リタイアでやりたい事

早期退職で遊ぼう、最近はマラソン中心・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今年30回を迎えるこの大会は制限時間「4時間」、市民マラソンとして異例の厳しさであり、
多くのシリアスランナ−の支持を得ている。
今回が7回目であるが、過去(の栄光・・・)は

2009年:3.8’48”
2010年:怪我(肋骨折)でDNS
2011年;3.22’23”
2012年:3.10’43”
2013年:3.21’04”
2014年:3.28’15”
2016年:3.02’08”(38.6km最終関門は通過)

目に見えて落ちている。特に2014年の大怪我以降・・・
今年は、と言うと。
10月29日の水戸黄門漫遊マラソンで33m付近で初めて足(左脹脛)が攣る、
と言うトラブルに見舞われ、直後11月3日のぐんまマラソンでも5km付近で再発し、
足袋で走って足の裏が痛くなり、5時間をはるかに超えてしまった。

また出ると怖いので、この20日間はあまり走らず(10kmを3回のみ)に
自慢の?柔らかい筋肉が回復するのを待った。
19日にランモード(ブラインドランナーとの伴走)の後1人で走り5’30”/kmで
走れたので出る事にした。4時間以内で走るにはこのペースが必要。
ただ、自信はないし、交通費も1万以上かかるので、あまり天気が悪ければ止めようかと。

直前の予想ではスタ−ト(10時)頃には上がりそう、と言う事で出発。
今年から仮装禁止と言う事もありランナーの格好で(笑)。
5’30”ペースなら5km27’30”、中間点1時間56分、スタ−トロス1分なら1時間57分
後半km15秒落ちれば5分15秒プラスでギリギリセーフ。

でも雨は止まず、スタ−ト前後が一番強かったが、5km過ぎで小降りになりゴミ袋ポンチョを脱ぐ。
10km過ぎで完全に上がるがやや風が・・・
アメダスデータ、左から時刻、気温、雨量、風向、風力、日照時間
イメージ 1
確かにその通り。

さて、結果は・・・
イメージ 2

中間点1時間54分23秒、想定の1時間57分より早い、」だがこのコース前半下り後半上りなのだ。
おまけに向かい風・・・
上記では25kmまでイーブンみたいだが細かく見ると、そこまで5’30”ないしそれ以下だが
24〜28kmは6分近くまで落ち、その後さらに6’15”ペースに。
30kmで最終関門は「?」かな?と感じる。オーバーペースだったのかな?

ゴールは無理、ならどこで止めよう。そう思ったら33.4km関門が(3時間10分)は
「あと1分!」の声に励まされ7分台に落ちたが少しだけ頑張り30〜40秒前にパス。
だがこの後38.6kmは3時間40分だ。km6分以下でないと! 無理無理、歩きも混じるし。
だが、そこまで行かないと止める訳にいかない。
結局3時間47分47秒(NET46分52秒)回収バスに。

今回が63回目のフルだが初のDNF。半分想定していたとは言え、前半順調だっただけに
ややショックではある。

原因は?
1.オーバーペース
2.練習不足
まあ両方だろうな・・・

参考までに昨年の記録を
中間点:1時間50分27秒(今年より4分早い!、WCロスあったのに。
40km:3.47’29”
ゴール:4.02’29”
残り2.195kmに15分かかりこのタイムだが、これは行けると思っていた。
去年との違い=練習量(走り込み)
去年は10月から前日までのラン(レース以外)が288km(以前より減っているが)
今年は・・・98km。これでは駄目だな。元来素質のない私がそれなりの結果を出せたのは
スピード練習ではなくただ走り込んだから。

2007年に初めて走った県民マラソン(ハーフ)が1時間57分、その2ケ月半後には
フルを3時間42分で走れた(若かったが)
初心に戻り、走り込もう→結論。

開く コメント(0)

第27回ぐんまマラソン、実は2007年、私が9月に60歳目前にして突前走り始め、
気まぐれで2ケ月半後に申し込んだ記念すべき?大会です。
ここで2時間を切って走る事ができ、ランニングが人生の友となった・・・
あ、当時はハーフです。
一昨年からフルになり、去年から「群馬県民→ぐんま」と名前は変わりました。

