リタイアでやりたい事

早期退職で遊ぼう、最近はマラソン中心・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
舘山さんの「スポ―ツエイド・ジャパン」の主催で、コースは厳しいが、良心的価格でエイドが素晴らしいと定評の大会です。
今回が8回目、何とか10回まで行きたい。
と言うのは多くの大会が10回も完走でエリ―トナンバ−カ−ドが貰えます。これまで
野辺山(100km)今年で5回、これから5回は無理・・・
秋田100km 6回、今年の結果次第
サロマ100km 今年はエントリーできなかった。平担コースなんで行けると思うが、諸経費高価、、、
いわて銀河100km ここだけは5回でいい。去年クリアしたが、残念ながら今年はコース崩壊で中止・・・
ここ、奥武蔵は日帰りで行けるのでコスパ抜群!サロマ1回で5回行ける・・・・・
78kmで制限時間12時間、楽勝と思うが累積標高差2172mと言われ、実質88kmと考えるべき。

77km時代に7時間台で年代2位に2回入っているが遠い昔。
昨年9時間40分なのでこれを目標、と思っていたが、朝から暑さが尋常でない。
これは30分〜60分かかる、と腹を据える。
イメージ 1
仮装仲間が。7時スタ―ト、既に暑い。
最初は鎌北湖を回るアップダウン、例によって下りだけ真剣に。
10km 1;6;27(昨年1:6:0)それほど遅くない
20km 2:16:14(2:8:14)順調べに遅れ
 さあ、ここから50kmまでの上り基調が勝負。
急坂は歩くが、緩い坂は多少は走るカッコしないと・・・
イメージ 2
オクム名物やきとりエイド。ノンアルビール有。元気出る。
今回、ア−ムスリ−ブに水を掛けるのが有効だった。

30km 3:49:32(3:36:42)まあ想定内
イメージ 3
いい天気

35km付近でトップがあっと言う間に通過!5時間台半ばかな?
イメージ 4
さすがに上位は皆ランシャツ・ランパン
イメージ 5
エイドで悪代官が迎えてくれました。
一昨年まで毎週のようにウルトラで会いました。
また一緒に走りましょう!

40km 5;25;42(5:06:21)
実は山に入ると陰があり、傾斜を別にすれば意外に楽?

イメージ 6
コアジサイがきれい。

イメージ 7
フタリシズカ 3人いるが・・・

49.2km折り返しが(男には)最高のエイドです。
イメージ 8
ここで、花を持参し捧げた人がいました。まいった・・・

50km 6:57:17(6:30:02)まあまあ
イメージ 9
lこの方は多忙の中毎週ウルトラ完走する現代の忍者!

実は50kmを8時間以内なら大丈夫、と踏んでいましたが!!
49.2km(折り返し)関門が7:40でした。
1時間しかマージンなかった。

50km 6:57:17(6:30:02)この辺までは去年より30分以内遅れで・・・
イメージ 10
道中良く見たのがコレ、ウツギかと思ったが、ヒメウツギかも?
60km 8:11:17(7:37:17)遅れだした。

イメージ 11
エゴノキの花、初夏の花は白いのが多い?

イメージ 12
花ではないが、マタタビの葉も白く。

まだ余裕ある
イメージ 13
63kmエイドの向かいの平九郎茶屋で。車だとゴール後飲めないので、ここ。
下りはイケイケ!
でも後半、緩い登りがあり。これを歩くか走るかでタイム差が。
今回は拘らずと固く決意(笑)

イメージ 14
道端には外来種のセリバヒエンソウ・

最終エイドの
イメージ 15
コレ、なんと「バナナお汁粉」!
元気を出し!
70km 9:34:48(8:44:56)50分遅れ・・・
75km 10:17:35(9:23:27)
去年はとっくにゴールしてた・・・・・・・

最後の3kmは6分ペースで行こう(無理はしない)
と言う事で
イメージ 16

エントリー222名ななので20位以内目標!





