リタイアでやりたい事

早期退職で遊ぼう、最近はマラソン中心・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

参加費が安く、家から車で日帰り可能という最も安価なウルトラマラソン。
コースは厳しいが楽しくしかもエイドが素晴らしい大会。
今回が9回目なのであと1回でグリーンゼッケンがもらえます。(20回でゴールドですが)
イメージ 1
いつもの悪代官と。復活途上で「どこまで行けるかな」と仰ってましたが、
完走を狙っているはず。あの衣装は走りにくいのに・・・

途中で同じランモードの和泉さんを乗せる。昨年は関門にかかったので、
今年は絶対完走したいと語っていた。伴走は桐生走ろう会の人に頼んだとか。
この日ランモードからは他に小林さん、神部さんが参加、私だけ単独走で申し訳ない。

イメージ 2
7時ちょうどにスタート、ウルトラにしては遅い・・・
距離は78kmだが累積標高差は2127m(主催者発表)なので実質88kmに相当する。km6分30秒(10km1時間5分)とすれば572分つまり9時間32分となる。
一昨年は9時間40分、去年は朝から暑く10時間36分かかった。
今年は曇りだしそれなりに走り込んでいるので10時間以内で走りたい。
一昨年から10分遅れが目標。

3kmから登りで歩く、下りは走れるが・・・
10km、1.05’24”(一昨年1.06’)
20km、2.12’58”(2.08’)
30km、3.40’(3.36’)
イメージ 3
理恵ちゃんほか知り合いが大勢応援に来てくれました。
35kmあたりで先頭ランナーとすれ違う、ほぼ二倍近いスピード・・

イメージ 4
最近の名物、焼き鳥エイド。あまり好きではないのだが、美味しかった!
ノンアルだがビールも美味。悪代官も早いじゃないの!

40km、5.08’(5;06’)
いつもは平九郎茶屋で帰りに飲むビールを往路で。
イメージ 5
走っている皆さん失礼しました。

さあ、さあ、

イメージ 6
寒いのにビキニで頑張ってくれました。
折り返せばすぐに
50km、6.33’(6.30’)

上りはほぼ終わり、行きは速いランナーと、帰りは仲間たちとすれ違う。
神部さんだったが声を掛けたが遅かったかな?
和泉さんは推定4km位の差ですれ違い。
コバさんはそのあとだったが、イーブンぺースなら「大丈夫!」
と声をかけたのだが。
イメージ 7
木陰で目についたのが可憐な「コアジサイ」
幸い?遠くの山が見えないので休憩も短いはずが、トイレ4回

60km、7.43’(7.37’)
10分遅れのぺース、上々だ、
70km、8.52’(8.45’)
ここらまだ登りがあるのがウルトラの常
下りと平地、上りは1/3くらい走ろう(目標)
あと1時間と考えれば9時間台は行けるだろう。

75km、9.34’(9.23’)あと下りなのでkm6分で大丈夫だ。
気持ちよく下る。
イメージ 8
まずは目標達成。車なのでノンアルビールを貰う。
来年で10回のグリーンゼッケン獲得。少なくとも2回はそれで走りたいな。

集合場所に行ったらもうコバさんが?! 45km関門にかかったとか。

後続を待つ。
11時間45分。
イメージ 9
中央が和泉さん、二人の伴奏者に支えられて。良かった、おめでとう。
帰りの車内で聞いたら途中から足が痛くなりかなり歩いたそうな。
あとは神部さんだ・・・
制限時間が迫る中、少し先まで迎えに行くと、来た!
11時間59分50秒感激のゴール!
放送も興奮していました。

来年はコバさんもリベンジを期して頑張るだろう。








開く コメント(0)

これが8回目となる野辺山ウルトラ100km
2010年 11.47’43” 初参加でボロボロになった、5日間走れず。
2012年 10.50’06” まずまずの走りができた。翌日牧場で金環蝕を観察
2014年  7.57’46” 71km、会社時代の大先輩の別荘にお邪魔。翌週大怪我・・・
2015年 12.56’38” 想定ペースでいけた、71km8.46
2016年  9.50’06” 71km、全ての温泉制覇
2017年  9..50’03” 71kmで関門時間前だが9.30’過ぎたので自主リタイア。
2018年 13.46’21” 71kmは9.18’だった、やはり9.30’以内が必須条件。

