リタイアでやりたい事

早期退職で遊ぼう、最近はマラソン中心・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
最も好きなレースのひとつ「秋田内陸100km」今年も行きました。
去年と一緒に女房、五郎(甲斐犬)と車で。

前夜祭で
イメージ 1
これを飲み過ぎました。
イメージ 2
秋田の助さん、格さん、大阪の助さん?お銀さんコンビ(金さん銀さん なんて言いバチが?)
こんな力作を用意してくれました。
イメージ 3
ずっと持って走っていただきました。

イメージ 4
桧内名物の風船登場、2月に見ましたが、実物は大迫力です。

イメージ 5
正装での集合、4時半スタ−ト、声援時間13時間

過去の実績は
2010年:62歳 9:42:31
2011年:63歳 9:56:16
2012年:64歳 9:43:12
2013年:参加せず ^^^^^
2014年:66歳 10:48:32
実はこの年の5月に大怪我をした。
2015年:67歳 11:47:53
2016年:68歳 64.4kmで初のDNF
2017年:69歳 12:11:7

順調に?遅くなっているが、2014年5月の大怪我以降更に大幅ダウン。、
特にここ2年ほどは走行距離も減りモチベーションも・・・

◎ウルトラマラソンのペースは(トイレ、給水、給食含め)km7分が標準と考えている。
7*100=700・・・11時間40分、これならほとんどのレースはOK
例外は鶴岡、11時間制限なのでkm6分30秒で通さないといけない
6.5分*100=650分=10時間50分

◎アップダウンの多いコースはkm8分と想定する・・・・・・・
これだと800分=13時間20分、岩手銀河や野辺山、えちごくびき野はOK
しかしここ秋田13時間制限なので不可、7分30秒ペース=12時間30分!

◎因みに、200kmを越えるようなロングは仮眠も想定されており、km10分でOK。

☆そこで作戦を(大体当るのだが)前半km7分ペースなら行けるだろう。
10km:1時間10分、20km:2時間20分、30km:3時間30分、40km;4時間40分、50km:5時間50分
目途として中間点50kmに6時間以内。

次の40km(緩いアップダウンあり)をkm8分で行けば320分=5時間20分
90km地点が11時間20分、ここから登りがあるのでkm9分と見れば
90*10=1時間半・・・合計12時間50分でゴ^ル、万歳!

前夜祭で日本酒飲み過ぎ、宿でまたビール、準備も適当で忘れ物も・・・
なんとかスタ−ト、いつものように宿酔の感がないのが落し穴
普段は(笑)最初宿酔で体が重く、20km辺りで抜け調子が出るのだが・・・
この日は体は重くないのに遅い(想定ペースではあるが)

10km:1.11’58”⇒20km:2.17’30”⇒30km:3.29’30”
2回「大」に寄った割りには予定通り・・・
イメージ 6
20km付近の赤ソバ畑(高嶺ルビー)気付いた人、いるかなあ?
イメージ 7
先行するお供達、「くの一」二人ははるか先・・・
段々急になり、歩きが入る様になりペースダウン・・・
頂上手前の40km:4.48’36”それでも3分の遅れだ。
イメージ 8
頂上の巫女さんエイドは5時間少々前にコーラ&ビールをいただく。
さあ、ここからは得意の下りだ、km5’30”ほどで飛ばす!
しかし、時おり脚が止まりかける。平地になったら歩きも。おかしい。
それでも、50km:5.58’30”予定の6時間前には着いたのだが・・・

50km組のスタ−トを待つ。カズランさんが凄い勢いで飛びだして行く、また連覇かな?
イメージ 9
秋田内陸名物の「ミズコブ」今日不動巡りをしている女房もどこかで入手だろう。
km8分もキツい、周囲の人が「大丈夫ですか?」と声を、
多分顔色も悪かったのだろう。何が起こったのか??

