リタイアでやりたい事

早期退職で遊ぼう、最近はマラソン中心・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

核兵器廃絶と恒につかない久平和を願い、ランナーが思いを込めて襷を繋ぐ「広島〜長崎ピースラン」2005年から始まったようです。
我々「チーム一休」は4回目の参加(私は直前の怪我をして1回目不参加)。
最初は走らない人はランナーの荷物を持ち列車やバスで先行する方式でしたが、昨年は車を利用したが、やはり列車利用の方が楽だと今年は変更。
但し「〇時〇分までに中継点に着くのが必須」というプレッシャーはあります。

メンバーはフル参加が8名(女性2名は強力)関西と九州から1日だけ参加の女性4人の延べ12名。423kmの総距離を主将の上田氏が担当を考えてくれました。
最初と最後の数キロは全員で走り(歩き)ますが、他の
今回が4回目となるスポーツエイドジャパン主催の「みちのく津軽ジャーニーラン」
263km/177kmの263kmに参加。
2016年 200km 途中の道間違いでのロスと関門時間を勘違いし
       100km付近でリタイア、翌日途中まで走り五所川原の立佞武多見学
2017年 200km(250kmも新設) 関門35分前にゴール
2018年 263km 3日目215kmで暑さに負けリタイア
という経過で今年は263km走り抜く、と決意と若干の自信を持って臨んだんだが、
結果は、、100km過ぎで走れなくなり完走を諦め、行けるとこまでと・・・

家から車で行き、前日は嶽温泉先の「ぶなこ」泊、朝のバスで説明会会場へ。
今回の天気予報は3日間とも曇り基調(一時雨)と走りやすいはずが・・
17時のスタート時には晴れ上がり、暑い。
イメージ 1
弘前城内をスタート、晴れ・・
2.3km岩木橋 17:16
最初のうち岩木山の頂上付近は雲に隠れていたが、
イメージ 2
段々と見えて来た、予想外。
11km 高照神社付近 18:21
岩木山神社からは山頂がはっきり見えた。ここまで一部歩いたがほぼ走れた。
19.4km CP1嶽温泉 19:26(昨年19:26!)
イメージ 3
「ぶなこ」前で予め頼んでおいたビールと補給のポカリ、温泉卵、サクランボ。
サクランボは大勢の方に好評でした。
この先からは得意の下り。
32km T字路を右へ 20:53
46.5kmCP2 日本海拠点間前 22:42
53km ローソンでビール補給 23:40

 この先、北海道の大橋さん、大阪の河口さん、波多野さんとしばらく並走する。
夜間の歩道は危険なのだが、案の定縁石につまずき転倒、
右の掌と左膝に少々傷が、

64.6km4CP3亀ヶ岡遺跡公園 1:32
 このあと8.5km先のファミマまでまた4人で
ビール補給、このあと眠くなり体が傾いて再度転び遅れる。
眠くてしかたないので霧の中を歩く・・・思い出した。
イメージ 4
ぶなこでもらった差し入れ。元気出るかな?
85km十三湖大橋 4:57 朝のスタートだとこ、のあたりで夕暮れだが、
夕方スタートだと夜明けになる。
見覚えのある集落を抜け左に入ると
イメージ 6
92.5kmCP4鰊御殿 6;04(昨年6:07)3時から4時頃ゆっくり歩いたが、
意外と順調だったな?おいしいカレーを食べ仮眠。
7:06発、ところが右足が痛く走れない。靴下を脱ぐと右土踏まず内側にマメができかかっている。バンドエイドジャンボを貼ったらなんとかなりそうだ。

最初の時に間違えたコンビニ看板を右折し、津軽の像へ。
明るければ間違えない。
イメージ 5
97.6kmCP5津軽の像 8:03(8:07)まあまあかな?
ファミマで忍者さんが追いついた、忍者服を忘れたとか(笑)隠岐の島の黒シャツで胡麻化したと。しばらく並走する。
イメージ 7
道端に死んでいたのはアナグマ?
102km 道の駅小泊 8:47 ここで
イメージ 8
秋田の助さん格さんが!
忍者さんたちはソフトゥリームを、私は誘惑に負けてビールをいただく。
おいしかったが・・・・・・後で・・・
左に海を見て国道339号通称竜泊ラインを行くが、舗装の段差でまた転び
忍者さんたちに遅れをとる・・・
イメージ 9
七ツ滝、途中の景勝地 9:41
イメージ 10
初めてこれを見た時は「知床みたいだな」と思った。
緩やかな上り、周りの「ランナー」は当然走って追い抜く。
何故か走れず歩くのみ。「ダメかな〜」と弱気の虫が。
だらだら上りと急登の連続、昨年経験しているとは言え、きつい。
去年はここでヒョウが降ったりしたが、今年は晴天で暑い。
どんどん追い抜かれ、DNF止む無し、と覚悟。