昨年ギリギリ完走後、来年は71kmとブログにも書いたが何故か100kmに申し込んでしまった・・・
昨年のタイムを参考とするが前半のハイライト?1906m地点への道が崩れ新コースとなるらしい、多少楽になるかな?
イメージ 1
いつもは前日に軽い山に行ったりするが、午前中会議だったので移動のみ。
定宿?の滝沢牧場にチェックイン、そして受付。
イメージ 2
前夜祭の券は予約制だが、どうせ余ってるだろうと、やはり。
前は1000円(昔は500円だったとか)3年前から1500円、今回は2000円!
山梨学院大のパフォーマンスは素晴らしいが彼らには行かないし。
スペシャルな御馳走が出るかと思ったが、

イメージ 3
食べ物はあまり昔と変わらなかった・・・
目玉、はこれかな?左から白、黒、フルーツ、ラガーの地ビール。
パスタ2種、焼きそば、カレーライスで腹いっぱい、テントでは焼酎水割りで充分。
イメージ 4
参加費高いけど抽選で大当たり! パスタ専用フライパンとエクストラバージンオイル。お土産不要、元は取れた・・・テントまでの帰りは遠いが。

イメージ 5
朝5時スタート、いつもほど寒くはない。9時と9時20分No.ウエーブスタートで
私は2組、スタート時は風がありやや寒い、
イメージ 6
JR最高地点を過ぎ、いつもはこの先で砂利の登山道にはいるのだが、
イメージ 7
10km手前で右に新ルート、標高差100m程度のアップダウンがいくつか。
最初の折り返しで黒忍者さんに追いつく「体が重い」と。
ここまでは上りもゆっくりだが走れたが、途中から歩きが入る。

朝の挨拶で「登りは400mほど少ない」と言っていたので400*5=2000m
7〜8分/kmと考えれば15分ほど短縮できるハズ。
イメージ 8
このルートも砂利道があった、急になると歩き。

イメージ 9
35km稲子湯4時間16分、去年が4時間31分だったので丁度15分差だ!
白玉入りのお汁粉がおいしい。知り合いとも何人か出会う。
イメージ 10
八ヶ岳を背に快調に飛ばせるこのあたりは絶好の撮影ポイント。
この先42km八峰(ヤッホー)の湯がショート42kmのゴール。
50km地点5時間56分(昨年6時間12分)リード維持。
ここで蕎麦が出るか行列なのでパス、71kmでいくらでも食べられるし。
この先の55〜64kmの往復区間が前半の山場、登りを半分走らないと危ない。
イメージ 11
このトンネルみたいな所はツツジがきれい。昼になり高度も下がり暑くなってくる。
豊富なエイドや私設エイドに救われる。
イメージ 12
前方に御座(おぐら)山
イメージ 13
ここでミニ缶ビールを戴いた。ありがとうございます。更に
イメージ 14
昨年同様に65km付近の自販機で、この先登りになり歩きだし。
この先はほとんど歩き、次の目標は71km滝見の湯エイド。
8時間51分で滝見の湯(昨年9時間13分)蕎麦をいただく。(
ここに着替えをデポしてあるが、リタイア時の着替え用(笑)なのでパス。
4時間半以上のマージン(14時間制限)ができ、まずは安心。
79km馬越峠までの長い登りは全て歩く。
イメージ 15
ここが今回の最高地点(去年までは1908m)

さあ、下りは飛ばすぞ!下りをセーブして走る人もいるが、
坂道を転がるイメージでkm5分ちょっとのペースで
87kmエイドで腹が減らぬようにおかゆとうどんを食べる。
90kmは11時間47分(昨年12時間6分)2時間以上の余裕なので
ほとんど歩いても大丈夫だ。
イメージ 16
この方も良く会う、100kmを10回完走すると「デカフォレスト」の称号が与えられ、
11回目には名前が大きく入った特別ゼッケンがもらえる。
三井田さんや中澤さんも。
バンバンの小谷野さんは21回目で「ユプシロン」の特別ゼッケンだった。

この10kmで約200m登るので疲れた体にはきつい。
あと数キロまで来るとゴールのアナウンスが聞こえる「さとうえつこさんゴールです」
速いな!
ゴール前1kmだけ走る。
イメージ 17
13時間24分7秒でゴール、(昨年13時間46分21秒)さあ、ビールだ。
イメージ 18