開く コメント(0)

西の村岡(出た事ないが)東の野辺山、と並び困難と言われているこの大会。
過去6回参加していますが(2011は中止、ピークの頃で悔しかったが)、100km完走は3回のみ。
2回は71kmコース(全温泉制覇とか・・・)昨年は猛暑にやられ、71km滝見の湯で関門25分前だったが
完走無理と判断し、温泉&ビールでおしまい。今年はその時の反省を踏まえ(笑)このデポに着替えを用意した。
もちろん使わないつもり。

走力低下&練習不足なので計画は綿密に?
14時間制限なので、km8分ペースなら800分=13時間20分でOK後はWC次第(笑)
累積登りが2000mあるので私の理論?では実質110kmに相当する。
関門設定では87km関門以降を6’55”ペースだが、90km以降のダラダラ登りがあるので
私には不可能。過去の経験から90km以降は歩き主体でkm10分ペースと見て100分、
安心の為には2時間欲しい。

また。昨年諦めた71km滝見の湯からは4時間はかかる。
念の為4時間半とすれば、ここに9時間半でギリギリ、9.5+4.5=14.0

定宿、滝沢牧場にテントを張り(540円→700円に上っていた)
守谷山に遊びに行った後受け付したが、前夜祭の券はまだ余っていた。
1000円→1500円に上ったので飲まない人には魅力ないのかも。
私は元とれますが・・・

5時スタ−ト(第二ウエーブは5:15)寒い(2度)し風もありヤッケで。
イメージ 1
スタ−ト直前に八ケ岳の頭が!
最近のスタ−トは最初ゆっくり入り過ぎるのでkm六分目標で行く。
イメージ 2
今回はギリギリ完走目標なので写真はあまり撮らないつもりだが、あまりきれいなので。
やはり、、4km付近でWC・・・
イメージ 3
右に甲斐駒、左は北岳、
苦手の林道に入る。緩斜面だけ走る。
イメージ 4
富士山!ここからは走り難い砂利道、ワラ―チも数人、大したものだ。
18km1908m最高地点
イメージ 5
2:32着、去年は2:33多少頑張ったつもりだが・・・
ここから下りだが、オフロードは転ばないよう注意。
稲子湯に
イメージ 6
4:31(去年4:37)
国道に出てからの下りはハイピッチで飛ばす、前は4’30”ほどだったが、5分ほど。
それでも随分追い抜けた。

50km関門7時間は6:12(昨年6:22)貯金48分、まずまずかな?
問題はここから、59km過ぎの折り返しからの往復のダラダラ坂をどの程度走れるか?
因みに昨年は3時間半近くを要した。
イメージ 7
66km付近の自販機でコレ、壇れいのCMを想像しながら。
これで滝見の湯では飲まない。遠回りするしシューズも脱ぐので・・・

イメージ 8
71km関門、滝見の湯 9:13で着く。(去年9:50)目標の9:30以内。
1時間の貯金ができた。
ここから4時間半かかっても13時間43分(正解・・・)

79km馬越峠までは歩き4:走り1位
10:45 関門には5分消費。ここからは得意の下りでかせげるはずが・・・
またも催しコースアウト、結局
87km関門では貯金45分に。まだ大丈夫?
90km  12:06、残り2時間はないが、少しは走れば行ける。

残り5kmで1時間欲しかったが58分ほど、余裕だな。
97kmまではダラダラ登り、HRCの丸岡さんは元気に走って行く。
ゴール:13時間46分21秒。
最初の計算13時間20分・・・
大5回*5=25分?これを補正すればピッタリではないか!
メダルは重かった!

6年前には10時間台で走れたが、来年これ以上のパフォーマンスは無理、と言うか
今回は気象条件に恵まれた。
昨年の野辺山の最高は22.9昨年は25.3度。

来年からは71kmにしよう。
余裕あれば稲子湯にも入れるし、疲労なければその日に帰れる。

今回100kmにエンリーした70台は23名、最高齢は79歳だが、凡人の私には考えられないい、
再来週はオクムだ!