昨日出発前に宿で「明日おばちゃんと竜飛に行くから拾ってあげる」
「馬鹿言うな」が冗談ではなくなってきた。
イメージ 11
冗談みたいな急坂、走っていくバイクがそのまま宙に飛び出しそうな錯覚も。
女房に竜飛着は昨年のデータから12:30過ぎ位と言ってあったのでそろそろ
かなあ、と思ったら11:30来た!
「乗ってく?」「馬鹿言うな」
「どうするの?」「行けるとこまで行って弘前へ自力で戻る」
「何か飲む?」「ビール」 完走できる気がしないので投げやり・・・

その後も歩いて進む。「頑張りましょう!」何人もランナーが追い越して行く。
イメージ 12
114.6km 眺瞰台エイド、コース最高点 11:55
下りになると少しは走れる。
目途としてはCP10ふるさと体験館178.8km関門が2:30
ひとつ手前のCP9道の駅たいらだて158.9km、この間20km。
少し走れるなら3時間前に、オール歩きなら4時間前に出発しなければならない。

イメージ 13
竜飛崎から階段国道を下る。13;27 結構長く脚に来ているのが解る。
下りきるとすぐに右が
122.9kmCP6竜飛地区コミセン 13:38 うどんを食べ小休止14:02出発
 先に着いていた大橋さんが「脚がいたいのでリタイアする」とアララ・
この時点では継続の可能性もゼロではなかったが。
ここから三厩湾を左に見ながら南東に進むが向かい風が凄い!
イメージ 14
畑の人に声を掛けたが、マネキンだった(笑)
このあたり、レースを知っている人も多く応援を貰う。
やっと自販機を見つけたが、店の中にビールを見つけ、腰を下ろす。
負けてるなあ・・・
134.9kmCP7三厩体育館 17:08 義経寺の方向に行ってしまいタイムロスした。
ここでリタイアして三厩駅から列車を乗り継いで弘前に変えるのも可能だが時間が中途半端、もう少し進もう。

途中ベンチで仮眠したり
イメージ 15
夕日を眺めたり。
CP8高野崎キャンプ場の時間はチェック忘れ。
すっかり暗くなる。道の駅たいらだてに向かうのに去年間違えたので、安全なバイパスから行ったが遠回りの様だった。
158.9kmCP9道の駅たいらだて 23:35着、エイドはもう撤収していた。

この時間だと走らないと次のレストポイントまで行けない。
でも走れない、タイムオーバー承知で歩き続ける方法もあるが、
ここで朝を待って今別駅まで20km戻ろう、と決める。
小雨が降っているので軒先を探すがあまりいい場所がない、
適当な場所で横になる。5月の天竜川で使ったシュラフカバーを持ってくれば安眠できたな〜
500mも行かない内に向こうから小型バスが、手を挙げて聞くと蟹田行のバスだった。いわゆるコミニュティバスだ。料金を聞くと200円とか。10km以上先なので安い。
これで旅は終わったな。

<今回の反省>
1.練習不足・・・でも昨年完走できなかったウルトラは5本あった。
 5月連休の天竜川217/225km
 5月中旬の野辺山71/100km
 7月のみちのく215/263km
 9月の鶴岡90/100km 
 同秋田70/100km
 このうち5月の2本は完走できているのでひそかに自信はあった。
2.飲み過ぎ・・・小泊で飲んだのが余分だったかも。
 その他も半分くらいにした方が良かったかな。
3..転びすぎ・・これも上に関連?
4.作戦ミス、道ロス・・・同等の走力と思われる仲間がかなり完走している。
竜飛への上り以降のビールを我慢すれば1時間は短縮できたろう。
そうすればふるさと体験館までは行けたはず。
翌日「奇跡の回復」があればなんとかなった可能性もあったかな?

<来年どうしよう>
だんだん歳もとるし、竜飛への上りで「来年は177km」と思ったが、
短縮挑戦はいつでもできる。72歳というある種区切りの年なので
再挑戦しようかな?
 