今年のウルトラの目標は以下を完走する事だった、
5月天竜川225km
5月野辺山100km
7月みちのく263km
9月鶴岡100km
9月秋田内陸100km
これで最初の2つはクリアできた。
来年は絶対71kmにしよう、途中八峰の湯にも入りたい。

開く コメント(0)

私は2007年の9月から走り始めたが、このレースは翌年から参加している。
初参加の2008年、ほとんどの参加者が仮装すると聞き水戸黄門で走った、言わば「黄門の原点」途中でコースが微妙に変わり、今は28.97kmとなっているが、当時は29.17kmだった。

2008年 3.06‘20“ 500人中18位
2009年 3.18‘50“ 前日に富士山滑降 関門1.54’
2010年 2.57‘49“ 過去最高、関門 1.42’11”
2011年  中止、家から個人で走った。
2012年 3.05‘17“ 関門1.50’44”、家から往復走る
2013年 第一回東尋坊ウルトラに参加
2014年 仙台国際ハーフに参加(初宮城県)
 翌週野辺山、その翌週入笠山の小屋で大怪我・・・
2015年 4.06‘54“ 格段に遅くなった
2016年 2.46‘28“ 関所コースを雪駄で
2017年 4.01‘16“ 関門2.16’(制限2.40’)
2018年 4.08‘53“ 関門2.19’39”



今年は割合走り込んでいるので4時間切りが目標。道中での写真撮影も少なめにして。
21km浄水場喚問時間は2時間40分だが、10分位で通過したい、計算するとkm6分11秒ペース。


いつもは家から会場まで女房に送って貰うがあいにく旅行中、電車では間に合わない。ヨシのんびり走ろう、8.8kmだし。
イメージ 1
初夏の白い花、手前はミズキ、向こうはハリエンジュ(ニセアカシア)
予定通り会場には7時前に着いた。スタートは8時だがその前に皆の仮装を見るのが楽しみなのだ。
イメージ 2
子連れ狼コンビ
イメージ 3
右のチコちゃん侍は岩手のレジェンド、Tさん。キョエちゃんに注目。
しかしチコちゃん、多かった。
イメージ 4
悪代官、もう一人の黄門と。
イメージ 5
とりめし・・・
イメージ 6
HRCのきれいどころ、オスカルは男性です。
イメージ 7
巨大顔の新島襄
イメージ 25
この焼きまんじゅうも仲間です(途中で折れたみたい)
イメージ 26
シャア専の集合写真、圧巻のひとこと
イメージ 8
武家長屋の前から8時スタート、混雑
5km通過が32’38”設定より遅いがこれから上げよう。
とにかくこの街道は一部下りはあるがほとんど登りが続く。
暑いので頻繁に水分をとる。公式エイド以外に私設が多い。
梅酒の梅が甘酸っぱく美味しいので毎年楽しみにしている。
イメージ 9
この杉並木が名物。6.7kmあたりの開店前のパチンコ屋も応援(見物)
の名所。
8kmあたりで急坂を下り、今度は急な登りになる。
イメージ 10
背中のゴジラ?は揺れるたびに「ギャオギャオ」叫ぶ。
10km通過は1時間3分(6分20秒ペース)
11.5km付近の西松井田駅前を通過、電車で来るならここが穴場。
イメージ 11
途中踏切で列車の通過待ち、左手にはずっと妙義山が見える。
イメージ 12
16.5kmあたりの歩道橋とそれに続くトンネルは大物仮装者の試練。
イメージ 13
関所の階段上り下り、文字通り関所。
イメージ 14
お相撲さんは張り手をしながら峠にゴールした。
イメージ 15
21km関門には予定より早く来られた。何故かGPSでは20kmだが・・
イメージ 16
いきなりの山道、勿論走れません。
イメージ 17
柱状節理、ここまでが特に急なのだ。
イメージ 18
いつも手作りの被り物で頑張るHさん
イメージ 19
関所コース20.15kmのゴール付近、坂本宿を見下ろす。
途中傾斜の緩い部分は走る。
イメージ 20
ヤマツツジがきれいだった。
イメージ 21
アイデアですね!
「ゴールまで2km」の表示が出てからが長い、走れない。
イメージ 22
このあたりまで来るとゴールの太鼓が聞こえる。
イメージ 23
3時間45分43秒でゴール。先ほどのあるミカンもゴール。
まずまずの結果で満足、やはり走った距離は裏切らない。
イメージ 24
ゴール後はやはりコレですね。
バスで軽井沢経由で安中駅へ、結局帰りも走りました。

