リタイアでやりたい事

早期退職で遊ぼう、最近はマラソン中心・・・

全体表示

[ リスト ]

今シーズン最初のフルは大田原、参加費は7000円、現地までの交通費は「老人割引」で11000円、群馬から楽に日帰り可能で硬派の大会、という事で去年(橘湾岸ウルtポラ参加)や怪我の時を除きほとんど毎年出ています。
過去の実績は、
2009年(61歳) 3.08’48”(この年の自己新)
2011年      3.07’30”(これも自己新)
2012年      3.10’34”
2013年      3.21’04”(途中で大、3分ロス・・)
2014年      3.28’15”(5月に大怪我)
とまずまずの結果wp残しており、けして苦手なコースではありません。

ただ、今年は
・走り込み不足&食べ過ぎ飲み過ぎでベストより体重3〜4kg増
・ここ数日咳が出て喉はいがらっぽい
・おまけに前日転んで左膝下を打撲し擦りむいた(怪我は左足が多いなあ)
と言い訳満載、せめいぇも、と3日ほどビールを瓶3本にセーブした位・・・
という訳で、最低目標は、
・最終関門(38.6km 3時間40分)を突破し完走する・・・70点
・グロス4時間切り・・・75点
・3時間55分以内・・・80点
・3時間50分以内・・・85点
などと皮算用・・・完走する自信は五分五分
スタート前に注意書きをもう一度読むと「仮装禁止」とある。モンペとチャンチャンコは今更変えられないので頭巾だけは止めた、敢えてトラブルを起こす事もなかろう・・・

那須塩原駅についたら凄い風、予想では6〜7m(実際は8m以上だった)
コースは往復でなく周回コースで11時のあたりからスタートして時計回り、という事で
前半は下り基調で追い風多く、後半は登り主体で向かい風、という条件、後半ハーフで10分落ちると考え、1時間50分以内で中間点通過がメド。
で、結果は
イメージ 1
スタートロスは僅かだった。前半はフォームに気をつけて、リズム良く走るのを心がけた。
過去の栄光?でナンバーカードはBブロックを貰ったが、5km過ぎで知り合い何人かに抜かれ、やがて周りはC.Dブロック選手ばかりに、自分なりの想定ペースだったが、今の私にはオーバーペースだったのかも知れない。
中間点通過は設定よりやや遅いが、サブ4は無理でも完走は問題なかろう・・・

17〜18kmの折り返しあたりまでは余裕があったのだが。
20〜25kmはいつもダレるが、今日は酷かった。アンダーパスを過ぎたあたりから歩きが入る。ウルトラの悪い癖が出てしまった。km6分半位に落ちる。
ここまで落ちては後半アップなんて無理、なとか最終関門だけは通過してまとめたい。
歩きと走りをMIX、これはウルトラの緩い登りをこなすテクニック?
「関門まであと○○分!」のアナウンスが聞こえてくる。なんとか1分前に通過できた。
ここがゴールのような感じ・・・・
一昨年までは関門時間なんてウルトラ含め意識したことはなかったのだが。
これも今の実力と受け入れるしかない。
全盛期?には普段(朝)20kmは平気で走っていたが今年は記憶ないなあ・・・
練習の2倍は本番で走れる、と言うのが私の経験則だが。

せめて、と最後の1kmだけは歩かずに走った。
本音はここで3時間55分位で走り。1月の勝田で3時間45分以内、あとは体重を減らして3月の古河はなももで3時間半に挑戦、というのが今季のプランだったが、早くも頓挫。
走らなきゃダメだな、というのが結論!





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事