実は先週(5日前)の水戸黄門漫遊マラソンで33km付近で左脹脛がピキ!と
初めて「痙攣」を経験しました。

私的にレース後(ウルトラ含め)のダメージを4段階に分けています。
疲労度0:ゴール後今からでも10kmジョグならできそう、あの東京マラソン後の
アベベのイメージ。確かにいいレースの後はこんな感じでした。
翌日6分以下のペースで軽く走れる。

疲労度1:ゴール後、階段の真ん中を手擦を使わずに下れる。
翌日6〜7分ペ−スなら走れる。最近のウルトラの後は大体こんな感じ。

疲労度2:ゴール後まともに歩けないが、2日もすれば緩いジョグは出来る。
「疲れた・・・」と言う感じのレース後ですね。
ウルトラ6連戦なんて馬鹿をやってた時は大体この1〜2でした、

疲労度3:一週間まともに走れない(走る気がしない)過去数回・・・

疲労度4:故障

幸い、脚の故障「4」は経験ありません。(他の馬鹿馬鹿しい理由では数回)

で、5日前の水戸黄門漫遊マラソンの33km付近での左脹脛の攣り、初めての経験でした。
その時の判断は上記の3.・・ちょい中4日は短かかったかな?

で、今回はコレで。
イメージ 1
陸王、ではなく4月の「行田鉄剣マラソン」の後、メーカー直売で試し履きできたので購入した「無敵」
裸足で履くといい感じで練習で20kmまでは走れた。(ただこの時親指に肉刺ができたのを忘れてた)
ただ、脹脛に不安があるのでサポ−タ−を装着。

一作年は渋川往復のコースだったが、今年は随分変わった。コース図。
イメージ 6
イメージ 2
1ブロック(前にSあり)はもうないだろうな。スタ−ト遅れは30秒位。
何より前回の水戸黄門と違い、快晴!
「左脹脛の痙攣」が再発しなだいか?が最大の不安だったが、
4時間30分位では行けるだろう。

イメージ 3
前方に榛名連山

イメージ 4
後方に赤城山。

実は4km辺りから左脹脛の攣りが再発、こんな経験は初めて!
イメージ 5
けやきも紅葉!
誤算だったのは道路表面に細かい凸凹があり、10kmあたりから足の裏が痛く・・・

攣りの後、ストレッチ、ゆっくランでなんとかごまかそう。
4時間半ほどで行くならkm6’15”〜6’30”でいい。

実際のペースは
イメージ 7
案の定10km辺りからじりじり遅れだす。ここで同じランチームの女性Mさんと暫く並走したが、20kmから先に行って貰う。軽快な足取り、4.30〜4.40で行けるな?

中間点2.17なら2倍すれば4.35と想定タイムだが、この時点で5時間切れればいいや、と(甘かった)
度々止まって脚をほぐしながら進むが面白くない。km7分も厳しく・・・
モチベーションを高めるために?26km過ぎでコンビニへ、缶ビール購入。
ウルトラなら店の外で飲むのだが、さすがに顰蹙を回想なので店の中のカウンタ−で。
「ゴールまでは行こう、時間は6時間あるのだから」エイドも全部寄ろう。

後から声をかけられた。「メーテルです」
その恰好じゃ判らないよ!
イメージ 8
暑くないのかなあ?

33kmでランモードの仲間がエイドを開いているので立ち寄りビールを少しいただく。
イメージ 9
伊南川で一緒だった、ほたるさん、と。

この直後、ぎでさっき追い抜かれたMさんが歩いている。「脚が攣った」
ここからオール歩きだと制限時間危ない。ゴールまで案内しよう
「歩き/走りを小刻みに繰り返しましょう」ウルトラ終盤でバテた時の走法だ。

イメージ 10
利根川の橋が見えて来た。
後半はカーブと折り返しが多くなる。
イメージ 11
県庁が見えて来た。
イメージ 12
明日から将棋の竜王戦が行われる「臨江閣」
イメージ 13
安政遠足でも前後して走った方、あの時は青だったが今回は黄色。
イメージ 14
利根川沿いを走ればゴールは近い。速度は8’30”〜9’をキープ。

イメージ 15
やっとゴールだ! Mさんが感激してくれた。
いやいや、私こそ終盤のモチベーションを維持できましたよ。

5時間23分47秒(グロス)史上最大!の記録
長く樂しんだのであえて「最低」とは言わない・・・

今日は暑かった、アメダスデ-タ
イメージ 16

足袋を脱いだら案の定、右親指に肉刺が出来ていた。
得意の下りでスピードが出せなかったのはこのせいか。
親指部分が多き過ぎるのが原因か?
テ―ピングで固めるか、ソックスを履くか?課題が。