開く コメント(0)

距離も長いが名前も長い「第4回天竜川リバーサイドウルトラマラニック」に参加した。標高760mの諏訪湖に源を発し213kmを流れて遠州灘に注ぐ天竜川だがコースとしては225kmになる。アップのタイミングを失し、今更感もあるが将来?のために。


初回は佐久間ダム手前から雨になり170km付近でのビバークで冷え戦意喪失し翌朝タクシーで遠鉄の駅に出てゴールへ向かった。この経験で翌年からは着替えを持参する様にした。


二回目は最後河川敷の残り7kmで時間切れ寸前になり棄権。熱中症が原因かと思ったが、途中トンネルの右側を走って(歩いて)いると右の壁をこすったり、土手を走ると右に傾いて斜面に踏み外すなどの症状が出ていた。がけ崩れによる13kmほどのアップダウンの激しい迂回路で消耗したのだろう。タイムオーバーでゴールする人もいるが、罰として?タクシーにした、


 昨年3回目は迂回コースを電車で「ワープ」しても完走扱いと言われ、利用させて貰った。だがイマイチすっきりしない。今年はがけ崩れ箇所が復旧し本来のコースを走れる事になったので途中のビールを我慢して完走(完踏)しよう。今年は3月の古河はなももマラソンで昨年よりいいタイムで走れているし。

イメージ 7
今回の秘密兵器、ゴアテックスのシュラフカバー、モバイルバッテリーは
ヘッドランプとスマホの充電用に。そして厚底のホカオネオネ。

イメージ 1
高崎駅から北陸新幹線で長野へ篠ノ井線、中央線と乗り換えて岡谷へ。
途中、篠ノ井線の坂北駅で見えた北アルプス(爺ケ岳〜蓮華岳)
今日は天気が良ければ中央アルプス、南アルプス、とも会えるはずだ。
諏訪湖の向こうには八ヶ岳も見えている。

すぐそばの店で担々麺で昼食、ビールは我慢。
イメージ 2
12時丁度、ほぼ100人がスタート。最高齢は75歳らしい、凄!
街中は信号待ちも多くkm8分と見る。
イメージ 3
つつじ祭り開催中の鶴嶺公園、去年はこの道路沿いも満開だった。
そう言えば鶴ヶ峰と言う相撲取りがいたなあ。
途中右手に中央アルプスを眺めながら快調に進む。

15:30(設定15:45)最初のポイント28.1kmの伊那市中央区信号
、これを右折するのが第一回からのAコースだが歩道がなく危険と言う事で、昨年から直進して田舎道を走るBコースが設定された。1.5km短いがなかなかいいコースで今回もこれにした。ただ、天竜川越しの南アルプスは見えないかと思ったが、僅かな間千丈・甲斐駒と懐かしい山がちょっとだけだが見えた。

17:12(設定17:50)40.5km栗林エイド、途中ビールを飲まなかったので(笑)貯金ができた。今年は正規ルート完走を目指すのだから・・
イメージ 4
木曽駒、宝剣、そして千畳敷カールが見えた。このあたりでランナーに「私の孫ですよ」と抱かれた男の子を紹介されびっくり

すっかり暗くなった道を進むがこの先凡ミス。
19:54 77.6km水神橋東、うっかり調子よく走るランナーについて行ってしまい、竜神橋西、おいおい天竜川渡っちゃだめじゃん、戻る・・・
桜並木の地元ランナーのエイド、去年はハイボールあったが今年はない・・

今日の目当ては道の駅下条、畳で横になれる貴重な場所、仮眠しよう。
0:04/2:23 道の駅下条(昨年は1:09/3:13)ほぼ1時間リード。
イメージ 5
寝酒でかったコレ、ビールやハイボールは温まってしまうし、これは安い(税込み110円位)紙パックなのでゴミも軽い。この日の通過市町村は、
岡谷市、辰野町、箕輪町、伊那市、駒ケ根市、飯島町、中川村、松川町、豊丘村、喬木村、飯田市、下条村。

