リタイアでやりたい事

早期退職で遊ぼう、最近はマラソン中心・・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

まずニュース!このヤフーブログが12月で終了するらしく、5月から順次切り替えが始まるらしい。準備しないと・・・

年に20回ほどフルマラソン:ウルトラマラソンに出ているがいつも水戸黄門。
タイム狙いは年に一回、以前は川内優輝選手も毎回出る12月の「防府読売」だった。
2014年5月の大怪我以降一流選手の集まる防府は諦めたが、公認でタイムの出やすいのを探した。
3月第二週は地元高崎の「はるな梅マラソン」に出ていたが、同日の「古河はなもも」に4年前から参加しだした。平坦コースでタイムが出やすいとの評判だったので。
事実2016年の初参加の大会が最後のサブ3.5だった、

古河市は茨城県だが埼玉に近く、容易に日帰りできる、高崎からだと大宮乗り換え宇都宮線で行けばいい。
イメージ 1
数日前の天気予想では雨だったが天気の推移が遅くなり日中は持ちそう。
イメージ 2
古河駅から10分ほど歩くが送迎バスが頻繁に出ておりストレスはない。
駅からの歩行、バス移動、会場での移動を含め古河駅着から約1時間。
ナンバーカード、計測チップは事前送付されるが、参加証も送って貰うとありがたい。(そのような大会も最近は多い)。

貴重品預かりはなくコインロッカー400円を使えとの事、小銭は300円しかなかった(後で考えたら両替機があったのだが)写真を撮るつもりはないのでスマホは置いて身軽に走りたかったが仕方なくポーチに入れた。
イメージ 3
ザックは競技場のスタンドに置いた。ここにゴールするのは気持ち良い。
イメージ 4
スタート直前、私はHグループ(全部でTまで)前から1/3位かな?
晴天なのでTシャツ+短パンで。「高温による脱水に注意、アームスリーブ不要」と盛んにアナウンスしていたが、ウルトラの経験から本当に暑い時はアームスリーブを濡らすのが有効と知っていたので敢えてつけたまま。帽子はないので愛用の手ぬぐいで頭を覆う。

ヤフー天気予報の1時間毎では昼頃から曇るようだ。事実
イメージ 5
12時過ぎから陽は陰ってきた。2時間そこそこの速いランナーは別にして一般ランナーには助かった。風も弱く、ある意味最高のコンディションだったかも。

今シーズンの勝負レースと意識していたので色々準備した。
1.できるだけ走り込んでおく→12月から300km/月ペースを維持
2.減量→1ケ月で2kg減らした。
3.直前の節酒→4日前から缶ビ1本のみ、前夜は禁酒(本当は1週間前が理想)

2.3はリンクしている。普段缶ビール1本+大瓶2本+焼酎だが、20日前から大瓶を抜いた。1本279kcalなので279*2*20=11160kcal÷7000=1.6kg
だらだら飲みをやめれば「つまみ」も減るので2kg減は想定通り。これでフルで6分は縮まるはず。
4.ソールがへたった靴を止め買い換えた。走った感じではkm5秒くらい速く?
計算上3分位稼げるか?

昔の習慣でできなかったのは1週前の長距離走り込み位、あとスピード練習もやらなかったが、現状でのベストを目指そう。
1月の勝田のタイムが3時間50分19秒なので上記目論見からマイナス9分なら
3時間41分の計算だがここまでは望まない。まずは50分切り、せめて45分を目標としよう。必要なラップは5分20秒/km。

10時スタート。遅れは2分ちょっと。
最初の折り返し5km付近までは混雑しており5分30秒位でしか走れない、体も重い。これは直前のカーボローディングで2kg増えたからだ。大半水分なので走っている内に減るだろうと焦らない。後でランナーズアップデートを見たらやはり27分33秒(5分31秒/km)。
だんだんバラけてきて走りやすくなり、ペースも上がってきた。
次の5kmは26分02秒(5分12秒/km)想定より速いが無理に調整せず気持ちよく走る。給水は少量、数多くとった。
沿道の声援は多い。今回は仮装はしていないのに「黄門さ〜ん」の声もかかる(笑)
このコースは折り返しが多く、顔見知りとエール交換できるのがいい。

中間点1時間53分(ネット1時間51分)後半1分ダウンならネット3時間43分で走れる。まずまずだ。

後半予想通り日も陰り楽になる。こんな好条件では頑張らないと。
30kmを2時間40分で通過できれば残りを5分30秒として67分、計3時間47分と頭で計算する。結果は2時間39分(グロス)。時計はここまでは経過時間にセットしていたが、ペースを意識するようここからラップ表示に切り替え、5分30秒以内を保つ。終盤も同じペースを維持するとどんどん追い抜けるので気持ち良い。
35〜40kmがきつい所だ。良く「あんな苦しい練習をしたのだから頑張ろう、頑張れる」と言うが、私の場合「酒を我慢して辛い思いをしたのだから」と頑張る(笑)

最後はグロスで45分切れそうなのでペースを維持する。結果的に
イメージ 6
3時間44分台でゴールできた。ネットは3時間41分50秒、11年前の初マラソンのタイム、3時間41分23秒には僅か届かなかったが現状では大満足、99点だな。
何よりうれしかったのは前半1時間51分21秒(ネット)〜後半1時間50分29秒とネガティブスプリットを達成できた事。まだ脚は余裕あった(事実翌日も走れた)。
因みに初マラの時のペースは
前半1時間51分50秒〜後半1時間49分33秒、最後の2.195km10分33秒。
40km以降の差だった。
イメージ 7
さあ、ビールだ、酒だ!
「ご褒美に鰻はいかがですか?」につられて。
イメージ 8
ビールと焼酎お湯割りも確保。鰻が冷めていたのがイマイチだったが・・・

イメージ 9
後続ランナーを見下ろしながらバス乗り場に向かう。
古河駅で列車を待っていると表示板に
イメージ 10
こんな文字が。町を挙げて歓迎している様子が嬉しい。
車内飲みは我慢して、高崎駅前の中華屋で生ビとハイボール、更に帰宅して日本酒4合瓶を空けてしまった。まあいいでしょう。

更に走り込み、スピード練習や坂道練習をすれば40分切りも夢じゃないかな?











開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事