52km辺りのバス停の建物で10分ほど横になる。
更に55km付近のブルーシートも横に、これは駄目だな。
一昨年同様に64kmでリタイアし、列車でゴールへ行こうかな。
イメージ 10
萱草大橋で左に内陸線の大又川橋梁を見る。
カメラマンがいるので「列車いつ来ます?」「10分ちょっと」
リタイア気分満々なので待つが、次々にランナーが通り過ぎる(笑)
先行する熊澤さん(格さん)に「リタイアするので先に行って下さい」と電話する。
2分ほど前に屋良選手が来た。「待つ」 ベストショットが撮れた。

65km通過予定は8時間、直前の64.4km関門は9時間だが、
遅くとも8時間20分位で関門通過しないとどこかで引っかかる。

笑内で国道から左に折れ側道に入る。「バンバンバン」、熊追いの花火らしい。
イメージ 11
国道に出る直間で景気づけのコレ!
60km:7.55’10” 休んだり遊んだりでこの10kmで2時間近く要した。

イメージ 12
ススキ・・・
イメージ 13
路傍の石も応援してくれる! 気付いた人、いないだろうなあ?

イメージ 14
ここの私設エイドでは大福とイブリガッコがおいしかった。
イメージ 15
ロング缶です・・・
イメージ 16
阿仁のマンホールは可愛い。
64.43km関門:8.50’9時前だがリタイア申告。
列車待ちとビールタイムを引けば8時間30分位だが今日は無理

鷹巣駅まで内陸線で行こうと思ったが、一昨年もバスだった・・・
これで「レースは」終わったが、お楽しみはこれからだ・・・

ゴール会場から温泉に送迎バスで。着替えは無い!昨夜は相当酔ってたんだな(反省)
イメージ 17
会場でおでん+ビールで皆を待つ。表彰式を聞く。
もりなおさんは女子100kmで入賞。カズランさんは失速し6位だった。

イメージ 18
サラリーマンが帰って来た。野辺山以来。

イメージ 19
この方は私の少し前にいたが・・・

イメージ 20
そして仲間が、期待に沿えず申し訳ない、印籠は来年まで預けます。
昨年からの宿題(DNF)は天竜川と野辺山だったが、これらは完走できた。
しかしながら、みちのく津軽と今回の秋田、また貯金ができてしまった。

<反省>
1.練習不足、この年齢になると惰性では駄目、努力しないと
2.前の日飲み過ぎない事、肝に銘じないといけない
3.メンタル、毎週のようにレースがあると「この1番」にかける思いが薄くなる

実はレース中、「来年は50kmかな」との思いも頭をかすめた。
ただ、大覚野峠の上りがない秋田なんて・・・








開く コメント(0)

6回目の鶴岡は9周

9月第1日曜と言う残暑厳しい時に開かれるこの大会、
コースは平担だが制限時間11時間とある意味日本一厳しいウルトラマラソンとして知られている。

過去の実績
2012年 100km完走、10時間12分0秒 完走9人/75 4位だった。
2013年 100km完走 9時間49分56秒 30回記念大会、気象条件良かった。
ここで実行委員長の菊池さんから大会終了の宣言。
翌年はフランスのメドックマラソンに参加したのだが、

疋田さんが引き継ぎ、開催されたと言う事で翌年から再参戦。
2015年  70km終了 8時間42分52秒 股間節に異常を感じ、今後の連戦を考え時間内だが止め
2016年  70km終了 10時間4分8秒 猛暑で戦意喪失、最後2周は歩きも
2017年  80km終了 10時間24分50秒 直前に転び打撲傷、4連戦初戦で自重

今年も練習不足が甚だしい。
4月113km(ウルトラ1回)、5月413km(レース以外55km)、6月205km(レース以外27km)、
7月274km(レース以外38km)、8月205km 
それでも9月の「秋田内陸」の練習の意味でも昨年を超える90kmは走りたい。

イメージ 1

ここは開会式で参加者全員が決意を述べる。全80人以下だから可能なのだろうが。
その後全員の集合写真も恒例。参加者は68+10(ペア5組)
悪代官はジャスミンに、町娘はチアガール
エイドスタッフも紹介される。

通常のウルトラでは7'/kmのペースで良いが、これでは90kmで10時間18分になり10周目に入れない。
作戦A:10周完走する為には9時間半ほどで9周を終えねばならない。
1〜3周:6'00"/kmペース(エイド・WC込)=3時間
4〜6周:6'20"/kmペース=3時間10分/計6時間10分
7〜9周:6'40"/kmペース=3時間20分/計9時間30分

無理してこのペースを守る気はない。作戦Bは
1〜3周:6'10"/kmペース=3時間5分
4〜6周:6'45"/kmペース=3時間23分/6時間28分
7〜9周:7'15"/kmペース=3時間38分/10時間6分・・・もし10時間以内だったら10周目に?