夜明けの伊那路は美しい。
100kmのコンビニには5時に着いた。昨年より1時間早いが平岡駅からワープした昨年と違い登りの多い道を走る(歩く)ので油断できない。
とりあえずビールとうどん。
イメージ 6
谷間に霧を抱く山村独特の風景が美しい。
目標は「とみやま」をできれば11時前、遅くとも13時前には出たい。

7:26平岡駅113.5kmほぼ中間点、昨年は7:59
30分のリードでは「とみやま」着は1時間半遅れくらいかな?

ここから川沿いの道なのだが意外と登りがある、知らなければ精神的にダメージ受けるだろうな(知ってても・・・)
10:10/10:25 レストステーション「とみやま」、缶ビール含めもおもてなしありがとうございました。(昨年9:00/9:19)1時間遅れならオッケー、
11時前にスタートできた。

イメージ 8
ダムサイトを回り右から何本も滝が降るトンネル地帯(全12本)を行く。ほとんど走れない。午後になり雷鳴が、そして9本目のトンネルで豪雨、おまけに霰まで。30分ほど雨宿り・・・

イメージ 9
15:14 佐久間ダム154.3km(昨年13:39)雨宿り含め1時間半遅れ、想定内。
ここから静岡に入る、実は途中で愛知県も通っていた。

途中コープで晩飯を買い、ビールはすぐ飲み、寝酒用の焼酎水割りも購入。
他のランナー数人と一緒に進むが・・・
イメージ 10
通行止めの標識、歩けば通れるだろう。だめなら戻る。
イメージ 11
「車が行き違いできない」とあったが、1台でも通れない!
すっかり暗くなり
イメージ 12
秋葉ダムが見えてきた。これを渡る。

道の駅はなももの里そばのバス停で焼酎水割を飲み仮眠。
22:22〜23:31、シュラフカバーが役立った。(去年0:20〜0:35寒くて)
この日の通過は、長野県下条村、阿南町、天竜村、愛知県豊根村、富山村、静岡県浜松市。

暗い中歩いたり走ったり、途中飛竜橋手前で道に迷い1kmほど彷徨う。
飛竜橋を渡るのだが、暗い中石ゴロゴロの河川敷を歩くのもいやなので、
草むらで明るくなるまで仮眠、ゴアのシュラフカバーが大いに役立った。
2:20〜4:30 前のバス停でもっと休めば良かったかな?

イメージ 13
浜北大橋のエイド、これは大いに助かりました。
走りやすいサイクリングロードを行く。

7:35天竜川橋214.5km(昨年7:17)ここに9時までに着く必要がある。
イメージ 14
さあ、天竜川の河口だ、そしてゴール。
9:22でした。ほぼ想定通り。
イメージ 15
立て続けにビール2本とワインをいただく、満足!!
あとは宴会だ。225マイナス1.5kmだが迷い分を足せば225km?

愛着も湧いてきた天竜川だが、これで卒業かな?


























 


今回の秘密兵器


仮眠用(とらないで歩き続ける人もいるが私は駄目)に40年以上山で愛用しているシュラフカバー、スマホやヘッドランプ用のモバイルバッテリー。


高崎駅から北陸新幹線で長野へ篠ノ井線、中央線と乗り換えて岡谷へ。


 
途中坂北駅から見えた北アルプスの爺ケ岳から蓮華岳が見えた。天気が良けれ

開く コメント(0)

以前はハーフだったがフルになったとの事で初参加、今回が第11回と歴史は浅い。
「〇〇さくらマラソン」と名の付くレースは多いがなかなか名前通り開花期に当たらない。
「熊谷」は大体は早過ぎるし、「甘楽」は遅すぎる(今年はもったが)
タイトルを誤解してました。「小山思川、さくらマラソン」でなく、「小山、思川ざくらマラソン」、つまり「思川桜」だった。
八重桜なのでソメイヨシノより1週間ほど遅いので時期ピッタリ、駅前にも植えられていました。
イメージ 1
可憐な感じです。