開く コメント(0)

今年が第44回の歴史ある大会。
2008年の第34回から参加していますが中抜けがあるので、今回が8回目。
2011年の第37回は震災の影響で中止、その日自首練習しました。
2013年は第一回東尋坊ウルトラ103kmに浮気
2014年は仙台国際ハーフに浮気、と言う訳で過去の実績は

年    天気   浄水場21km関門 ゴ−ル 後半タイム  備考
2008年 雨  1:53:30  3:06:20  1:12:50  水戸黄門の原点
2009年 晴  1:54:17  3:18:50  1:24:33  前日に富士山登りスキー滑降
2010年 晴  1:42:11  2:57:49  1:15:38  真面目に走ったが黄門、杖は持たず、
2012年 晴  1:50;44  3:05:17  1:14:33  家からの8kmを前後往復走る
この頃がピークだったな、前半1時間台で入り、後半も1時間15分位でいけた・・・
因みに過去42回(実質)で優勝者が2時間を切ったのは1回だけらしい。

2015年 晴  2:23:55  4:06:55  1:43:19  萩往還250kmの翌週
2016年 晴  2:46:28 関所コース、杖・印籠持参、天竜川172km(DNF)の翌週
2017年 曇  2:17:26  4:01:16  1:43:50  天竜川232km(DNF)の翌週

2018年 曇 やはり天竜川210km(ゴール)の翌週なので浄水場関門2時間40分を余裕でクリアし、
後半のんびり行きたい・・・

上りに弱い私の場合、100m登れば100*8=800m距離が延びると同じ。
浄水場まで300m登るので、21+2.4=23.4kmに相当する。
楽なkm6分ジョグぺース(実際は6’41”)で計算すると2:21:45で大丈夫。

さて、前夜祭から盛り上がり
イメージ 1
シャア専大集合、ほとんどんの人が明日は衣装を変える!
イメージ 2
毎年出る巨大仮装、今年は焼き饅頭。横並びのパタ−もあり。
イメージ 3
C3PO侍(r2D2背負う)
イメージ 4
これも力作、
イメージ 5
HRCメンバーと、杖と印籠持参
イメージ 6
シャア専集合!
イメージ 7
安中武家屋敷前、茂木市長の太鼓六つでスタ−ト !
朝8時;数日前の天気予想では夕方から雨、だったが前日になり午後から雨に変更。
4時間位でゴールしたいな。

前半に結構急な登りがあるが、なんとか想定のペースで。
イメージ 8
安中名物の杉並木付近は観客も多い

ここは私設エイドも多く楽しみ。
9km付近で大一回・・・
10km/1:06:42(6’23”ペース)
このコースのひとつポイントは18kmからのダラダラ登り、ここを走れるか歩くかで大きな差が出る。
記録を見ると8分前後なので、まあ最低限は・・・

20km手前で、
イメージ 9
関所コースは右折し、我々は直進。すぐに関門
イメージ 10
設定より少し早く入れた。去年より1分遅れ。
ここから突然急な登りになる
イメージ 11
凡人は走れない。
イメージ 12
新緑の中、気持良いハイキングコース。歩くと元気なハイカーに追い抜かれる、情けない・・・
イメージ 13
足許には可憐なユキザサ
残り3kmからのダラダラ登り、ここを走り切った事は残念ながら全盛期でもない・・・
来週の野辺山で中盤の折り返しのダラダラ坂を思い出し、歩いたり走ったり。
目標は+km10分だったが、結果は12分近くかかってしまう。
来週は前半頑張らないと。

ゴ−ル:4時間8分53秒(後半山部、1:50:16)過去最もかかっているなあ。
来年は4時間切を目指そう、軽装黄門で。

イメージ 14
この大会の楽しみはゴール後の蕎麦と力餅。いつもはゴ−ル直後に食べるモロキューを
今回は「しげの屋」に持参しビールの肴に。









開く コメント(0)

標高759mの諏訪湖に源を発し、213kmを流れて遠州灘に注ぐ天竜川に沿って下る「天竜川リバーサイドウルトラマラニック。静岡県の萩田さんの「呼びかけ」大会でコースマップを見ながら走り、歩く。最小限のスタッフで低予算のため荷物預けやコース表示なし、コースガイド不在、エイドは最小限なので自力で必要な物は背負う。
200km超の大会は佐渡島208km(48H)、萩往還250km(48H)、みちのく津軽200km(51H)とさまざまだが、コース難度、エイドの有無などで単純に深くはできないが、川の道や日本縦断などの猛者には敬服です。