予想最高気温は29℃、陽射し次第だな。
朝6時スタ−ト、普通のウルトラは4時半か5時だが、以前のこの大会は7時だった・・・
湿気は高いが朝は曇っている、今の内に稼ぎたいが。

コースはこんな感じの10km周回
イメージ 5

イメージ 2

1周目(10km) 0:59:46 まずまずのペース

イメージ 3
最初は青連寺川沿いの砂利道を行く

2周目:2:01:06(1:01:20)

イメージ 4
昔のS/Gだった黄金小学校には土俵がある。

3周目:3:06:45(1:05:39)WCタイムあるが予定めより僅かなダウン
晴れて来た・・・・・
アメダスデータは
イメージ 6
左から時、降水、風向、風速、日照時間←これに注目!

9時に0.9、その後は1.0・・・
最高気温は28.5度だが直射日光下の体感温度は33度以上だろう。

4周目:4:14:45(1:08:00)がっくりペースダウン。10周は完全に無理。9周達成を。
途中で2人以上抜かれる。
イメージ 7
袴が暑いので着替えると言うので。

その後はこうなった

イメージ 11

イメージ 8
この風防沿いの道は日陰がなく暑いと辛い。

5周目:5:30:01(1:15:16)、2012年の完走時は4時間44分だったからかなり遅い。
イメージ 9
コースには3ケ所砂利道があり、6km付近のここが荒くてワラ―チは辛いだろう。

6周目:6:48:09(1:18:08)エイドで休む時間が長くなる。
オレンジ、梨、武道、スイカなどの果物を主に、ソーメンなど喉の通り良い物手体で、
氷を首に巻くのも忘れずに。

イメージ 10
この日枝神社ではあまりに暑い時に休ませて貰った(一昨年)

7周目:8:07:15(1:19:06) 9周走破の為には8周を9時間半で入る必要があるが、
あと1時間12分でいい、まあ行けるな。竹田さんに2回目の追い抜かれ。
相変わらず力強い走りだ。これで9周だから9時間そこそこでゴールだな。

8周目:9:29:08(1:21:53) 予定通りで入れた。
あと90分あるから、km9分を越えないペースで行けばいい。
少しの歩きを入れても大丈夫だ。

3km付近の防風柵の辺りで大沼さんに抜かれる、私より1歳年上だが力強い走りで引き離される。
見事10周だろう!

イメージ 12
キンエノコロが逆光に輝く、

8km地点で残り時間20分以上、もう大丈夫だ。

イメージ 13
この看板が見えればすぐだ、
最後は笑顔でゴール。

9周目:10:53:36(1:24:28)まずは一安心。
もし10周したなら12時間半位かかったろう。
もう少し(せめて月刊300km)走り込まないといかんな!

夕方は楽しい閉会式(表彰式)
イメージ 14
会場、スタッフも一緒。
ここは走行距離に応じ「認定証」が貰える。

イメージ 15
表彰式。10周完走者(10人ちょっと?)には大きな拍手が。
イメージ 16
最後にはスタッフ全員がステージに、

イメージ 17
71歳で10周完走の大沼さんと。
基本毎日、月間500km以上走られるそうだ。やはり努力だな。

イメージ 18
2016年 70km→2017年 80km→2018年 90km→2019年=100kmだ!

