厳しいなあと思ったが、
イメージ 13
ワッカ入口の登り、実は3年前8時間48分で走れた時もここだけは歩いてました。ところが、
細かいアップダウンを繰り返して景色が広がると
イメージ 14
涼しい風が吹いてきて何故か元気が出てきました。花は予想通り満開です。
手元の時計ではkm6分を切るペースも表示しています。でもせっかくなので写真を撮りまくりました。
イメージ 15
エゾスカシユリ、これまでは満開にはちょっと早かったので今回は当たり
イメージ 16
      エゾフウロ? チシマフウロ?
イメージ 17
オホーツクの海へ向かって下る感じが何とも気持ち良い。
50km部門の優勝を狙っていた?岩手のカズランさんとすれ違ったがキツそうだ(それでも年代2位はさすが)。
そのあと同じ岩手のもりなおさんとも、こちらは元気(あとで見たら50km女子2位だった)。さすが岩手鉄人会。
イメージ 19
ハマナスの花も満開、そう言えば9月の佐渡島一週の時にこの実を摘んでいる人がいたなあ。
折り返し地点は89km手前
イメージ 20
これはハマエンドウか?
イメージ 21
まさにお花畑そのもの
イメージ 22
エゾスカシユリをアップで!
イメージ 23
今年は折り返し地点がちょっと変わった。折り返してくるランナー達。

◎90km 9.21’16”(1.07’49”)計算してみると行きの9kmを1時間0分30秒で走り、この間だけで20枚写真を撮っていた。1枚撮るのに20〜30秒かかるとして実質6分ないしこれを切るペースだった事になる、確かにかなり追い抜いた。あとはkm6’30”で行けば楽勝。
帰りは大勢の仲間たちとエールの交歓、ハイタッチを繰り返す。数十人?となりを走っていた方に「挨拶が大変でなかなか走れないね」と同情されてしまった。
イメージ 24
花に負けず、ランナーもカラフル
サロマンブルーにリーチの仲間も初参加の仲間も無事乾燥できるだろう。
イメージ 25
これは?わかりません。
ここを抜ければあとは残り3km、最後は会場に入り名前をコールされながらゴール!手元のタイムで
◎100km 10.25’20”(1.04’04”)まずは予定達成!
前半 4.47’20”/後半 5.38’00” と50分の遅れ、30分以内でまとめたかった・・・

自己採点は?設定が甘めだったので80点かな?
最近は最後ダレてしまうレースが多かったので、今回終盤のワッカで復活できたのは収穫。
来年どうしよう?遠征費用もかかるしなあ・・・
でも、身軽で、走る前山にも登らず、写真撮影もほどほどにすれば10時間は切れるだろうからあと1度?
今回5回目なのでサロマンブルーへの挑戦は?だが
交通費節約の方法は考えよう。 と もう来年のことを云々するのはウルトラランナーのサガでしょうか?

まずはビール!このあとは女房の迎えで宿に戻り今度はビールと酒、でぐっすりお休み。
翌日は小樽港まで戻るだけ。
イメージ 37
翌日のランチは石狩川のほとりで
イメージ 38
昨日女房が尾岱沼で仕入れた物産、全部で2000円とビックリ。この内やや小ぶりな花咲ガニを分けて食べる事に。これでズワイ、タラバ、毛、花咲と今回4種類を試した事になる。

地図を見ると途中に「神居古潭」とある、何となく記憶にある響き。
イメージ 27
カムイ、の名の元となった岩

イメージ 28
神居古潭橋、木の橋だが途中で曲がっているのは珍しい。
イメージ 29
  石狩川の渓流
イメージ 30
旧神居古潭駅舎そばにあったSL3両、先頭は「29638」、C/Dの記号はついていませんが動輪は4つでした。
イメージ 31
  旧駅舎と五郎君
イメージ 32
白樺の花穂、確かに途中風に舞っていました。
イメージ 33
これも途中で立ち寄った「音江の環状列石」ストーンサークルですが小さい。
イメージ 34
途中の八百屋で買った「浦臼甘露」という瓜、甘かった。
イメージ 35
今宵の宿は朝里クラッセホテル、居間とベッドルームが別のゆったり部屋でしたが一人5000円のプランで泊れた。
イメージ 36
翌朝五郎と朝里川を散歩、河口から4kmでも清流!
これで北海道ともお別れ、今回道内で1512km走りました(大部分女房)走った。新潟までの往復を合わせればほぼ2000km! 軽(ミラバン)でよく走ったなあ。








閉じる コメント(2)

顔アイコン

お疲れ様です!
名古屋の尾張旭ランニングクラブ まことです。
うちの夫ももう来年のことを云々しております。

スタートとゴールの写真がありますので
次のコメントに内緒機能で書き込みしておきますね。

2015/7/3(金) 午後 4:01 macoto

顔アイコン

> macotoさん
ありがとうございます。頂戴しました。
来年は如何に安く行こうかと思案中です。

2015/7/7(火) 午後 0:16 [ Hocke ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事