下り基調なので楽勝、と思って参加した2016年の第1回。

佐久間ダム手前から雨になり、途中から道が良さそうな国道にル―ト変更した。
推定172kmで雨宿りしたが、寒さで戦意喪失、棄権した。
この時の経験から翌年は雨具、下着着替えを充実させる。

翌年は途中雨による崖崩れでコース迂回

13.35km延び合計238.35kmに、制限時間は変わらず・・・
終盤まで順調に進んだが、200km付近から体が右に傾き、トンネルで右壁に体を擦ったり、
土手で斜面を踏み外したり・・・最後の河川敷では完全に暑さにやられ残り4kmでギブアップ。
この大会は制限時間を過ぎてもゴールはできる(自力で行くしかない)がタクシーを呼んだ。

今年も先月半ばから走っておらず不安だし天気も心配だったが、朝には上がる。
このGWには「川の道」、「風の道(中山道)」、「萩往還」、「橘湾岸」など200kmレースが目白押し・・・

イメージ 1
天竜川源流の釜口水門、昔よりましにはなったが濁っている。
イメージ 2
12時スタ−ト、参加者は87名。

イメージ 3
「餃子の王将」ではない。

イメージ 4
白いオダマキは珍しい

イメージ 5
岡谷ジャンクションを潜る。コンビニでトイレを借り、おにぎりを食べたので最後尾に・・・
まあ昼間はkm8分の予定なので焦らない。

イメージ 6
右手の鶴峯公園はツツジ祭り、ラン友が行ったらしいが見事らしい。
いつもはまだ咲いていないのだがやはり今年は早い。

イメージ 7
道端に見事な藤が!

中央アルプス千畳敷あたり
この先、伊那中央で右折し天竜川右岸を行くが、車が多く危険と言う事で直進するコースを地元の人が推奨するのでそちらにする。確かに車は少なくのんびりした田舎風景。残念なのは南アルプスが見えない事。
距離は1.5km短い。

42km付近で臨時エイドで左折
18:47 51kmエイド着 昨年19:00、一昨年19:30、今年が一番早い、涼しいからか?

81km付近、天竜川桜並木に地元のエイド、暖かい物とハイボールをいただく。生き返る!

1:09 道の駅信濃路下條、仮眠できる。手前のコンビニでワインを購入。
3:13 出発
昨年は2:00、一昨年は3:43なのでやはり早い。

イメージ 8
のどかな田園風景が広がる。

6:00 この先、100kmのコンビニで朝ビール。湖の先でコースは二分する。
①昨年同様の迂回コース(13km長くアップダウンあり)
②本来のコースを直進し、平岡駅(113.5km)から飯田線で大嵐駅までワープする。
過去2回ゴールできていないので、去年より早くなければ②を選ぶつもり、と言うかその方向で調整・・・
隣の人が「8:18の列車に乗るなら急がないと」それもそうだな。間に合うなら急ごうか。

6:20、101km分岐点 昨年は6:07 遅いので迷わず②コース(笑)
歩きでは間に合わないので下りを走る。
あまり早く着いても仕方ないので歩いたり走ったり調整。

イメージ 9
平岡ダムが見えて来た。

イメージ 10
天竜川は長野〜愛知〜静岡を流れ、上流から
南向、泰阜、平岡、佐久間、秋葉、船明の7ダムがある。

7:59 平岡駅着、8時の予定なので計算通り。発射まで時間があるのでチューハイを。
イメージ 11
飯田線に乗るのは何十年ぶりだろう?45年位かな?
8:18⇒8:38で大嵐(おおぞれ)駅に

