リタイアでやりたい事

早期退職で遊ぼう、最近はマラソン中心・・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

例によって名前の長い「北緯40度秋田内陸リゾートカップ100kmチャレンジマラソン」
ここは昨年無念のDNFでしたが、81回目となる各地のウルトラマラソンの中でも好きな大会ベストスリーに入ります。
今回が7回目の参加で過去の記録を見たら最初の3回は9時間台で走ってました。
今は楽しむ事に専念、特に去年「印籠」を預けた助さん、格さんともども今年は必ず完走しなくては。
実は昨年DNFのレースが4回(宮古島、天竜川、みちのく、そしてここ)ありまして、
5月連休の天竜川がゴール直前での脱水(or熱中症?)でDNFだったので何としても勝ち越しておきたい。
今回は女房と車で、「東北の不動尊巡りをする」と言っていたが、直前のニュースで秋田県立糜粥館で藤田嗣治の特別展開催中、と知り、これに行く!と。

北関東道〜東北道〜秋田道、のルート。
イメージ 1
昼飯は国見SAで2日間限定3割引の牛タン丼。

大曲ICから角館へ、前日受付と前夜祭。
イメージ 2
悪代官とは今月3回目・・・
私は今夜素泊なので、ここでたっぷり食事て飲み物を。
イメージ 3
なまはげやいちごミルクマンにも再会。

さあ、早朝4時半スタート
イメージ 4
去年格さんは50km、私は60kmでリタイア、助さんはゴールしたものの制限時間オーバー、と言う事で3人共気合が入っている。
最高気温の予想が前日までは25度だったが、この日は20度に。多少は楽かな?

薄暗い中を行くが、武家屋敷街は明かりがあり、走りやすい。やがて夜明け。朝霧が美しい。
10km:1:04:35(去年1:15、一昨年1:15:55)確かに違う!
20km:2:08:42(2:18、2:16:00)
イメージ 5
晴れ2:16:00きた。暑くなるかな?
このあと我慢できなくんり、民家でWCを借りる。助かりました。
30km:3:18:43(3:37、3:21:30)
そろそろ上りが始まる。歩き〜走り、を繰り返す。そろそろビールが欲しいなあ
イメージ 6
うれし〜い!有難うございました。さあ、次は巫女さんエイドだ!
40km:4:33:01(5:15、4:33:01)去年は完全にへばってた。今年は一昨年のペースを保っている!

イメージ 7
待望の巫女さんエイド、賑やか〜
イメージ 8
悪代官も待っており、小芝居を披露。
ここからは得意の下り、km5分前後で飛ばす。カイカン〜
イメージ 9
ここは手造りのエイドも売り物です。「ミズコブ」や浸け物類
イメージ 10
読めますか?答えは最後に(笑)
イメージ 11
この赤い橋は定番
イメージ 12
ここの楽しみは綺麗な流れを見る事でもある。
と、ここ(47km付近)でハプニング!突然立ち止まった助さん「蜂に刺された!」、次の50kmエイドで治療してもらうしかない・・・走れるか?

50km:5:38:46(6:55、5:42:30)
 六時間遅れでスタートする50km部門の選手が応援してくれる。去年は一時間近くオーバーしており、誰もいなかったが。
しばらくすると助さんが追い突いて来た。大丈夫か?
イメージ 13おか
バター餅は北秋田の名物、必ず土産に買う。エイドで休んでいると「カズラン」こと目移選手が凄い勢いで飛んで来る!そのあとしばらく2位集団は来なかった。結局この大会六連覇!凄いとしか言いようがない!
60km:6:49:00(一昨年6:49:56)以前同じペースが結果的に維持できているではないか。まあ去年より大分涼しいが、頭と首は水で冷やしながら。

「阿仁の街まで降りればビール!」
イメージ 14
60km過ぎの酒屋でカンパイ。助さんは蜂の件があり自粛。救急車が何台通加するが熱中症かと思ったら十数人被害に遭い、これの救急だったらしい。
ここで店の親父さんがなかなか容量を得ず、釣り船銭がなかなか出ない。ビールを飲みながらのんびり待ったが10分以上要した。まあ、これも「旅」のハプニング・・・

70km:8:04:17(8:00:44)
80km:9:17:01(9:15:32)
この70〜80kmあたりが精心的にも厳しい部分、ここで
「走り2、歩き1の割合で歩きを混ぜ、km7分半〜8分で行きましょう」と提案。これは200kmレーすなどの後半で採用する私の秘策(笑)
イメージ 15
秋田名物「ババべらアイス」ずっと後に無料エイドもありましたが、冷たい物が欲しかった〜
格さん「90km手前のエイドでビールが待ってる」そうか、あの岩魚だな?
イメージ 16
こんなのも。そして
イメージ 17
ありがて〜 さすがに助さんも「我慢できない」
イメージ 18
この天然岩魚、柔らかく料理され実に美味かった〜、ビールをお替りしながら蜂刺されの影響か遅れ気味の助さんを待つ。なんだかんだで20分ほど長居「ごちそうさまでした〜」元気百倍(始めだけ・・・)

イメージ 19
この辛子味噌(手製)を塗ったご飯が実においしく、更にデザートの
イメージ 20
これも手製のリンゴジャム/パン、
90km:10:48:10(10:35:09)12時間そこそこでゴールできるかも?でもゆるりと参ろう。
終盤は50m歩き50m走る、の繰り返し、これは楽チン!頑張って走り続けている人とあまり変わらない・・・
遅れ気味だった助さんもこの作戦で復活! これで「3人一緒にゴールしましょう」
イメージ 21
沿道で色んな音楽を流し、コーラも提供していただきました。感謝!下りでの「巨人の星」は耳に残っていますよ。
イメージ 22
夕暮れの街を行く三人、ありがたく拝借しました。
イメージ 23
名物の大太鼓に迎えられて、感動のゴール!
12時間11分でした。良かった〜、実に楽しい、中身の濃い一日でした。
助さん、格さん、悪代官さん、応援してくれた仲間たち、沿道の皆さん、何より運営にあたったスタッフ、ボランティアの皆さんに感謝します。秋田はいいなあ〜
イメージ 24
去年助さんに預けた印籠を無事返還して貰いました。
さあ、あとは後夜祭だ。

忘れてました。クイズの答=カササギ、の様です。

秋田県立糜粥館で藤田嗣治の特別展を存分に鑑賞し男鹿の不動尊を回った女房も合流。
イメージ 25
メニューはおでん、ほうとう汁、おそば、まずはコレだな〜、その後は日本酒〜
イメージ 26
恒例の鏡割り〜
開場で見つけた同じ群馬の鏡氏を主催者に紹介し、舞台で三線を披露して貰う。
イメージ 27
彼はどこの大会でもこれを持参するのです。
これで昨年のウルトラのリベンジは3勝1敗になりました。
秋田は10回完走で「クリスタルランナー」の称号が貰えますが、最短でも73歳。無理だろうなあ・・・

この日は鷹巣駅(内陸線)鷹ノ巣駅(JR)駅前のホテルに泊り、翌日は秋田経由で帰る。
今回の密かな目的地、元滝へ向かう。
イメージ 28
うっすらと鳥海山が見える
イメージ 29
手前の小さな滝、上流に川はなく、溶岩の隙間からの湧水です。
イメージ 30
最も大きな滝、これは高速シャッター(1/2000)で
イメージ 31
低速シャッター(1/20)だとこうなります。
イメージ 32
斜めから
イメージ 33
まさに湧水地
イメージ 34
印象的な・・・・・・










全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事