駅からの送迎バスは15分ほど(歩いても30〜40分らしい)、参加賞やナンバーカードは事前送付なので焦らない。
「古河はなもも」はタイム狙いで真面目に走ったが、最近はスピード練習はしていないし、ウェイトコントロールもなし(体重も測っていない)直前のアルコール制限もなし、初参加なので写真も撮りたいし(20枚ほど撮っていたので10分?)。
そんな訳でとりあえずサブ4が目標、もし余裕でサブ4なら久々に防府読売に挑戦しようかな?km5’30”(5km27’30”)ペースで行ければ・・・

イメージ 2
桜と菜の花が奇麗、写真撮影目的で来てもいいなあ、と思う。
9時スタート。Cブロック(Eまで)だが遅れは21秒、参加者1416名と少ないので。
コースは堤防上が多いが、橋や幹線道路を潜る毎に下って上るので意外とアップダウンがあった。

5km:0:28:00(27’39”)いい入りだ。
イメージ 3
色々な花が、狭いので追い抜くのが難しい・・・
最初は日があたり暑くなるかと思ったが。
10km:0:55:17(27:17)調子が出てきた。

イメージ 4
菜の花の海!
イメージ 5
渡良瀬遊水地エリアに入る。日は陰ってきた。
1周前にヨシ焼きをしたので黒い、もう芽生えが。
15km:1.22:11(26’54”)平地は楽だ。

20km:1.49’46”(27’35”) 5’30”ペースだと1.50’なので想定通り。
イメージ 6
谷中湖を見ながら

中間点 1.55’46” 後半2〜3分ダウンなら3時間55分は切れるな。
と、後ろから声が!
イメージ 7
マサカリ担いだ金太郎! いつものようにビーチサンダルで軽快に消えて行った。
ちょっと太りましたか?今回仮装はほとんどいなかった、

遊水地を抜けると短いが急坂、歩かずに抜けて野木町に入ると、
「黄門様〜」と、あ、増田明美さんだ、あちこちで会うし。
イメージ 8
戻って撮影、「ラジオ(増田明美のキキスギ?)聞いてますよ」「アリガト」
ここ野木町は先日マラニックで行った深谷と並び古い形式の煉瓦釜が残っているそうだ、これも縁だな。

25km:216’16”(26’30”)
堤防上や遊水地ではほとんど応援がなかったが、街中では応援を貰った。

30km:2.44’17”(28’01”)さっきの戻り撮影分かな、気にしない、まだ貯金がある。
何回か細い道を曲がり、再び堤防路に上がる。
30〜35あたりがいつもキツイが、楽走。

35km:3.12’11”(27’54”)
残り7.2kmを6’30”ペースなら4時間は切れる。6分前後で走ろう。
イメージ 9
:桜と菜の花の中を走る。

40km:3.40’54”(28’43”)それほど落ち込まずに済んだ。
参加賞の揃いのシャツでずっと前後して走った若い二人組に「おいくつですか?」
と声をかけられ「71歳です。そちらは?」「25歳です」「若い!、ほぼ1/3!」
最後は公園内を回り、芝生に入って
イメージ 10
ゴール!風が弱く絶好のコンディションだった。
イメージ 11
53分台なら満足だ。
前半=1.55’46” 後半=1.57’53” 終盤はずいぶん写真を撮ったりしたが
2分しか遅れなかった。
イメージ 12
腰の強い肉のたっぷり入ったうどんをいただく、

さきほどの二人と一緒に。
イメージ 13
沖縄と岡山という遠方からの参加だった。
金太郎さんは10分位前にゴールしていた。「そこで血管年齢測れますよ」
イメージ 14
72歳と出ました。年齢相応・・・・・

ゴール後の楽しみ、ビールがない・・・駅まで我慢しよう。
今日は小山で「ラーメン選手権」があり大混雑とか。

イメージ 15
ここで餃子と生ビール2で810円、ランナーがかなりいました。

今日のコース
イメージ 16
ラップ自動計測やランナーズアップデートなどのサービスはないが参加料が安い。
5000円、おまけに交通費も往復で5000円以下。
参加費だけなら榛名湖Mが4000円と安いが・・・

途中の応援が少ないのは寂しいが参加人数が少ないのでストレスがない。
また行こうかな? 桜もきれいだったけど、菜の花の黄色に染まった大会でした。

開く コメント(0)

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事