イメージ 12
8:45 大嵐駅発、吊り橋を渡り、左折すれば本来のコースに合流する。
9:00 古民家とみやま着、唯一のレストステ―ション
イメージ 13
猪鍋と素麺、そしてビールも! これで朝から3本目だ。
昨年は14:15、一昨年は14:26だったので5時間以上の余裕ができた。
9:19 出発

さすがに酔いが回って来たのか脚が重いが、時間はある。
左下はダム湖なので佐久間ダムまでは理論上水平の筈だが何故か上りが多く元気な人にどんどん抜かれる。
ここから佐久間ダムまでは右から何本も滝がかかっている。
イメージ 14
最初の滝

イメージ 15
双子滝とでも名付けようか

イメージ 16
高いのは全部入らない

イメージ 17
イワタバコが沢山、夏はきれいだろうな。
イメージ 18
最後の滝、いつもは暗い時間なので見られなかった。

イメージ 19
13:39 佐久間ダム着 昨年18:40(一昨年21:06)よりやはり5時間早い、ゆっくりペースだったが。

イメージ 20
ダムを渡れば静岡県、これを右折するとトンネルが続く。

この先、佐久間市内いつも夜間になるが今回は明るい。問題はどこで時間調整・休憩する場所を探すかだ。
イメージ 21
あそこまで下る。
イメージ 22
天竜川は下流になるほど水がきれいになる。
イメージ 23
左の壁面にテイカカズラの花が
この先のコープで酒と蕎麦(晩飯)肴を買いビバークに備える。
16:45 渡辺商店(休業)そばのバス停167km付近、 ここで晩飯をすませ少し横になる。
19:15 出発

暗いのでほぼ歩き。ここから秋葉ダムまでの道には水留りが多くシューズがぐしょぐしょに。。。
秋葉ダムの私設エイドで雑炊、次の窓明ダムエイドでは豚汁とカップ麺をいただく。
各種用意されており、天ぷらそばをいただいた。本当に有難い。

寒くなって来たのでゴミ袋ポンチョを着こみ、腕には地図を入れて来たA3ポリ袋に穴を開け通す。
眠いので、花桃の里手前のバス停で少し座って休む(0:20〜0:35)
0:37 花桃の里(188km)去年はここにエイドがあったのだが・・・

ダム湖を渡りいよいよ天竜川下流域に。
夜が明けるが、道が川を離れる辺で寝ぼけて間違えたかと感違いし余分に3.5kmほど走ってしまう。
イメージ 24
河川敷に入るが石ゴロゴロで走れない。時間は大丈夫なので歩く。
河原には外来植物が多い。
イメージ 25
オオキンケイギク、特定外来生物

208kmの先からは遠回りにはなるが走りやすいサイクリングロードを行く。
イメージ 26
そろそろ暑くなり笠を被る。

イメージ 27
少さなマツヨイグサ、萎むとオレンジ色なので、メマツヨイグサだろう。

7:17 天竜川橋下 214.5km残り10kmだ。昨年は10時だった。制限時間12時なので2時間なら楽勝と思
ったが甘かったのだ。今回は4時間以上あるので大丈夫。

イメージ 28
少し先で桃缶をいただく。

イメージ 29
ナヨクサフジも最近増えたなあ。

イメージ 30
新幹線を潜る。珍しくもないので写真は撮らなかったが、その他シロツメクサ、ムラサキウマゴヤシ、アメリカフウロ、ハルジオン、セイヨウタンポポ、等外来植物のオンパレード。

最後はまたゴロゴロの道になり最後の橋を潜り堤防道路に上がる。
イメージ 31
天竜川の河口、感激の対面。
ところが・・・イメージ 32
ここで、脚がもつれ右にすっ転ぶ。右の靴紐がほどけていた。手から血が・・・
イメージ 33
常備の絆創膏で応急

やっと
イメージ 34
ゴール! 9時17分。残り10kmやはり2時間かかった・・・
ワープはあったやはり嬉しい。まずはビール!
結局距離は225-1.5-17.3+3.5=209.7 ほぼ210km

今回より時間が遅いと河川敷で陽にあぶられ苦戦するだろう。
来年どうしようかな?
川の道?
やはり」ここ?

