リタイアでやりたい事

早期退職で遊ぼう、最近はマラソン中心・・・

全体表示

[ リスト ]

今年7回目の参戦となったサロマ湖100km、ウルトラ5連戦の4戦目でもある。
過去の成績は
2010(62歳) 11:22:55 暑さで完走率50%を切った年。他人のとを間違えてしまい足が痛かった
2011(63歳)  9:07:17 55〜64歳部門5位
2012(64歳)  8:48:47 部門3位
2013(65歳)  10:37:50 部門優勝狙ったが靴を締めすぎて?痛くなり畳半失速
2014(66歳)           5月末の大怪我でDNS
2015(67歳)  10:25:15  サブテン目指したが50kmから失速
2016(68歳)  11:02:22  後半のんびりになってしまった。
こうして見ると、最近は「後半失速」が多いなあ。練習不足のなせる業・・・

さて、今年の戦略は?連戦なのでダメージを残さずに完走するのが目標。
前半を6’30”/kmとすれば50km地点で5時間25分
後半を7分とすれば5時間50分→合計11時間15分。あとは天気と体調次第で??

前夜から雨、全く気分が盛り上がらない。
前々回のいわて銀河も雨だったが、上はいるもの格好でゴミ袋ポmチョを着たり脱いだりで済んだが、今回はワッカで風雨に曝されると寒いのでヤッケを用意した。
スタート前、一層強くなり笠帽子を被ってのスタート、う〜ん、盛り上がらない。

あまり風雨が強いようならワッカに入る前に(関門時間前でも)自主的に止めよう、と弱気なスタート。
因みに当日の気象状況。
イメージ 1
これはゴール付近の常呂のアメダスデータだが、4時〜5時は一番強い時だったなあ。
ランナーズアップデートの結果は
イメージ 2
11時間36分、想定(目標ではない)よりは遅かったが、タイム的にはまずまず。

実は最大の誤算は雨と寒さでトイレが近くなり大だけでも4回入りその度に待たされたこと。
汗もあまりかいていないので当然小、も多かった・・・
スタート遅れは3’40”だが想定内。ところが2〜3km地点でなぜか渋滞『信号待ちでもなかろうに?』橋の手前に大きな水たまりがあった。
5km手前で早くも1回目のピットイン。
ただ、このあとは調子が出てきて自然にkm6分弱のオエースで走れた。

竜宮台に向かう道に入る頃トップランナーが折り返してきた。独走。翌日の新聞を見たら板垣選手が6時間14分18秒と世界最高タイムに45秒差まで迫る好タイムだったらしい。
ここからの往復は色々なランナーとエール交換できて楽しい。ただ、雨具を着て帽子を被っており判りづらいが、髭と笠のおかげか大勢の方(沿道の方にも)声を掛けて頂いた。
19kmで折り返すと逆風。この半島は西北西〜東南東に伸びているが、この時間帯の風向きは西北西3m位、まともだ。
35km過ぎで2回目、さらに45km過ぎの計呂地で三回目。
エイドでは飲み物、オレンジ、バナナを主体に。「かぶり水」はひまそうで、高校生が柄杓を叩いて応援してくれた。
50km地点は5時間31分。前期計算では25分だったが、スタートロス、トイレタイムを考慮すれば充分なペースだが、サロマ湖は白く霞んでいる。サギ類は見えるが景色はゼロ。脇道のエゾスカシユリはハマナスなどは咲いているが愛でる余裕はない。
コースには水溜りも増え、避けきれない・・・

あとは斎藤商店のエイドを楽しみに。黙々と。50km〜80kmはほぼ7分ペースで走れた。
ここのエイドでは、まず暖かい御絞りが嬉しい! 名物の筑波大塚さんのブルーベリーやミニトマト、キュウリ、暖かい素麺(これが欲しかった)そしてお汁粉、身も心も満たされました。
なんとなくワッカに入ってしまった。

いや〜この往路はつらかった〜雨と風、
14時の気象条件は時間雨量3.5mmで10.9℃、西北西の風3.9m、自分の速度を2〜3m/秒とすれば6m以上の向かい風に相当する。11−6=体感温度は5度位に相当しただろう。かなりのランナーが低体温症でうずくまり救援を待っていた。
85kmの先でまたもトイレ待ち、冷えました。そしてしゃがんだ事で下半身がすっかり固まってしまった。
ここまでは遅いなりにマイペースで走れていたのに・・・ここから折り返しまでは本当に辛かった・・・
よたよたと走ったり歩いたりを繰り返す。

去年からのコース、強風の橋で折り返すと(当然ながら嘘のように暖かく)幸いこの頃から雨もほろんど上がった。
行きには多数のランナーに元気をもらったので今度は後続ランナーを励ます。
試しにヤッケを脱いでみたがまだ寒いので再び着る。
水溜りを避けてもきりがないので最後はジャブジャブ歩いて渡る。水が入っても布地の隙間から抜ける。
ただ、靴の中の芦が冷えてジンジンするのには参った。

ここからは上りを歩き、下りを走るといういつものペースに戻る。
さあ、残り2kmになった。最後は身だしなみを整えないと。
ヤッケを脱ぎ。笠をとりゼッケンを見えるようにしてゴールへ向かう。
ゴール前右手から斎藤商店のおかみさんが花束をくれた、これを聖火のように掲げてゴールイン。

先週の甥の島は今まで一番楽しく走れたウルトラと思ったが、今回は雨が止まなかったら過去一番つらいウルトラになる所だったが、最後だけは気持ちよくゴールできた。
薬院・スタッフ・ボランティア皆さん、選手たち、応援の皆さん、何より4日間一緒に行動してくれた仲間たち、ありがとうございました。
これで7回目、とりあえず来年もエントリーしてみよう。
直後はダメージ・・・と思ったが、今朝(火曜日)はkm7分弱のジョギングなら大丈夫だった。
来週も頑張ろう、いや今度は楽しもう!




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事