ゴール後、少し歩くと高崎駅までの無料バスが出る。
駅構内で皿うどん&ビール、と思ったら見覚えのある女性がビールを飲んでいる。
自己紹介された。東京十社を一緒に走ったNさん。
暫し話に花が咲く。

今回も疲労度段階3だな?今度は全快してから走ろう。
23日の大田原、間に合うかな?場合によってはDNSも考える・・・








開く コメント(0)

去年第一回だったが、先約(マラソン以外の)があり見送り。今年は早めに決めた。
水戸黄門が大勢いるかと思った雨のせいか見かけず。

台風22号接近で雨予想、前日は領国の「すみだ葛飾北斎美術館」へ見応えあり。
夜は湯島のカプセル泊。近所の居酒屋に入ったが少人数の常連ばかりの様だ。
「ミズコブ」があったのにはびっくり。

朝から雨。
上野から水戸まで鈍行で。
イメージ 1
御一考様、久しぶりです!
雨は時間数ミリほどだが、スタ−ト直前になると本降りに。
お囃子が賑やかなのは良いが、スタ−ト3分前位には止める方が良いのでは?
放送が効き難いし、緊張感を高める意味でも。

参加者は(翌日のニュースで)1割が棄権し9000人ほどらしかった。
上はいつもの格好にゴール前では脱ぐつもりのゴミ袋ポンチョ、念の為ウルトラ同様腰にヤッケを巻く。
下は悩んだが、やはり本場水戸なので?スパッツ止めモンペにしたが大変だった。

マラソンシーズンとなり、予定では今回4時間10分位。
11月23日の大田原or12月の防府読売でサブ4
1月の勝田で3:45位
3月の古河はなももで3:30のSBを狙う、と言うプランだが。

km6分ペースで計算すると、4:13:10、km5:50(5km-29’10”)で行ければ
4時間6分、まあ10分切が目標。この雨では写真も撮れないし。
スタ−ト遅れは1分45秒。走り始めたら雨はそんなに気にならなくなったが、
また強まったり弱ったり。こんな感じイメージ 2
スタ−ト、ゴール時が強かった。
途中までは想定ペース、3km辺で4時間のペーサーに抜かれる。
0 〜5km :29’32”(正味)5〜10km :29’33”
10〜15km:28’45”   15〜20km :28’51”
中間点 2.03’58”(2.02’13”)
雨が強くなるとモンペの前が濡れ脚にまとわりつく。若干の伸縮性はあるのだが。
それよりも水を吸い重くなるのが問題、後で脱いだらずっしり重かった。

前半は(真面目に走る)ウルトラのペース、呼吸は6歩呼吸(3歩で吸い3歩で吐く)
後半24kmから4歩呼吸に変え、ストライドが伸ばせないのでピッチ走法に。

20〜25km :29’09”   25〜30km :28’20”
30kmを過ぎて下り坂、その後の上りはきつかったが歩かずに走り切る。
後半の山場。千波湖周遊路に入る下山りカーブ(33km付近)で左脹脛が「ピク」
ヤバイ、暫くペースダウンすると「戻ったかな?」6分ペースに戻すとまただ・・・
30〜35km:29’45” ここまでは貯金があったのだが・・・
もう駄目、おまけに40km直前でトイレを借りるはめに
35〜40km:35’20” km7分ペースに落ちる。

最後のパンチ、残り1km付近の急な登りは歩くのみ
40km〜GOAL:15’16” この歩きが効き15分かかってしまった。
4.15’19”(4.13’34”).・・・km6分も切れなかった。

計画が狂ってしまったなあ〜
ここが(脹脛)痛むのは久しぶり、走り方が悪かったのもあるだろう、
いい走りができた後はお尻が痛くなる。

中4日でぐんまマラソン。数日休もう。




開く コメント(0)

数あるウルトラの中でも特別なレース(順位表彰なし)です。
南会津ていう、やや交通不便なエリア(東京からだと電車、バスを乗継ぎ4時間位?)
我が家からは高速利用で4時間、下道で五時間半
青森から電車等で来られた方は9時間もかかったそうです。一口に東北と言っても・・・
今回は下道で、前から気になっていた「からむし会館」へ、勉強になりました。