スタッフの皆さん、選手の皆さん、本当にお世話になりました。
素晴らしい大会でした。








開く コメント(0)

核廃絶と恒久平和を願い13年前から始まった「広島-長崎ピースラン」
8月6日の8時15分に原爆ドームで黙祷し、9時スタートして全員で走る。
その後は一人又は二人で襷をして走り、他のメンバーは電車や車で先行して
約束の場所で襷を受け取る。走り終えたランナーは車や電車で又移動すると言うシステム。
夜間は誰かが走り、他の人はホテルで休みます。今回のエントリーは12チーム(単独走含め)約100名。
ゴールは長崎の爆心地公園で距離は423km。
11時までにゴールし、11時2分からの黙祷に参加します。

上田さん、高橋さんが中心となってメンバーを募り今回は6人+途中参加3人で構成。
前回は3年前に参加し、色々あったが無事ゴールした。実はこの「チーム一休」はその前
年から参加しているが、私の不注意で1週間前に転倒して膝前を7針縫う大ドジをやらか
し、迷惑をかけた。
他のメンバーは高橋さんの友人で教師のイギリス人ケビン、松尾夫妻の6人が基本。
松尾京子さんは私が215kmでリタイアした先月の「みちのく263km」を見事完走している猛者。

全員で走る最初と最後の約3km以外は一人12〜15kmを走り、夜間は30〜40kmのロング走になる。
5日の夜に説明会と懇親会があるのでこの日に広島入り、
時間があるので呉の海事資料館(大和ミュージアム)を見学したが実物の10分の1模型26.3mは大迫力だった。呉線が大雨の影響で不通、代替バスで戻ったが、車窓から何箇所も崖崩れで線路が埋まっている場所があり、被害の大きさを実感。

広島のホテルで集合し宴会場へ。
イメージ 1
食べ放題・飲み放題、本当に明日から走るの?
みな「伝説のウルトラランナー」
イメージ 2
広島原爆ドーム前からスタ−ト、全員元気。後ろのケビンは2mの巨漢!
9:00スタ−ト、最初の3km弱は全員で。
高橋さん作成の予定表では全27区。
最初の2.9kmは27分=9分19秒/kmペース

初日は133km。私は4区の玖波〜川西13.5km、ラーメンを食べ待つが前走の高橋・京子組が来ない!?
聞くとどうやらコースを間違えたらしい・・・
14時前のスタ−トなので暑い。首に氷を入れた手拭いを巻き、アームカバーを濡らし、
コンビニで氷結飲料を買い顔や脇を冷やしながら。「36度以上、運動禁止」ですから・・・

少し道間違え、広島県から山口県入り。実測誤差の関係で14.9kmでした。16:16着。
イメージ 5
錦帯橋

松尾さん(旦那)にリレー、高橋さんの提案で、今回の高温下を考え、
14.9kmを2時間24分=9分40秒/kmペース。
1人10km未満に分割する事に(正解だった)。
イメージ 3
こんな感じ。
9区、生野屋セブン〜徳山は夜。反射帯や点滅ランプで車に存在をアピール。
今回は広島でレンタカーを借りた(前回は電車)電車の方が楽だが、今回は公共交通混乱も考え。
イメージ 4
徳山駅でナイトランのケビンにリレー。
9kmを1時間20分=8分53秒/kmペース
36歳(ほぼ半分)2m。130kg(2.5倍)・・・

何回もフル。ウルトラを走った実績と若さでこの日の夜間走45kmを任せた。
22時39分。我々は車で小郡のホテルへ、24時直前チェックイン。
ランドリー、作戦会議、飲み後で寝たのは多分2j時半頃?
初日はここまで計133km(記録上)。私の走行距離は(実測)計26.8km。
6時過ぎケビンが無事ホテルに着き高橋さんに繋ぐ。
車内で見ると右足が痙攣気味。水を大量に飲んだようで食欲もない・・・7
まずは車でゆっくり寝て貰おう。

2日目、
6:07高橋さん出発。我々は朝食後車で出る。
私の受け持は前場から小月駅までだが、漫然と走っていたら道を間違えてしまった。
スマホでルートを確認し、正規コースと異なる道で駅へ、ここでも反対側に行ってしまう。
結局10.3kmで1時間27分(8分27秒ペース)かかってしまった。
本来7.2kmなので、8分/kmでも58分、30分の借金を作ってしまった。
申し訳ない・・・ここから九州から来る瀬戸口さん(女性)にリレー。
下関へ
イメージ 6
関門海峡と関門大橋