昨年

来年


あまり眠れないまま4:20ころには明るくなり出発、相変わらず小雨模様だ。
20km戻るつもりで歩きだしたが、3kmほど進むとランナーが二人休んでいる。
「5:30に蟹田行のバスが来るらしい」
楽なほうがいい。そばでウニの殻を剥いている人に聞いたとか。
45分になっても来ないので今別方向に向かって歩き出す、もしバスが来れば手を挙げよう。


















先週のいわて銀河はアップ忘れましたが、一昨年と似たようなタイムでゴールできたのであと4回RGMC(ゼッケンに大きな名前が入る)目指すかな?
来年の宿、抑えました(笑)
今回が第14回目となる隠岐の島、一昨年から三年連続通算4回目の参戦です。
全国のウルトラに参加している仲間からも「ここがNo.1」と言う評判!
ここは「レインボー」と言う称号で7回完走で特別待遇?に
あと3回なら行くな。
公式ツアーは高いので来年は船と宿だけ頼みあとは工夫しよう(色々聞きました)。

土曜日の羽田6:50の便なので前日は五反田のカプセル泊(年金生活者)
米子空港からバスで境港へ、水木しげるの故郷と言う事で
「水木しげるロード」を散歩した後、
イメージ 1
11時開店の回転寿司へ行ったら悪代官・忍者チームと合流。
ここの寿司は最高!

ジェットフォイルで隠岐の島(東側の道後)へ、すぐにツアーバスで受け付け会場のレインボープラザへ。
イメージ 2
このナンバーカード、胸用ですが下部を折り返すとコース高低図、関門時間、トイレ(エイド)情報が載っていると言うスグレモノ、初めて見た!
その後、17:30の前夜祭まで時間があるので一旦宿へ。
定宿の二見館、きれいとは言えませんが(失礼)食事が美味しいのと、
場所がスタート、ゴール会場まで徒歩10分ほどと便利。

風呂、ビール後歩いて会場へ。
この前夜祭は結構食べ物、飲み物があります。
以前は岩ガキが楽しみでしたが去年からナシ・・・
関係者挨拶の後、毎年ゲストで参加している川内優輝選手と
弟の鮮輝(よしき)選手が紹介された。因みに末弟の鴻輝選手は
今は埼玉県久喜の市会議員。

そのあと優輝選手の夫人、侑子さんが紹介され、
その後隠岐の島の結婚披露宴の定番だという「孫抱き」が演じられました。
イメージ 3
父親、母親が孫に見立てた人形を抱かせるというなかなか感動的なシーンでした。
地元のバンド「せな」による隠岐の島ウルトラの歌で大盛り上がり。
名物のアゴボール、アジの南蛮漬け、隠岐蕎麦、藻塩うどんを戴く。
ビールと日本酒(隠岐誉)を少々(笑)
宿の夕食
イメージ 4
燗酒2本のみ・・・

翌朝予報は曇り一時雨?靴が濡れるのを想定して靴下の替えを持つ。
イメージ 5
お代官様や浦島太郎子ちゃんと、忍者さんは不調と・・・
5時スタート、降ってはいないが湿気高い。
去年のタイムを参考に行こう。

薄日が差したり降ったり
イメージ 6
色々でした。
10km  1.09(昨年1.04)5km手前でのトイレ分・・・
体が重い、いつものことか、

20km  2.18(2.09) 17kmあたりでトイレ2回目を考えれば同ペース(笑)

25kmから登りが始まる
30km  3.29(3.30) 意外といいじゃん?
40km  4.33(4.47)抜いた〜?
去年なかった焼肉復活!ビールも3杯いただき復活!

更にこのあとのエイドで素麺とカレーライスを。

50kmを6.30以内が目標(川内に会える)
50km  5.53(6.00) 雨が降ったり止んだりしてヤッケを着たり脱いだり・・・
まあ、30分差として、彼はkm3分、私は6分とすれば30分後60kmあたりで
追い抜かされる計算。
ぴったり、60km手前の上りを歩いていると力強く走り去りました。 
2時間47分位でゴールしたらしい。世界に向かって頑張れ!
弟は1分差くらいで通過。

イメージ 7
この五箇という地名、富山の五箇山や中山道(滋賀)の五箇荘と共通点があるのだろうか?

60km 7.04(7.17)暑くない分去年より楽かな?
イメージ 8
闘牛用の牛と去年も撮ったがやはり腰が引けてる(笑)

イメージ 9
群馬ちゃん発見!

後半の難所三つ峠
イメージ 10
最後の峠で、せな、が応援。うれしいな。
さあ、あとは(大体)得意の下り。
70km 8.24(8.56)

80km 9.37(10.29)1時間近く速いわ?
90km 10.54(11.57)こうなったら去年より1時間早く行こうか

イメージ 11
空港までの上りを過ぎると海が!

このあたりで思いがけずイメージ 12
去年の写真を戴いた。余裕なく十分なお礼ができずすみません。
来年も来ますから!