ここは標高差1600〜1700m登るし、急な山道は「歩け」と言う過酷なコースですが、
制限時間が16時間と緩く、海宝さん主催の大会と言う事で固定ファンがいます。
制限時間が長いと言う事で途中での「みちくさ」が最大の落しみ。

あらためてコース図を見ると
スタ−ト0km-550m(標高)
七入(30.1km-1100m)
沼山峠(36.5km-1700m)
御池(46.5km-1500m)
七入(53.0km-1100m)
木賊温泉分岐(60.8km推定-910m)
小繋トンネル(68.8km推定-1350m)
木賊温泉(77.3km-800m)
ゴール(100km-550m)
単純に標高差を計算すると1590mですが、細かい登り返しが何回かあり
1700m近くになります。

過去の実績
2010年第一回 11:52:55 写真をたっぷり(車中泊)
2014年第五回 12:49:17 抱返りの滝、尾瀬沼の展望台往復&木賊温泉(大桃民宿) 
2015年第六回 12:41:41 木賊温泉で温泉&ビール(須賀屋旅館)
2016年第七回 13:53:46 橋場のばんば、モーカケの滝展望台、木賊温泉&ビール(須賀屋旅館)
2017年第八回 さて?

最低でも温泉だけは入りたい。
でも台風21号接近が心配だが、同様に18号大接近だった佐渡一周も逃げ切ったし、
雨を警戒してモンペは止めスパッツにした。

イメージ 1
参加者はこれ位、70台も14人!
当日の予想では夕方から雨、なんとか山中は降らないで。
でも連日の雨で山道はぐちゃぐちゃだろうな・・・

km7分なら700分
前半の上りで60分みる
後半の上りで30分みる
エイド、休憩、温泉などで60分みると計850分=14時間10分
これだけ見ればいいだろう、

イメージ 2
5時スタ−トだが、爆弾アラレの「ドカン」が合図、3分少々おまけを貰った。
スタ−ト早々水溜りが。
国道に入ると暑くなりヤッケを脱ぐ。ランモードの泉さんが。ガイドと一緒だが、見えないと山道は苦労するだろうなあ・・・
10km1:11:06(昨年1:12:06)
屏風岩辺りで知り合いの居酒屋マスタ−から差し入れ(酎ハイ)
イメージ 3
紅葉は例年よりやや冴えない(天気のせいか)
イメージ 4
岩と流れが美しい(毎年同じ場所・・・)
20km:2:22:49(2:35:58)去年より早いな。今年はずっと9度くらい(去年は1度)
イメージ 5
右手の小滝がきれい、この辺で忍者さんに追い突く
イメージ 6
これはムラサキシメジだろうか?
イメージ 7
レースの翌日ここらの軽い山を歩こうと思ったが今年は駄目だな・・
30km:3:39:29(4:01:53)今年は道草しなかったのとエイド以外歩かなかったので
去年よりやや早い(WCは同じ2回・・・)
30.1km七入エイドの先から山道に
イメージ 8
最初の橋、5回だと思っていたがもって多かった。
橋への下りがブラインドランナーには危険だな。
イメージ 9
ブナの黄葉はイマイチ、ここはラン厳禁。
イメージ 10
群馬から峠越えで応援に来てくれた顔の小さい美女達。
何カ所か滑る場所もあったが歩ききる
イメージ 11
10時14分沼山峠(昨年10時40分)30分近く早い。これなら温泉以外に蕎麦屋も寄れるな!
宮城のレジェンド出口夫妻も眼前に。
ここから御池〜沼山峠のシャトルバス道、10kmで150mの下りだが上りも少々。歩くて出口さんに抜かれる。
40km:5:37:43(6:04:38)
イメージ 12
紅葉、冴えない。
御池からは得意の下り。km5分〜5分20秒のペースで快調に飛ばす。
イメージ 13
橅坂の清水、おいしい。
50km:6:47:22(7:13:52)
去年はこの先でモーカケの滝にも寄ったがパス。
イメージ 14
63km七入エイドで応援の悪代官や佐渡も一緒に走った高橋さんら常連と。右に松木さんも
いつもはおにぎりを食べるが、この後蕎麦の予定なので豚汁のみに。
他にハム&パイナップルが美味しい。

