全体表示

[ リスト ]

焼津青少年の家の件

 静岡県立焼津青少年の家に電話してみました。

 このNPOがお役に立てることが無いかということで伺いたいという電話をしたのですが
 6〜7月は大変忙しいという事で、体よく断られてしまいました。
 11月にあるフェスティバルに参加する事は可能という事ですが(町の人が何組か演奏)、
 長期欠席などの子供達を対象にしたキャンプなどで、ギターを使えないかという事に関しては
 はっきり断られてしまいました。(カウンセラーの専門技術を持った人たちが楽器も
 持って来るそうです。)
 
 「活動はほとんど屋外のもので、ギターも青少年の家に有るけれど使いません。」とのこと。

 音楽で、心を豊かにするという活動はなかなか分かってもらえないようです。
 
 でも、分かってもらえないからこそ、この活動を広めなくっちゃね。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

よくわからないのですが、青少年の家は、ただの施設で 外部の人たちが、利用するためにあるのでは? 例えば、全国障害者大会に、出席したこともあります。 また、我が子が、宿泊訓練で 利用したことも・・・・ だから、施設自体は、 そこで、何かを 企画して、やっていくだけの力は、持っていないのかも?

2006/6/2(金) 午後 11:20 [ ]

顔アイコン

年間を通して主催事業を結構行っているようです。生涯学習事業としては パソコン講習会も行っています。むか〜〜し(?)、ギターの講座も行っていました。吟遊婦人さんが講師で行っていました。ギターは有るのです!!!

2006/6/6(火) 午前 9:04 [ マシ ]

顔アイコン

そうなのですか! では、ぜひとも、開拓しなくては! 硬い土地も、何回も掘り起こしていって、 肥料をやれば、作物は 育つのでは? あとは、熱意で、後押し ヨイショ!!

2006/6/8(木) 午前 0:33 [ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事