イメージ 7
関門トンネルで九州入り、当初予定では全員で越え、1人戻って車を回収する筈だったが、
大分遅れているので、門司まで走る瀬戸口さん以外は車に戻り、先ほど見えた関門大橋を渡る。
今日2回目のランは小倉駅から209.5km地点までの5.9km。今度は迷わぬ様じっくり地図を見ながら。
小倉城の辺りはなかなかいい雰囲気。北九州マラソンのスタ―ト地点だったなあ。
街中は地図を見ながら歩いたので10分20秒ペース。
3回目のランは黒崎からの11.5kmを2時間11分=11分23秒ペース遅い!
この日の累計は27.2km(実測)。佐賀県入り。

この日の夜間走36.5kmもケビンの予定だったが疲労度合を考え高橋さんに替わって貰う。
夜間走含めこの日は154km。この日のホテル着は夜中の1時過ぎだった・・・・

3日目
高橋さん頑張って6時過ぎにケビンにリレー。佐賀県を横断し、いよいよ長崎県に入る日だ。
この日は上野さん、筒井さんの二女性も加わる。
イメージ 8
女性陣と
この日の一本目は武雄温泉から亀水までの6km(実測)、坂が多いが登り以外は走れた。
イメージ 9
風情ある急長崎街道。49分=8分10秒ペース、
更に二本目は鳥越一里塚から千綿駅までの7.6km(実測)。
56分で7分22秒ペース、信号待ちを考えればイイペース。
イメージ 10
千綿駅からの夕陽、既に長崎県である。この日は夜間走なしで。走行距離は109km。
私個人は13.6kmと短かかった。
21時過ぎに宿に入れたので入浴、洗い物を済ませ街へ飲みに。
イメージ 11
飲み放題を選んでしまった(笑)ので飲み過ぎ。寝たのは1時半位?

4日目
眼鏡橋に10時までに着く必要があるので第1走は5:30出発。上田選手と一緒に走るつもりだったが
寝過して20分遅れで出る。12.3km走り肥前古賀駅付近で合流、1時間51分=9分1秒/km
京子&ケビンの最終組を見送り長崎市内のパーキングへ車を置き眼鏡橋へ向かう、
イメージ 12
9:36無事眼鏡橋に、ほぼ完走。これから参加者全員で爆心地公園に向かいます。
イメージ 13
山王神社の一本鳥居、爆風で半分吹き飛び歪んでいる。
イメージ 14
爆心地公園、本当のゴールです。423km+α、暑い中皆良く頑張り支え合いました。
私の総走行距離は84km、1日平均21kmですが、猛暑でかなり疲れました。
でも筋肉痛はなし・・・

この後空港そばの温泉へ、最高気温予想33度以上の日は生ビール半額の240円。
4杯飲んで寝ましたが、長崎空港発の便が1時間以上の遅れ。東京発の最終新幹線は無理。
3分前に在来線の最終に間にあいました。

「12チーム101名がエントリーし、11チーム88名が参加して、8チームが完走しました」そうです。
我が「チーム一休」は当初27区間の予定を43区間に変更したのが正解でした。












開く コメント(0)

まず言えるのは「走り込み不足」

6月末での走行距離が1255km年間2500kmペースではないか!
以前に比べ練習量が減っているが、それでも昨年は2400kmだった。
全盛期は年間4000km程度だったのでタイムが落ちるのも当然・・・
70歳になったので年代別入賞のチャンスはあるかも?

1月28日 勝田マラソン 3:58:39 9回目、後半アップでギリギリサブフォー。翌日袋田氷瀑見物。
2月11日 いわきサンシャイン 4:17:02 初参加、アップダウンあり、観光ランだが年代7位入賞。
3月11日 古河はなもも 3:51:55 3回目、年1〜2回の「ランナー」SBだが50分切りたかった。
4月15日 天女の羽衣伝説ウルトラ71km 8:20:55 3度目完走でシャツ貰う、前後の宴会がメイン?
5月3〜5日 天竜川リバーサイド210km 44:38(休憩含む)三度目の正直だが公認ワープ・・・
5月13日 安政遠足29km 4:08:53 8回目、登りは歩き主、来年は4時間切りたい
5月20日 野辺山ウルトラ100km 13:46:21 昨年の雪辱なる。制限時間ギリギリだが年代3位、
6月3日  奥武蔵ウルトラ78km 10:36:09 8回目の完走、10回までは行きたい。
6月17日 隠岐の島ウルトラ100km 13:22:43 3回目、年代1位だった。