応援が多いので終始笑顔で走りました、
イメージ 13
最後の虹見坂を登れば
イメージ 14
ゴールm12時間16分19秒、去年より1時間以上早かった。
でも年代2位は意外、1位は11時間半、適わない〜
でも13時間以内だったので秋の秋田に向け自信になりました。

来年も行くよ〜


参加費が安く、家から車で日帰り可能という最も安価なウルトラマラソン。
コースは厳しいが楽しくしかもエイドが素晴らしい大会。
今回が9回目なのであと1回でグリーンゼッケンがもらえます。(20回でゴールドですが)
イメージ 1
いつもの悪代官と。復活途上で「どこまで行けるかな」と仰ってましたが、
完走を狙っているはず。あの衣装は走りにくいのに・・・

途中で同じランモードの和泉さんを乗せる。昨年は関門にかかったので、
今年は絶対完走したいと語っていた。伴走は桐生走ろう会の人に頼んだとか。
この日ランモードからは他に小林さん、神部さんが参加、私だけ単独走で申し訳ない。

イメージ 2
7時ちょうどにスタート、ウルトラにしては遅い・・・
距離は78kmだが累積標高差は2127m(主催者発表)なので実質88kmに相当する。km6分30秒(10km1時間5分)とすれば572分つまり9時間32分となる。
一昨年は9時間40分、去年は朝から暑く10時間36分かかった。
今年は曇りだしそれなりに走り込んでいるので10時間以内で走りたい。
一昨年から10分遅れが目標。

3kmから登りで歩く、下りは走れるが・・・
10km、1.05’24”(一昨年1.06’)
20km、2.12’58”(2.08’)
30km、3.40’(3.36’)
イメージ 3
理恵ちゃんほか知り合いが大勢応援に来てくれました。
35kmあたりで先頭ランナーとすれ違う、ほぼ二倍近いスピード・・

イメージ 4
最近の名物、焼き鳥エイド。あまり好きではないのだが、美味しかった!
ノンアルだがビールも美味。悪代官も早いじゃないの!

40km、5.08’(5;06’)
いつもは平九郎茶屋で帰りに飲むビールを往路で。
イメージ 5
走っている皆さん失礼しました。

さあ、さあ、

イメージ 6
寒いのにビキニで頑張ってくれました。
折り返せばすぐに
50km、6.33’(6.30’)

上りはほぼ終わり、行きは速いランナーと、帰りは仲間たちとすれ違う。
神部さんだったが声を掛けたが遅かったかな?
和泉さんは推定4km位の差ですれ違い。
コバさんはそのあとだったが、イーブンぺースなら「大丈夫!」
と声をかけたのだが。
イメージ 7
木陰で目についたのが可憐な「コアジサイ」
幸い?遠くの山が見えないので休憩も短いはずが、トイレ4回

60km、7.43’(7.37’)
10分遅れのぺース、上々だ、
70km、8.52’(8.45’)
ここらまだ登りがあるのがウルトラの常
下りと平地、上りは1/3くらい走ろう(目標)
あと1時間と考えれば9時間台は行けるだろう。

75km、9.34’(9.23’)あと下りなのでkm6分で大丈夫だ。
気持ちよく下る。
イメージ 8
まずは目標達成。車なのでノンアルビールを貰う。
来年で10回のグリーンゼッケン獲得。少なくとも2回はそれで走りたいな。

集合場所に行ったらもうコバさんが?! 45km関門にかかったとか。

後続を待つ。
11時間45分。
イメージ 9
中央が和泉さん、二人の伴奏者に支えられて。良かった、おめでとう。
帰りの車内で聞いたら途中から足が痛くなりかなり歩いたそうな。
あとは神部さんだ・・・
制限時間が迫る中、少し先まで迎えに行くと、来た!
11時間59分50秒感激のゴール!
放送も興奮していました。

来年はコバさんもリベンジを期して頑張るだろう。








これが8回目となる野辺山ウルトラ100km
2010年 11.47’43” 初参加でボロボロになった、5日間走れず。
2012年 10.50’06” まずまずの走りができた。翌日牧場で金環蝕を観察
2014年  7.57’46” 71km、会社時代の大先輩の別荘にお邪魔。翌週大怪我・・・
2015年 12.56’38” 想定ペースでいけた、71km8.46
2016年  9.50’06” 71km、全ての温泉制覇
2017年  9..50’03” 71kmで関門時間前だが9.30’過ぎたので自主リタイア。
2018年 13.46’21” 71kmは9.18’だった、やはり9.30’以内が必須条件。