皆さんお世話になりました。






















開く コメント(0)

ここは三回出場(完走でなくとも)シャツが貰えるので、三回は出ようと思っていた。
大会そのものも楽しいが、仲間との前夜祭そして閉会式&後夜祭が最高!

各地から集まるが、東京からの新刊組は5人。
イメージ 1
東京駅のホームで、東海道、東北、北陸新幹線の揃い踏み。
米原で食料、酒の買い出しをし、北陸線で余呉駅へ。
車で宿泊場所のウッデイパル余呉に送って貰う。
前夜祭は「本当に明日走るの?」と思う程だが、毎度の事(笑)

今回の不安は二点、
①週末は雨の予想
②練習不足、今月は1回(12km)しか走っていない・・・

①は直前になり、日中はなんとかなりどうだが、②は不安だな。筋力、心肺機能その他・・・
コースはウッデイパル余呉から余呉湖畔まで3km(強?)を下り、一周6.8kmを10周するアップダウンの少ないコース。

一昨年は7時間28分56秒
昨年は(雨宿り含め)8時間32分45秒
景色も良いしエイドが素晴らしいのでつい長居してしまう。

(ほぼ)真面目に走れば一周45分*10=450分+最初の下り20分と見れば
470分=7時間50分だが、今のデキでは自信ない。まあ昨年のタイムにどこまで迫れるか?

イメージ 2
参加者は200人弱
イメージ 3
いつものメンバーと。この大会は二日酔いで臨む事が多い。。。

7時スタ−ト。制限10時間、予想では17時以降雨なのでギリギリ降られずに済むか?
0周(3kmと言うが、GPSでは3.4km)22’35”
イメージ 4
周回初め、ここは菜の花と桜が美しいが、今年は桜はほぼ終わり。
1周目:1.07’09”(44’34”)WCにも寄ったのでまずまず。

残念だったのは、
イメージ 5
レース名にも7なっている「天女の羽衣掛けの柳」が切られていた事。

2周目:1.50’15”(43’06”)
イメージ 6
サワオグルマは少し開花。沢尾車、のようだ。
満開の群生を見たい。

3周目:2.33’10”(42’55”)
イメージ 7
この宿の枝垂桜は少し遅いので楽しめる。

4週目:3.14’26”(41’16”)
この頃までは順調
イメージ 8
去年100周達成の悪代官はまだ回復途上で歩いて参加。

5週目:3.58’11”(43’45”)WC。
ここで37km、この辺から走り込み不足がモロに効く・・・

イメージ 9
この木は印象的

イメージ 10
桜もまだ残る。

6周目からは緩い登りも歩く・・・
トっプランナーに3回抜かれた。と言う事は彼は9周目か!!

6周目:4.47’31”(49’20”)
イメージ 11
左ワラ―チ、右は手網の草履

7周目はきつかった眠くてフラフラ。後ろから来たウサミンに活を入れられ、「少し寝よう」100km超のウルトラでは良くある。
東屋の椅子で横になったが、替えが強く寝られない。仕方なくまたスタ−ト 。

7周目:5.40’55”(53’24”)
残り3周、1周1時間かかっても8時間40分でゴールできる。
ヨシ、飲もう(笑)
イメージ 12
と言う訳でこの一周は
8周目:6.43’54”(1.02’54”)でも、これで復活!

イメージ 13
可憐なイカリソウや

イメージ 14
アケビの花

登り坂は歩くがかなり回復

9周目:7.34’55”(50’41”)
イメージ 15
柳は水に浸かっても枯れないのかな?

最後は意外と脚も軽くなった。
10周目:8.20’55”(46’20”)

なんだ、去年より早いじゃないか!ちょっぴり自信回復。
イメージ 16
すぐにこれをいただく。

後は宿に帰り宴会に備えるだけ。

イメージ 17
ワラ―チの屋良選手もゴール。

閉会式、後夜祭はもう覚えてません・・・

今回のお土産
イメージ 18
貰ったシャツと参加賞の小魚の佃煮、のっぺうどん、他に酒はすぐ飲んででしまった。

さあ、明日から走るぞ!






開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事