ウルトラ5、フル3、その他1の計9本、例年に比べ少ないなあ。
サロマに参加せず、岩手銀河が中止になったりで連戦も少なかった。
昨年完走できなかった天竜川と野辺山を完走できたので良しとしようか。

累計ウルトラ87本(DNF9)、フル68本(DNF1)
自主的長距離ラン(街道など)もなかった。復活しよう!
 

開く コメント(0)

三回目の参加。初めは2013年、良かった雰囲気を思い出し、昨年再度出、あらためてこの大会(と言うか島の)魅力に嵌りました。
島一周コースなのでアップダウンは1500mほど。14時間半制限なのが気楽。

前日隠岐入り
km:イメージ 1
飛行機の右窓から、御岳、乗鞍、北アルプス。もっとゆっくり飛んで・・
米子空港からバスで境港へ、ここでは水木しげる記念館を見学。
ここからジェットホイルで隠岐の島へ。
イメージ 2
概要に出ると大山が大きい。逆光が残念・・・1時間ちょっと。
会場で出走手続、宿に荷を置き前夜祭に戻る。
イメージ 3
酒やおかずも豊富にありましたが、宿で晩飯があるので控えめに。
楽しみだった「岩がき」はなし・・泣・・・
イメージ 4
川内優輝選手はお父さんの出身地と言う事でここ数年毎年出ており、今年が7回目、レインボーになる!宣言。
50kmを6時間半以内に通過できれば会える(抜いてもらえる)
イメージ 5
毎度おなじみの、間は浦島太郎ちゃん。日本酒少々、ビール少々
イメージ 6
同姓なので、私への応援と受けとめる・・・
イメージ 7
宿の晩飯も食べきれるかな? さて、ほどほどに飲んで寝る。

作戦・・・・
2週前の奥武蔵以来走っていないので、去年より控えめに。
制限14時間30分で、昨年は13時間8分だったが、快晴で気温は22度予想だが直陽浴びるなら・・・
30分プラス、と想定12時間半なら1時間のマージンが残る。

5時スタ―ト、風は弱いが前半は昨年のペースに近ずこう・・
イメージ 8
静かな
イメージ 9
朝の入り江
10km:1:03:53(昨年1:05:57)まだ順調、ところがこのあと悲劇(笑)お腹が柔らかく・・・
イメージ 10
アンギラス岩(自称)ゾウアザラシ岩かな?
イメージ 11
ミズキの花かな?

20km:2:10:35(昨年2:10:31)ここまで順調!
イメージ 12
アジサイロード(自称)はいつも未開花だが、今年は咲いてる。やはり10日早いのか?
イメージ 13
奥にかっこいい山が見える(道があるなら)登りたい。
イメージ 14
この風景、枯れ木がアクセントなのか、邪魔なのか?

30km:3:00:01(3:26:43)アレレ、去年より早い???
イメージ 15
シモツケソウかな?
イメージ 16
クサフジ?それと外来種のナヨクサフジ?

40km:4;37;21(昨年4:34:40)想定以内・・・
この後、42.195km地点はギリギリ4時間台で通過。

50km目標は6時間15府分以内、これなら川内に会える。
イメージ 18
イワガラミ、ツルアジサイは無かったなあ・
イメージ 17
これはグミ???もちろん、果実の(笑)
イメージ 19
ホタルブクロも沢山
イメージ 20
どう見てもアシタバ・・・

イメージ 21
クサフジの実かな?
イメージ 22
何の実(花)かな?

この先でこの旅?最大の楽しみ、隠岐牛のバーベキューを期待したのだが、
牛の育ちが悪いとか、オーナーが亡くなったとか・・・
無かった・・残念、でもコレ
イメージ 23
美味かった〜、生き返ったあ。ありがとうございました。
不思議とこの後お腹の調子は回復。

イメージ 24
何故か島には山羊が似合う?