キリンテで
イメージ 15
ここに入ろう、名物の裁ちそば
イメージ 16
&ビール!机上に檜枝岐の歴史説明が
墓石が「星」「平野」がほとんどでまれに「橘」だが、明治半ばまで村中これらのみで
今でも9割を占めるらしい。

60km:8:11:25(8:33:57)まだリードを保持(笑)
この先で
イメージ 17
右折し上りに。見通川沿い。
イメージ 18
ここで昨年体得した(笑)ウルトラ後半の坂道攻略法を
ここでは電柱(ほぼ40m置き)を目途に歩き、走りを繰り返す。
短いので走れるしすぐ休むので心理的にも楽。これでkm8分半〜10分で行ける。
イメージ 19
1200〜1300辺りが紅葉の中心、
イメージ 20
小繋トンネル14:20(14:51)。去年は上り1時間16分かかったが、今年は1時間8分。
むろん強い人は平気で走って上るが、この省エネ走?法のおかげで、下りは思い切り飛ばせる。さあ!
ここも5分少々のペースで、最高〜
70km:9:32:31(10:03:46)
イメージ 21
下部の唐松はまだ黄葉が進んでいない・・・
さあ、温泉温泉〜
イメージ 22
いつもの酒屋でビールを買い(顔馴染になり端数をおまけして貰った・・・
坂を下り川沿いの露天風呂へ
イメージ 23
西根川の清流を眺めながら至福のひととき(確かにほんの・・・)
今年から五本指ソックスから二本指に変え、着脱が楽に。
イメージ 24
出ようとしたらミニーちゃんが(笑)野辺山の温泉でも一緒になった。今年も年の瀬ボラをされるとか。
更に、車道まで上がる途中で会った自転車の人から「観音山辺りで走ってますね〜」 えっ?!
同市内の方らしい、世間は狭いなあ!

ビールの後は汗をかかぬようのんびり走る(酔いも回るし)
80km:11:00:09(11:27:47)
時折「ドカン」大きな音が、なんだろう?
静かな山村をのんびり走る。
左の川には長瀞みたいな地形も垣間見える。

やがて右折し伊南川沿いの国道に戻る。
なんだか懐かしい気がする。
ここからは多少のアップダウンもあるが僅かに下るのでkm6分半位のペースを保てた。
90km:12:09:29(12:43:08)
先は見えた。

段々暗くなるのでライトを手許に。
宿の前を通り過ぎ
イメージ 25
左にゴール会場を見過ごすのは辛いが、あと5km。救いは
イメージ 26
ここでの焼肉(マトン)ビールも有り!時間があれば長居するんだけど、この後ややこしいので
お替り1パイだけ
この後、1.3km先で左折、標識に従い右折し砂利道の緩い登り
走り難いし転ぶのもやなので歩く。残り1km辺の舗装道路に出れば安心。

最後は子供らの「お帰りなさ〜い」に応えながら
イメージ 27
実際はスタ−ト時の「おまけ」があるので、実際は28分位です。
それでも13時間半切れたので満足。まだ「行ける」な。
ただ、海宝さんんからスタ−ト前に「スタッフの高齢化で来年から変えるかも」
気になりますが、帰ってきますよ!

イメージ 28
ヒール部分はこんなんでした。そろそろ買い時かな?
ウルトラ専用にしてますが、たぶん3000km近く走ったからなあ。
でも今日ジョギングしたら異常なし。歩く事の多いウルトラ以外なら使える。

ここの処自信喪失気味でしたが、秋田そしてここと納得の結果でやや回復?
来年も来ますよ〜お〜、






















開く コメント(0)

第一回松本マラソン、この日には他に参加したいレースが沢山ありましたが、
やはり第一回と言う事で。
ナンバーカード等事前送付で前日受付不要なのは良い。
土曜日は駅前で1日環境フェアがあり、その後車で松本へ。
駐車場はゴールそばを確保し、今夜の宿は道の駅、そこもで3km位だった。
一応テントは積んだが、面倒なので車中で飲んで寝る、

