リタイアでやりたい事

早期退職で遊ぼう、最近はマラソン中心・・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

今月初め、埼玉の「行田鉄剣マラソン:ハーフ」に参加しました。
レースそのものは最近の練習不足を反映してやっと2時間を切れたという結果でした。
ただ、その後の売店コーナーで、行田の地場産業である足袋メーカーが「ランニング用足袋」を出品しており、
「試着できます」との事で履いて100mほど走ってみたら大体思った通りの感触。
イメージ 1
今日、地元で練習会があったので履いてみました。
もちろん裸足で履きます。アウターは撥水布地で足首は巾着丈に締められます。

ソールは柔らかいゴムで重さは片足171g(25.5cm)。
履いた瞬間の感じは「踵がない、足袋!、はだし感覚!」
今日は聖地を15km走ってみました。km6’20”くらい。ためし履きと同様に抵抗なく走れました、
買う時に言われたのは「踵がないので、カカト着地で走っていた人は最初脹脛を痛める場合があります」
私は元々(遅いけど)ミッドフット着地なので大丈夫でした。というか、体が固いので足を大きく前に振り出せないのだ・・・・・
今まで色々試してみました(時間と力を使わず向上したいのと、好奇心から)。

1.裸足で芝生を走ってみました。ところが私の柔な足裏では小石や小枝で「ヒー」、健康サンダルも痛くて履けません(内臓が悪いのか?)

2.ワラーチ。数年前から話題だし、知り合いにもこれでウルトラ走っちゃう人も大勢います。
子供の頃から靴よりも下駄派だったので(銀座を闊歩しましたよ)大いに関心ありました。
にタイヤ製を作って頂き走りましたが、やや重かったので私の柔な足(くどいか・・)では指間と甲が痛かった。

3.地下足袋 実はお祭りなどで履いている足袋が欲しかったんですが、なかなか買えず、ホームセンターで手に入るこれを買いました。安いですが意外と重かったのと、足首を留める「コハゼ」が外れやすいのが難点。
ワタシ、足首も細いんです。でもこれは別の分野で活躍してます。

4.ビブラムファイブフィンガー 高いので買わなかった・・・

5.空想 足の裏だけ合成樹脂みたいなのは塗ってみる・・・・・・

で、今回のがはだい感覚で尚且つ多少の荒れた路面でも大丈夫そう。
今日は20km走ったのでハーフは行けるだろうがフルは??
でも走っている内に(後半)「靴底のバネでなく自分の脚でバネを生めばいいんだ!」と悟り。
底が減るともったいないので(笑)当分芝生重点に走ろうと思いますが、これで凹んでいたモチベも復活するかな?でも時々にしよ。


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事