イメージ 25
エイドでは自家製の甘酒も。
イメージ 26
牛突き(闘牛)の牛と

ここの家ではありませんが、こんな冗談みたいな
イメージ 27
50km:6:00:09(昨年6:00:53)ほぼ同じ、ここからは暑さで落ちるだろうが、6時間半以内の目標クリア
50km組の川内優輝選手は11:30スタ−ト、その時点では私は54km付近。
「3*7=21」 
つまり彼が3分/kmで7km走れば21分、
私が7分/kmで3km走っても21分、11時50分に追いつ刈れる計算。
こんなに差はないろうから、11時50〜55分の間になる。

と、放送車が「川内選手が来ま〜す」
イメージ 28
一瞬にして追い抜かれた。写真データでは52分30秒 計算ピッタリ!

さあ、マイペースで行こう。

60km:7:17:51(7:15:35)そんなに遅れはない。
ここから3回のアップダウンが出迎え・・・
イメージ 29
橋から渓流を見下ろす。

70km:8:56:27(8:52:24)まずまず。ここからがキツかった〜
イメージ 30
やや萎び、手ブレもあるが、アマドコロ?ホウチャクソウ?茎まで確認しなかった。そもそもレース中だし(笑)
若干熱中症あるいは脱水気味だったのか、疲労のせいかややだるさと眠気、65km辺までがつらかった。

70km:8:56:27(8:52:24)でもペースは保った。
残り30kmをkm10分なら5時間なので14時間弱でゴールできる。
9分ペースなら4時間半なので13時間20分台になる。まあ予測通りか。

イメージ 31
緩いが確実に登っている。
イメージ 32
河川敷にはクレソンの花が満開。
「島を挙げての」と言っても過言ではない応援。昼を過ぎる時間帯になると、ブルーシートやコンテナを並べ、
宴会気分で応援してくれるのが嬉しい。そろそろビールが欲しくなって来るが店がある!
イメージ 33
これでゴールまで走れる・・・
のんびり田園地帯を走ったり歩いたり
イメージ 34
シラサギものんびり
イメージ 35
この貝は「にいな」と教わりました。

80km:10:29:47(10:23:08)
イメージ 36
悪代官が生ビールを飲んでいたのでつきあう(笑)ここでもう3杯だと・・・

イメージ 37
90kmが近ずくとこんな声援も。
山の中なdp人家の無い場所には垂れ幕があったし、応援が工夫されている。

90km:11:57:15(11:48:15)昨年より10分近く遅いが想定内。
イメージ 38
子供も太鼓で応援
イメージ 39
ここから再度緩い登り、目の苗の丘が隠岐空港、あそこまで上る・・・
イメージ 40
さあ、下りだ。海が見える。道路脇にはアジサイ。
この辺りまで来ると完走確実なので沿道の応援も「ガンバレ」一辺倒でなく「お帰り」「ゆっくり」「楽しbで」等々。
イメージ 41
この「え」の下で大きなマグロを捌いてた!
イメージ 42
岬カフェでは暖かいコーヒーを。お腹が冷えて来るので終盤は暖かい物がうれしい。
イメージ 43
朝、渡った赤い橋が見えて来た。
イメージ 44
夕陽、明るい内に帰れた。
イメージ 45
ゴール、手をつないだ家族と一緒に。
イメージ 46
13:22:43(昨年13:08:36)15分遅れなら満足、楽しんだし、写真も100枚以上撮ったし。
意外な年代1位でこんなの貰いました。
イメージ 47
副賞はなし(笑)
さすがに疲れたのか、宿ではビ−ル1本のみで寝た、珍しいなあ・・・

イメージ 48
出雲大社西郷分院にお参り、一作日は「完走祈願」でした。

イメージ 49
米子空港の食堂で偶然平服姿の悪代官とマネージャー?の屋良さん、忍者さんに遭遇。
連戦の忍者さんはこれで「島根の神」に。

イメージ 50
活きは右のザックのみだったのに、倍に?
イメージ 51
参加賞とお土産、

大会関係者の皆さん、島の方々、選手の皆さん
お世話になりました。

来年も行きますよ!








開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事