朝、5時少し前に目覚める。ウルトラと違い楽だ。
駐車場からバスで35分、更に歩いて15分ほどで会場、2回目のWC・・・
イメージ 1
スタ−トへの移動、さすがに1万人は多い!。薄緑のシャツが多いのはこの日の参加賞。
イメージ 2
スタ−ト前、まさに快晴!選手宣誓がなかったなあ・・・
No.2402でBエリアと割合前の方なのでロスはあまりなかった(1’23”)
ウルトラ4連戦の後なので楽しんで走るが、番号通り3000番以内ではゴールしたいが・・・
コース図はこれ
イメージ 3
何回か折り返す複雑なコース、最初は下り。

5分30秒ペース、と言いたい処だが、写真も撮るので6分ペース、
気温の上がる後半は6分半に落ちるとすれば4時間22分、まあ4時間半以内が目標。
イメージ 4
右に松本城、意外に遠かったのが残念。
イメージ 5
お祭でもあるのか屋台が並ぶ
イメージ 6
ぞろぞろ、ここには写ってないが、遠くに乗鞍も見える、あとで行こうかな?
5km:30’22”(公式)=28’55”、まずまず
10lm:1:02:34(32’12”、今日3回目のWC.に)
イメージ 7
郊外に出ると松本市のシンボル、常念岳が聳える。
イメージ 8
14km付近、最初の折り返し。だんだん暑く、
15km:1.33’23”(30’49”)まずは想定内
イメージ 9
赤蕎麦の花。何人が気付いたろう?100人もいないだろうな(推定)

20km:2:03:09(29’46”)意識してはいないがまだペース維持。
中間点:2;10;04(NET 2:08:41)2倍+10分なら4時間28分だが・・・
イメージ 10
赤い信州リンゴ。エイドでも出ました。
暑いが「かぶり水」も用意され助かる。私は首の手拭いを濡らす。黄門はタオルは使わない(笑)
イメージ 11
蕎麦畑の向こうは霧ヶ峰? 北アルプスの反対側
イメージ 12
ナナカマドの赤い実が美しい。山では紅葉だろうな。
イメージ 13
最近流行らしい黄色いサクランボ、ではない黄色いリンゴ。
実はこの辺、23〜24kmのだらだら上りがきつかった・・・・・・・
イメージ 14
空港公園の応援、アルペンホルン、女性は先日テレビで紹介された方かな?
25km:2.35’46”(32’37”)予想通りペースダウン。
イメージ 15
27km付近、右にゴール会場が見え、早くゴールする選手のコールが聞こえる。
これを横目にあと15km、は精神的につらい。
イメージ 16
裸足の女性、ポッケにワラーチ入れてます。裸足ランナーは3人見ました。
イメージ 17
向こう側はゴール直前のランナー
30km:3:07:04(31’18”)
イメージ 18
32km付近第二折り返し、苦しいが応援は多い。
35km:3:38:59(31’55”)km6’30”だと5km32’30なのでまだ大丈夫、
しかし1余裕はあまりなかった。
イメージ 19
この辺りが一番辛かった、少しだけ歩くが、km7分には落ちぬよう我慢・・
イメージ 20
37km付近、最後の折り返し
イメージ 21
原始人は無論ハダシ、前方の帽子の人は白山で会ったかな?

40km;4:12:45(33;47、6’46”に、でも終盤このペースだと折り返しで前にいた人を結構追い抜く。
残り2.2km、km8分でも4時間半は切れるが、最後の2.195kmを16分以内で走ろう、と決める。
昔は10分を切るかどうかだったが、最近遅い持は15分オーバーするのでそれだけは避けよう!
・・と言う訳で?
イメージ 22
スタジアムを半周しゴール。
4:27:06、OK! (NET 4:25:43)、最後の2.1*8km=14’20”

意外にアップダウンありました。おまけにスタ−トよりゴールの方が標高高いとは!
こんな
イメージ 24
推定200mほど上る?!
このコースで制限時間半だったせいか、完走率は80%弱らしい。
イメージ 23
群馬のHRC仲間の美女と

初マラしソン(9年前)の3時間42分よりは大分遅いが、楽しんで走るようになってからはこんなモンです。
今の力では真面目に走っても3時間50分位だな、年末の防府読売に向け練習しなくては!

でも楽しむつもりで参加したこの大会、予想通りいい大会でした。
因みに、2007年9月にランニングをはじめ1年と1月、累計52,000km、
フルマラソンが今回60回目になりました。
フル60回目(ウルトラは.81回・・・












開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事