昨年ギリギリ完走後、来年は71kmとブログにも書いたが何故か100kmに申し込んでしまった・・・
昨年のタイムを参考とするが前半のハイライト?1906m地点への道が崩れ新コースとなるらしい、多少楽になるかな?
イメージ 1
いつもは前日に軽い山に行ったりするが、午前中会議だったので移動のみ。
定宿?の滝沢牧場にチェックイン、そして受付。
イメージ 2
前夜祭の券は予約制だが、どうせ余ってるだろうと、やはり。
前は1000円(昔は500円だったとか)3年前から1500円、今回は2000円!
山梨学院大のパフォーマンスは素晴らしいが彼らには行かないし。
スペシャルな御馳走が出るかと思ったが、

イメージ 3
食べ物はあまり昔と変わらなかった・・・
目玉、はこれかな?左から白、黒、フルーツ、ラガーの地ビール。
パスタ2種、焼きそば、カレーライスで腹いっぱい、テントでは焼酎水割りで充分。
イメージ 4
参加費高いけど抽選で大当たり! パスタ専用フライパンとエクストラバージンオイル。お土産不要、元は取れた・・・テントまでの帰りは遠いが。

イメージ 5
朝5時スタート、いつもほど寒くはない。9時と9時20分No.ウエーブスタートで
私は2組、スタート時は風がありやや寒い、
イメージ 6
JR最高地点を過ぎ、いつもはこの先で砂利の登山道にはいるのだが、
イメージ 7
10km手前で右に新ルート、標高差100m程度のアップダウンがいくつか。
最初の折り返しで黒忍者さんに追いつく「体が重い」と。
ここまでは上りもゆっくりだが走れたが、途中から歩きが入る。

朝の挨拶で「登りは400mほど少ない」と言っていたので400*5=2000m
7〜8分/kmと考えれば15分ほど短縮できるハズ。
イメージ 8
このルートも砂利道があった、急になると歩き。

イメージ 9
35km稲子湯4時間16分、去年が4時間31分だったので丁度15分差だ!
白玉入りのお汁粉がおいしい。知り合いとも何人か出会う。
イメージ 10
八ヶ岳を背に快調に飛ばせるこのあたりは絶好の撮影ポイント。
この先42km八峰(ヤッホー)の湯がショート42kmのゴール。
50km地点5時間56分(昨年6時間12分)リード維持。
ここで蕎麦が出るか行列なのでパス、71kmでいくらでも食べられるし。
この先の55〜64kmの往復区間が前半の山場、登りを半分走らないと危ない。
イメージ 11
このトンネルみたいな所はツツジがきれい。昼になり高度も下がり暑くなってくる。
豊富なエイドや私設エイドに救われる。
イメージ 12
前方に御座(おぐら)山
イメージ 13
ここでミニ缶ビールを戴いた。ありがとうございます。更に
イメージ 14
昨年同様に65km付近の自販機で、この先登りになり歩きだし。
この先はほとんど歩き、次の目標は71km滝見の湯エイド。
8時間51分で滝見の湯(昨年9時間13分)蕎麦をいただく。(
ここに着替えをデポしてあるが、リタイア時の着替え用(笑)なのでパス。
4時間半以上のマージン(14時間制限)ができ、まずは安心。
79km馬越峠までの長い登りは全て歩く。
イメージ 15
ここが今回の最高地点(去年までは1908m)

さあ、下りは飛ばすぞ!下りをセーブして走る人もいるが、
坂道を転がるイメージでkm5分ちょっとのペースで
87kmエイドで腹が減らぬようにおかゆとうどんを食べる。
90kmは11時間47分(昨年12時間6分)2時間以上の余裕なので
ほとんど歩いても大丈夫だ。
イメージ 16
この方も良く会う、100kmを10回完走すると「デカフォレスト」の称号が与えられ、
11回目には名前が大きく入った特別ゼッケンがもらえる。
三井田さんや中澤さんも。
バンバンの小谷野さんは21回目で「ユプシロン」の特別ゼッケンだった。

この10kmで約200m登るので疲れた体にはきつい。
あと数キロまで来るとゴールのアナウンスが聞こえる「さとうえつこさんゴールです」
速いな!
ゴール前1kmだけ走る。
イメージ 17
13時間24分7秒でゴール、(昨年13時間46分21秒)さあ、ビールだ。
イメージ 18

今年のウルトラの目標は以下を完走する事だった、
5月天竜川225km
5月野辺山100km
7月みちのく263km
9月鶴岡100km
9月秋田内陸100km
これで最初の2つはクリアできた。
来年は絶対71kmにしよう、途中八峰の湯にも入りたい。

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事